元山東監督の主張、「中、体質的にサッカーを上手くするのは難しい」
ベストイレブン




※一部要約

過去に中国スーパーリーグ(CSL)のクラブを指揮したロシアサッカー界の元老ボリス・イグナチェフ監督が、中国サッカーの限界を指摘した。

ロシア・モスクワのメディア<モスコフスキー・コムソモーレツ>によると、イグナチェフ監督は過去に中国で活動した記憶を振り返り、中国サッカーの短所を指摘した。

イグナチェフ監督は「中国は体質的にサッカーを上手くするのは難しい」として、「身体状態や神経・筋肉やその他のデータなどが、中国人はサッカーが上手くないというのを示している。彼らは個人種目では王だが、サッカーやバスケのようなスポーツでは別問題」と主張した。

中国は他スポーツに比べて、不思議なほどサッカーで苦戦しているのが現実だ。
軽視しているのではなく、他のどの国よりも投資を続けたが、数年間停滞状態である。
チームプレー能力の欠如、精神力の不足など、様々な要素がこれまで敗因と分析されてきたg、イグナチェフ監督は中国が最初からサッカーを上手くしにくい体質を持っていると発言したのだ。

にもかかわらずサッカーを諦められない中国は最近、中国サッカー協会(CFA)の決断を皮切りに、帰化人を代表に招き始めた。
外国人を混ぜてもサッカーの発展を成し遂げるという固い意志である。
中国人の特性上、サッカーが簡単ではないというイグナチェフ監督の理論が事実なら、CFAは最も現実的な対策を用意したとも見ることができそうだ。


スポンサーリンク
楽天





ベント号にCSL経験者5人…中サッカーファン、「韓CB、中国が育てた」
OSEN




※一部要約

新たに発表された韓国サッカー代表のリストに触した中国が、現地で根拠のない自負心を持っている。

ベント韓国サッカー代表監督は30日午前、サッカー会館で10月に行われる2022FIFAカタールワールドカップアジア地区2次予選に出る25人の招集リストを発表した。

29年ぶりに実現する北韓遠征に出る代表に、大きな変化はなかった。
イ・ジェイクがサプライズ抜擢されたのを除けば、既存の主軸選手がすべて含まれた。
キャプテンのソン・フンミンをはじめとしてファン・ウィジョ、イ・ジェソン、イ・ガンイン、ファン・ヒチャン、ペク・スンホ、キム・シヌクらが再乗船した。

そこに最後方の守備にキム・ミンジェ、パク・ジス、クォン・ギョンウォン、キム・ヨングォンが代表リストに名前を上げた。
ベント監督就任後、着実に信任を受けている選手である。





この報せに接した中国現地のメディアとファンは、中国スーパーリーグ(CSL)の選手がベント号のリストに入ったことに注目している。
今回の招集リストには中国の舞台の経験がある選手が5人いる。

中国メディア"新浪スポーツ"は「CSLが韓国サッカーに貢献した。上海のキム・シヌク、北京のキム・ミンジェ、広州のパク・ジスがいる」と強調した。
続けてある中国サッカーファンは「韓国の後方DFはすべてCSLが育てた選手」というメッセージを残した。

現在中国で活躍中のキム・シヌク、キム・ミンジェ、パク・ジスだけでなく、クォン・ギョンウォンとキム・ヨングォンも豊富なCSL経験を持っている。
クォン・ギョンウォンは2017年から今シーズン中盤まで天津天海(前・天津権健)に身を置いていた。
キム・ヨングォンは2012年から広州恒大で活躍し、中国経験が最も豊富な戦選手である。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:中メディア「キム・シヌクの韓国代表復帰、アジア最高No.1の中国リーグのおかげ」
金銭補償でブラジル2軍になった中国代表…エウケソン「もっと多くのブラジル人が帰化すれば中国もW杯に行く」
韓国ネチズン反応:ソン・フンミン平壌に行く…10月Aマッチの韓国代表が発表、ナム・テヒ復帰-イ・ジェイク初抜擢



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...