"ベント号のゴール狩人"ファン・ウィジョは勝ち点3の考えを優先 [GOAL LIVE]
ゴールドットコム




※一部要約

ファン・ウィジョはベント号の発足後に最も多くの得点を担ってきたFWだ。
18試合で出た26ゴールのうち、9ゴールを彼が決めた。
世界的な選手になった主将ソン・フンミンも、代表内の立場ではファン・ウィジョより優位だと自信を持つことができないほどである。

ゴール狩人のファン・ウィジョは得点への意欲を隠さないが、それよりもさらに強調するのが勝利だ。
ワールドカップ2次予選だが、毎試合勝ち点3を目標にしなければならないというのを先に語った。
自分の得点はそのための一つのツールでしかないという話をした。

10日にスリランカ戦、15日に北韓戦を行う2022FIFAカタールワールドカップアジア地区2次予選のために代表に合流したファン・ウィジョは招集2日目の8日、取材陣とのインタビューで「FWがゴールを早く決めれば、私たちのチームは楽に安定的な試合をすることができる」として、「チャンスが来たときできるだけゴールを決めたい」と語った。

今シーズンに初めてヨーロッパで選手生活をしているファン・ウィジョは、様々な経験を積んで発展している。
ボルドーは最近になり、戦術的理由でファン・ウィジョをサイドアタッカーとして活用中だ。

ベント監督もファン・ウィジョのそのような経験が選手としての発展を導くと語った。
だが代表では中央でプレーしなければならないと釘を差したことがある。
ファン・ウィジョも「自信のある席だ。すぐに適応できる」とベント監督の信頼に応えた。


スポンサーリンク
楽天





ファン・ウィジョ「フンミン-ウィジョ-ヒチャンが亜最強の組み合わせ?そうですか。はは」
スポーツ韓国




※一部要約

代表に招集されたファン・ウィジョは所属チームのボルドーで6日、トゥールーズとの遠征試合で素晴らしい無回転中距離砲によるシーズン2号ゴールを申告して韓国に来た。

ファン・ウィジョは「これまで2ゴール目が遅れて残念だったが、ゴールを決めて来ることになって気分が良い」として、「Aマッチもしっかり準備して勝つ」という覚悟を明かした。

FWの役割について強調したファン・ウィジョは「毎試合ゴールを決められなくても、チャンスがあればゴールを決めなければならない。FWが早くゴールを決めれば、チームが楽にすることができる」として、「ヨーロッパ進出後はサイドでかなりプレーしているが、ストライカーのポジションだけでなく、様々なポジションを学んでチームの助けになる役割をしようとしている」と語ったりもした。

最近ファン・ヒチャンがリバプールを相手にゴールも決め、11試合10ゴール7アシストとものすごい活躍をしていることについては「ファン・ヒチャンの試合を私も見た。最近はコンディションがすごく良くて、自信も優れていた。私もやはりファン・ヒチャンの長所をよく知っているので、たくさん対話をして合わせる」として、「もともと上手な選手で、持っているものも多かった。私もやはりヒチャンの活躍を喜んで見た」と語った。

スリランカと北韓は下がって守備的にするものとみられる。
それについては「相手は当然下がるだろう。大変だがチャンスがあるだろう。そのチャンスを活かせば良い試合ができる。北韓戦も特殊性はあるが、ワールドカップへ行く試合のうちの一つで、勝ち点3を取って帰るのが重要だ」とした。

最近すごくコンディションが良いソン・フンミン-ファン・ウィジョ-ファン・ヒチャンの攻撃の組み合わせは、アジア最強の組み合わせじゃないのかと尋ねると、「そうですか」と笑ったファン・ウィジョは「2人とも上手だし、一つのチームになって試合を上手くすることが必要」とした。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...