ファン・ウィジョ2号ゴール申告…41日ぶりに得点砲
デイリアン




※一部要約

ベント号不動の1トップであるファン・ウィジョが久しぶりに得点砲を稼働させた。

ファン・ウィジョは6日、フランスのトゥールーズ・スタジアムで行われたトゥールーズとの"2019-20フランスリーグアン"正規リーグ9ラウンドの遠征試合で得点を記録した。

左サイドのアタッカーとして先発出場したファン・ウィジョは、2-0でリードしていた後半8分に幻想的なミドルシュートで楔のゴールを炸裂させ、チームの3-1勝利を牽引した。

8月25日のディジョン戦でフランス舞台のデビューゴールを炸裂させたファン・ウィジョは、41日にぶりにリーグ2号ゴールを記録することになった。

ボルドーはこの日の勝利でシーズン4勝3分け2敗(勝ち点15)を記録し、4位に上がって来シーズンのCL進出への希望を抱くことになった。

一方、この日の試合を最後にファン・ウィジョは、パウロ・ベント監督が率いる韓国サッカー代表に合流、2022カタールワールドカップアジア地区2次予選のスリランカ、北韓との試合に出る予定だ。


スポンサーリンク
楽天





[現場リアクション] ファン・ウィジョ「北韓戦、ワールドカップの関門の一つ…スリランカ戦も重要」
インターフットボール




※一部要約

今回のAマッチ期間にベント号は2022カタールワールドカップ2次予選の2試合をおこなう。
トルクメニスタン戦の勝利に続いて3連勝を狙うベント号だ。

どうしても滅多に見られない北韓遠征への関心が大きい。
1990年以降、29年ぶりに平壌遠征が実現するためである。
特殊な政治的関係と、8万人がぎっしりと埋まる金日成競技場など、様々なイシューが試合前から関心の対象となった。





ベント監督は「外国人だが(平壌遠征が)国民にとってどういう意味なのかを理解しようと努めている」として、特殊な南北関係について共感しようと努力している点を強調した。
その一方で「北韓戦の前に1試合ある。その試合を上手くしようとするのがまずは重要だ。スリランカ戦に集中して準備しようとしている」として、「できるだけ試合だけに集中して勝点を取ることが重要だと考える」と北韓との試合を行う点そのものよりは、試合で結果を出すことに傍点をつけた。

トゥールーズ戦を行った後、ファン・ウィジョも同じような反応を見せた。
ファン・ウィジョは「北韓遠征も重要だが、スリランカ戦から良い競技力と結果を出すことが重要だ」として、スリランカ戦からボタンを上手くはめなければならないという考えを明かした。





続けて「スリランカ戦の後に北韓へ渡って勝点を取らなければならない状況なので、2試合とも簡単ではないだろう。私だけでなく選手みんなが準備を上手くやって、今回も勝利できれば良いだろう」と付け加え、できるだけ良い結果を出すことが重要だと語った。

ファン・ウィジョは「(北韓戦は)もちろん特殊性のある試合だが、私たちがワールドカップへ進む道中の一つだと思う。大変だが勝ち点3を取ることが重要だと思うので、しっかり準備する」という言葉でインタビューを終えた。


【関連記事】
29年前に平壌遠征をした元韓国代表GKチェ・インヨンの記憶や所感、後輩へのアドバイス



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...