ロナウドと180度違った…ベッカムが見せたワールドクラスのファンサービス
スポータルコリア




※一部要約

さすがデイビッド・ベッカムはスーパースターだった。
7月に国内サッカーファンの公憤を買ったクリスティアーノ・ロナウドとはあまりに違った。

ベッカムが久しぶりに韓国を訪れた。
彼はハングルの日である9日、永登浦のタイムズスクエアでアディダス創立70周年を記念するランニングシューズの発売イベントに参加した。
この日、ベッカムはハングルの日を迎えて"ペク・カラム"というハングル名も授かった。

2002韓日ワールドカップを前にイングランド代表のメンバーとして韓国を訪れたベッカムは、その後親善試合や個人イベントの出席などで何度も韓国を訪れた。
韓国に来るたびに彼は様々なイベントに参加し、完璧なファンサービスを見せた。

この日も同じだった。
彼は多くのファンの前で、一貫して明るく笑みを浮かべた。
ファンサイン会のときは予定にもなかった自撮りタイムも設けて、突然の写真要請にもベッカムを笑みを浮かべた。





スポンサーリンク
楽天





一緒にイベントを行うことにしていたガールグループのブラックピンクがイベント場所に20分ほど遅れて到着し、イベントが遅れた。
それによってベッカムは控室で待機した。
イベントも1時間ほど遅れた。
だがベッカムは嫌がる素振りを一つも見せなかった。
むしろイベントを楽しんだ。
スーパースターとしてファンを大切にする姿をしっかり見せてくれた。





彼はこのイベントを終えてから、すぐに席を移してサッカー奨学生と会った。
奨学金授与式でベッカムは、自分がモデルとして活動するサッカーシューズにサインをしてプレゼントした。
タイトな日程だったがベッカムはすべての日程が終わるときまで、嫌がる素振りをまったく見せずにイベントを消化した。
ある関係者は「ジェントルにイベントに臨んでくれて本当にありがたかった」と語った。





今年、国内には多くのサッカースターが訪れた。
その中には現在世界最高の選手に挙げられるロナウドもいた。
ロナウドは親善試合に出ることになっていたが、タイトな日程によるコンディション低下などを理由に欠場した。
自分を見るために集まった65000人余りのファンに、最低限のファンサービスもなくベンチに座って帰っただけだった。

ロナウドはスターとして見せられる傲慢な行動をそのまま見せた。
そしベッカムが見せた完璧なファンサービスと克明な対照を成した。




ブラックピンクの遅刻論難、謝罪はしなくてもインスタはしなきゃ
スポーツ東亜




※一部要約

ガールグループのブラックピンクが遅刻で論難の主人公になった。
謝罪も釈明もない状況で、しっかりとSNSを続けて論難が加重されている格好である。


191010150409716a.jpg


9日、世界的なサッカースターのデイビッド・ベッカムと有名スポーツブランドのイベントに参加したブラックピンク。
彼女らはこの日の午前11時55分からベッカムと日程を行う予定だったが、約束された時間にイベントを開くことができなかった。
ブラックピンクがイベント会場に到着しなかったためである。
先にファンと会っていたデイビッド・ベッカムはファンとともに写真を撮ってサインをするなど、素晴らしいファンサービスを見せていたが、待機が続くと控室に向かった。


191010150409716b.jpg


ブラックピンクは午後12時15分にイベント会場に到着したことがわかった。
現場にいた関係者は「ブラックピンクが20分ほど遅刻したのは正しい。それでイベントが遅れた」と説明した。
遅れたイベントにファンは疲れ、一部の取材陣がボイコットする状況まで起きたが、ブラックピンク側はこれといった立場の発表も謝罪もなかった。


191010150409716c.jpg


謝罪はしなくてもSNSはしなければならなかったのだろうか。
ブラックピンクのロゼとジェニーはそれぞれのインスタグラムで、有名コメディアンのジェームズ・コーデンが自分たちとベッカムの出会いに言及した内容の映像を上げて親密さを誇示した。
ジェニーは一歩進んで、10日午後に自撮りを上げたりもした。
「偶然訪れたカフェ」という文章とともに、ゆとりのある日常を込めた自分の写真を掲載した。
遅刻論難は何の関係もないじゃないかというように。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...