"ファン・ウィジョフルタイム"ボルドー、"ネイマール決勝ゴール"PSGに敗れる…6G無敗締め切り
エクスポーツニュース




※一部要約

"韓国の看板FW"ファン・ウィジョがフルタイムをプレーしたなか、ボルドーはネイマールに決勝ゴールを許して敗れた。

ファン・ウィジョは29日午前、ヌーヴォ・スタッド・ド・ボルドーで行われたパリ・サンジェルマン(PSG)との2019/20シーズン・フランス・リーグ1・8ラウンドのホーム試合でフルタイムを消化した。

ファン・ウィジョは26日に正規リーグ7ラウンドのアミアン戦でシーズン初の欠場をして、休息を与えられた。
そしてこの日、フランス"最強"PSGを相手に右サイドのFWとして先発出撃した。

彼は前半序盤から快調なコンディションを見せた。
前半14分には相手守備を個人技で突破したりもした。

ファン・ウィジョは後半30分にボルドーで初めて枠内シュートを飛ばしたが、好セーブに阻まれた。
後半44分にはペナルティボックス左側でセカンドボールを打ったが、ゴールに嫌われた。

最近6試合連続無敗を走っていたボルドーは、この日に敗れて3勝3分け2敗でリーグ6位に落ちた。
一方、PSGは6勝2敗で首位に上がった。


スポンサーリンク
楽天





[現場リアクション] ファン・ウィジョ、「PSGはレベルの高いチームだった、準備をかなりしたが惜しい」
インターフットボール




※一部要約

試合後に会ったファン・ウィジョは惜しさを打ち明けた。
ファン・ウィジョは「良いチームを相手にできるだけ良い試合を繰り広げようと選手が努力した。本当にチーム的に上手くやるチームだった」として、「失点して負けたのは惜しいが、それでも次の試合が残っているし、パリでの試合が最後ではないので、次の試合をしっかり準備して勝点を積むことが重要だと思う」と語った。

ファン・ウィジョは果敢にシュートを試みてボルドーの攻撃を導いた。
ファン・ウィジョは「チャンスがあればシュートに持っていこうという考えがかなりあった。前半はそういうチャンスがあまりなかったが、後半は自分が作ろうとしたし、チャンスがあればシュートしようとした」として、「もう少し冷静だったら良いチャンスになっていただろう」と残念がった。




「ファン・ウィジョ善戦祈願」リーグ1の試合にハングル広告登場で"注目"
マイデイリー




※一部要約

28日夜12時30分から行われた2019-20フランス・リーグ1・8ラウンドのボルドーとPSGの試合は、SBSスポーツを通じて国内で生中継された。
この日の試合では、競技場内側にある広告看板に馴染みの韓国語の広告が流れて耳目を集めた。

韓国語の広告看板には「10月6日のボルドーvsトゥールーズの試合、"ピッ(※光)ウィジョ"の活躍をSBS Sportsで確認してください!」と、ファン・ウィジョの所属チームの韓国中継日程が告知されていた。
「SBS Sportsはボルドーとファン・ウィジョ選手の善戦を祈願します!」という応援文句も付け加えていて、喜ばしさを足した。

韓国語の広告看板のサプライズ登場は、ファン・ウィジョの所属チームのボルドーから韓国内での共同マーケティングの次元で、国内中継放送社であるSBSスポーツに広告スペースを一部提供して実現したことがわかった。
SBSスポーツは「クラブから良い趣旨で提供された広告看板を通じ、ファン・ウィジョへの応援メッセージを伝えたかった」と広告掲載の意味を説明した。

一方、この日の試合でファン・ウィジョは先発出場して活発な動きを見せたが、攻撃ポイントを記録できなかった。


【関連記事】
険難な適応期のファン・ウィジョ「太極旗の応援に感謝する、発展した姿をお見せする」
ボルドーの挑戦者ファン・ウィジョ、順調ではないが「今は与えられた席で最善を尽くすのが役割」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...