「メッシばりのプレー」ウーデゴール、忘れられた天才の復活
スポータルコリア




※一部要約

かつて特急有望株だったマルティン・ウーデゴールが再び天才的才能に目覚めている。

スペインメディアがウーデゴールの活躍を絶賛している。
ウーデゴールは27日に行われたデポルティーボ・アラベスとの2019/2020スペイン・プリメーラリーガ6ラウンドで、決勝ゴールをアシストしてソシエダの3-0の完勝を導いた。

今回だけではない。
ウーデゴールは今シーズンのラ・リーガ6試合で2ゴール1アシストを上げ、順調に適応している。
元の所属チームはレアル・マドリードだが、ラ・リーガで走るのは今シーズンが初めてである。

ウーデゴールは4年前、イ・スンウとともに1998年生まれの3大有望株として取り上げられた天才だ。
10代の年齢でレアル・マドリードと契約して大きく注目されたが、デビューは容易ではなかった。
結局ヘーレンフェーンやフィテッセなどにレンタルされ、忘れられた天才と呼ばれた。

だが地道な出場でウーデゴールは成長した。
昨シーズンはフィテッセでキャリアハイの11ゴール12アシストを上げて、華やかに復活した。
レアル・マドリードも潜在力を認めて契約に延長し、ソシエダでレンタルで過ごして適応の機会を与えた。

ウーデゴールは少しずつ全世界が期待した才能を爆発させている。
アスは「ウーデゴールの繊細なサッカーに感嘆するとき」と期待を隠さなかった。


スポンサーリンク
楽天





久保が張り合うクラスじゃない…"キラーパス10本"ウーデゴール「レアルの未来」絶賛
スポータルコリア




※一部要約

ウーデゴールの活躍はレアルにとって喜ばしいニュースだったが、久保建英に期待をかける日本にとっては煩わしい存在だ。
日本メディアでは毎日のようにウーデゴールのニュースを伝えている。
これから両選手がレアルで競争すると勘違いしている。

日本"サッカーダイジェスト"は28日、「かつての神童ウーデゴールが覚醒した」と彼の活躍に光を当てた。
最近の競技力であらわれたように、当初から久保はウーデゴールと張り合うクラスではない。

ラ・リーガ公式SNSはウーデゴールの活躍像が入った映像を公開した。
これを見守ったファンは立て続けに賛辞を吐き出した。

ファンは「これはサッカーではなく魔法」、「まさか!とてつもない選手だ」、「グティの後継者」、「レアルの未来だ」など好評が相次いだ。




「イ・ガンイン、ヨーロッパ最高の有望株TOP2…サンチョより上」AS絶賛
スターニュース




※一部要約

スペイン・プリメーラリーガの初先発試合でデビューゴールを作り出したイ・ガンインの株価がずっと上がっている。
スペインメディアではあるが、ヨーロッパ最高の有望株という賛辞が聞かれた。
ジェイドン・サンチョよりも上という好評が出た。

スペインメディアのアスは28日、公式SNSで「ヨーロッパ青少年トーナメントの偉大な決勝戦がここにある。イ・ガンインとジョアン・フェリックスのうち、どちらがヨーロッパ最優秀選手なのか」という質問を公開した。

トーナメント形式で行われた評価で、イ・ガンインは16人の有望株の中から上位2番目という評価を受けた。
マテオ・ゲンドゥージ、久保建英、マタイス・デ・リフトら錚々たる有望株の中で堂々と2位を占めたわけである。
もちろんスペインメディアの評価なのでやや誇張された側面もあるが、ヨーロッパ最上級の有望株と肩を並べた調査結果だ。





特にイ・ガンインとヨーロッパ最上と評価されるフェリックスは、すでに天文学的な移籍金を記録した。
4月にUEFAヨーロッパリーグのフランクフルトとの準決勝1次戦でハットトリックまで達成し、大会の歴代最年少ハットトリック(満19歳152日)の保持者になり、今シーズンを前にスペインの舞台に入った。
移籍金は何と1億2600万ユーロ(約1661億ウォン)に達し、契約期間は7年だ。
超大型契約を結んだ有望株である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...