"ファン・ウィジョフルタイム"ボルドー、ブレストと2-2の引き分け
OSEN




※一部要約

ファン・ウィジョがフルタイムを消化したボルドーは、ホームで勝ち点1の獲得に終わった。

ボルドーは22日未明、フランス・ボルドーにあるヌーヴォ・スタッド・ド・ボルドーで行われたブレストとの2019-2020シーズンのフランス・リーグアン6ラウンドのホーム試合に2-2で引き分けた。




フルタイムプレーしたファン・ウィジョ、フィールドプレーヤーで最低評点
スポーツ京郷

190922110627835.jpg


※一部要約

15日のFCメス戦で今シーズン初のアシストを記録したファン・ウィジョは、2試合連続の記録達成に失敗した。
ファン・ウィジョはこれといったシュートを飛ばせなかった。
相手DFに当たるシュート1本がすべてだった。
ファン・ウィジョは試合後、統計専門のフースコアードドットコムから評点6.2を受けた。
5.9を記録したGKコスティルを除けば、フィールドプレーヤーの中ではDFヨヴァノヴィッチとともに最も低い点数である。


スポンサーリンク
楽天





"サイド配置"ファン・ウィジョ、険難なリーグアン適応期
デイリアン

190922174425747.jpg


※一部要約

この日、ボルドーのパウロ・ソウザ監督は3-4-3のフォーメーションを出した。
ファン・ウィジョは今回も中央ではなくサイドに布陣した。
これまでに最前方で2試合、右ウィングFWで3試合に出場したファン・ウィジョは、今回のブレスト戦で初めて左ウィングFWとして出場機会を与えられた。

Aマッチの後遺症で動きの重かった前のメス戦と比べ、この日のブレスト戦でのファン・ウィジョの動きは比較的軽快だった。

後半開始と同時にソウザ監督は、4-4-2のフォーメーションに切り替えた。
ファン・ウィジョは中央に移動してブリアンと2トップを形成した。
戦術の変化でボルドーは安定を見つけてボール支配率を高め、中央MFのヤシン・アドリが生き返って試合を主導し始めた。

だがファン・ウィジョが中央FWでプレーしたのはわずか20分に過ぎなかった。
ソウザ監督はベンラフを外してFWジョシュ・マジャを投じて、ファン・ウィジョを2列目の右ウィングに移動させた。

3トップのウィングFWではなく、4-4-2の右MFはファン・ウィジョには合わない服だった。
ゴールと距離が遠ざかり、シュートできるチャンスは自ずと少なくなるしかなかった。
それだけではない。
守備に加担する比重が増加した。
シュートセンスと速いシュートタイミング、守備の背後のスペース進入に優れたファン・ウィジョの長所を消す格好だった。


190922174425747a.jpg


ファン・ウィジョは守備陣営まで深々と下がって活動距離が長くなり、最終的に体力の劣勢をあらわした。
疲れた中でも守備の状況で2回タックルを試みるなど、豊富な運動量でチームに献身する姿は印象的だった。
この日のファン・ウィジョは90分間で攻撃ポイントがなく、シュート1本を記録したのがすべてだった。
それも2トップでプレーしていたときにシュートが出た。

ファン・ウィジョは今シーズン、6試合で1ゴール1アシストに留まっている。
リーグアンデビューゴールを炸裂させた3ラウンドのディジョン戦は中央FWで出場した。
もちろんソウザ監督はファン・ウィジョに全面的な信頼を見せている。
毎試合先発出場させて、ファン・ウィジョ活用法を見つけるのに苦心している様子がありありと見える。

一つ鼓舞的なのは、今回のブレスト戦で初めてフルタイムを消化したという点である。
先の5試合でファン・ウィジョはすべて後半に交代アウトとなっていた。




[現場リアクション] ファン・ウィジョ、「太極旗の応援に感謝する、発展した姿をお見せする」
インターフットボール

190922141244323.jpg


※一部要約

試合後に会ったファン・ウィジョは「先制ゴールを決めて、良い雰囲気の中で試合をした。ところが失点して相手にペースが渡って残念だった。だが後半には選手がやってやろうという気持ちが大きかったし、同点までいったので良かったと思う」と所感を伝えた。

ファン・ウィジョはこの試合を含め、リーグ6試合に出て1ゴール1アシストを記録中である。
ファン・ウィジョは同僚との呼吸について「徐々に良くなっている。練習を通じて発展している」として、「私だけでなく選手、チームのみんなが良くなっている。まだ時間はあると思っている。しっかり準備して、残りの試合で発展した姿をお見せする」と覚悟を固めた。

そして競技場に登場した太極旗については「競技場に太極旗が一つ二つ見える。この前の試合で多かったようだ。ありがたく思っている。ホームの試合ではまだゴールを決めてないので、今後決めたい」として、「体力的に苦労しないことはできないが、回復を上手にしようとしている。コーチングスタッフ、選手のみんなはちゃんと理解してくれるし、個人的にも管理している。シーズンは長いので、疲れないように上手く維持する」と付け加えた。


190922141244323a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...