「中国はブラジル2軍、帰化選手を金で補償」ブラジル関心
スポータルコリア




※一部要約

「中国はワールドカップ進出のため、ブラジルBチームになることを選んだ」

31日、ブラジルの"UOLエスポルチ"がブラジル選手の中国帰化の流れを大きく扱った。
このメディアは「中国は2002韓日ワールドカップ以降、20年ぶりにカタールワールドカップ進出を願っている。地球上で最も人口の多い中国のプロジェクトは、ブラジル2軍に変化すること」と語った。

最近、中国サッカー協会は戦力強化のためにエウケソンの帰化を受け入れた。

中国がエウケソンに期待するのは得点力だ。
2013年から中国スーパーリーグでプレーするエウケソンは、通算235試合136ゴールを決めた特級FWである。
実力を証明したエウケソンをマルチェロ・リッピ監督が望み、帰化が実現した。

今後中国はブラジル選手4人の帰化手続きを踏む予定である。
アランやアロイージオ、フェルナンジーニョ、リカルド・グラールら中国の舞台でプレーするブラジル選手が帰化を待っている。
中国の選択は恐ろしい。
ワールドカップのためにすべての方法を動員する体制だ。

それについてブラジルメディアは「帰化対象者4人はそのテーマについて話すことが禁止されている。だがアジアサッカーの関係者によると、彼らはブラジル国籍を放棄する代わりに、金銭的な補償を受けることになる」として、金でブラジル選手を呼び集める中国の行動を説明した。


スポンサーリンク
楽天





中エウケソン、「もっと多くのブラジリアンが帰化すれば中国もWCに行く」
ベストイレブン




※一部要約

最近中国代表への帰化を終えたブラジル出身のエウケソンは、大陸の期待を一身に受ける特級FWだ。
技量が卓越しているのはもちろん、長期間中国スーパーリーグ(CSL)で活躍しているため、中国への理解度も他のどの外国人より高い。

中国サッカー協会(CFA)はエウケソンの円滑な中国代表定着のため、様々な配慮を惜しまずにいる。
先日は個人通訳まで付けて、エウケソンの言葉を即座に翻訳して、彼が中国語を学べるように助けている。

帰化してから行った様々なインタビューで何度も言及したように、エウケソンの目標は中国の2022FIFAカタールワールドカップ本戦進出である。
中国にとって常に高い壁だったアジア地区予選を突破しなければならないということだが、エウケソンは自分の力でそのミッションを達成しようとしている。

ただし、エウケソンは現実的な望みを少し見せたりもした。
中国が確実にワールドカップ本戦に行くなら、もっと多くの帰化人が必要だという意見だった。
中国メディア<ゴールチャイナ>は<ロイター>のニュースを引用し、エウケソンの胸中を伝えた。

エウケソンは「私以外にも帰化過程にいる何人かの他のブラジル選手がいる。私と他の人たちが中国代表の攻撃陣に加わることができれば、さらに脅威になるだろう」として、「もっと多くのブラジリアンが中国国籍を取得すれば、そのときに中国は2002年のワールドカップから再びワールドカップに参加できるチャンスを掴むことになるだろう」として、中国が帰化人を重用するほど成功の確率が高くなると自信を持った。

マルチェロ・リッピ中国代表監督とCFAは、長期的観点の成長も重要だが当面の結果も逃せないと判断して、このような急進的帰化政策を推進している。
おそらくエウケソンの望み通り、もっと多くのブラジリアンが中国代表に追加される可能性も十分に見える。

果たして中国が中国-ブラジル連合軍を率いて、ワールドカップ本戦にたどり着けるのか注目されている。
一部からは中国がいくら帰化選手で武装しても予選突破は難しいという声も少なからず聞こえている。


【関連記事】
韓国メディア:「韓国サッカーの帰化事例と挑戦史」「アジアでは帰化の風が激しく吹いている」
韓国ネチズン反応:エウケソンの他にもブラジル人が次々と帰化申請の中国…「ブラジル2軍じゃないのか」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...