[オフィシャル] "暴言-暴行論難"チェ・インチョル監督、女子代表を自主的に辞退
インターフットボール




※一部要約

チェ・インチョル監督が9日、KFA代表戦力強化委員会の選任小委員会で、女子サッカー代表の監督職を辞任するという意思を表明した。
KFA代表はチェ監督の意思を尊重して辞任を受諾することに決めた。

チェ監督は小委員会に伝えた謝罪文で「今回メディアで報じられたことに対する責任を痛感し、代表の監督職を降ろしたい。時間が経ったことなのでなかったことにしたり、正当化できないということをよくわかっているため、申し訳ない気持ち」として、「私の間違った言動で傷ついた選手に、この場を借りて深い謝罪をしたい。傷ついた心を癒やすには、私の謝罪は不十分かもしれない。だが深い反省をしているので、少しでも私の心の込もった謝罪が伝わってほしい」と被害を受けた選手に謝罪の気持ちを伝えた。
また、「最後にもう一度、私の過ちを心から謝罪し、成熟した姿勢を備えた指導者に生まれ変わる」と明かした。

キム・パンゴン委員長は「監督の選任過程が円滑にできない点を申し訳なく思う。監督の力量の点検に多くのエネルギーを注いだが不十分だった。今後の代表監督の資格について、検証を強化する方案を用意する予定」と語った。

キム・パンゴン委員長は10日午前10時にサッカー会館で、女子代表のチェ・インチョル監督辞任および今後の監督選任の手続きに関するブリーフィングを行う予定である。


スポンサーリンク
楽天





韓国女子サッカー代表、"女子サッカー界の名将"ペドロスと交渉
スポーツ京郷

190909032022118.jpg


※一部要約

フランスのレキップは8日、ペドロス監督のインタビューを引用して「大韓サッカー協会が女子代表の指令塔に関して、ペドロスと接触した」として、「女子代表の練習や運営など、監督職に関連すること」だったと報じた。

2017年から今夏までリヨン女子チームを率いたペドロス監督は、女子サッカー界の名将と呼ばれている。
ペドロス監督は去年、UEFAウーマンズチャンピオンズリーグで優勝し、FIFA選定の女子サッカー今年の監督賞を受賞して実力を認められた。


190909032022118a.jpg




[チェ・インチョル辞任] ペドロス有力?KFAは「知らない…最終4人にいない」
スポータルコリア

190909180822558.jpg


※一部要約

3日の就任記者会見の後、一日で提起された暴行および暴言の論難が問題となった。
チェ・インチョル監督が2011年に代表を引き受けた当時、暴言と暴行を受けたという選手の証言が出てきた。
WKリーグの現代製鉄ではもちろん、学院サッカーの指導者時代にも未成年選手を相手に暴行を行ったという疑惑まで提起された。

結局、チェ・インチョル監督はベンチにも座れずに席から退いた。
韓国サッカー史上初めての事態が発生した。

チェ・インチョル監督の辞任とともに、レイナール・ペドロス元オリンピック・リヨン女子チーム監督が有力な新司令塔候補に取り上げられた。
フランス"レキップ"は9日、ペドロス監督の発言を引用して「ペドロス監督は女子代表監督に関して大韓サッカー協会と会った」と報じ、それによってペドロス監督が候補群の1人であると明らかになった。

だが協会は言葉を慎んでいるところだ。
協会の関係者は「ペドロス監督は監督選任委員会のポートフォリオにいる候補群の1人だった。だが優先交渉対象者に選任した4人には含まれなかった」として、「キム・パンゴン委員長がチェ・インチョル監督の論難以降、新たな候補と接触したのかはわからない」とペドロス監督有力説について答えた。


190909180822558a.jpg


【関連記事】
韓国メディア:韓国サッカー界で相次ぐ警察の捜査…腐肉をえぐり出す覚悟はあるのか
韓国メディア:先月選任したばかりの韓国女子サッカー代表監督に暴行疑惑…連日出てくる雑音



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...