レンタルされた有望株、飲酒運転で物議、今後の去就は?
スポーツ朝鮮




※一部要約

年代別代表にまでなった有望株が飲酒運転で物議を醸した。

最近AクラブにレンタルされたB選手が、Aクラブに飲酒運転摘発の事実を伝えてきた。
プロサッカー連盟はAクラブを通じてそのような事実を受けた。
B選手の元所属チームのCクラブも認知していることがわかった。

B選手は今夏、Kリーグ1のCクラブから、Kリーグ2のAクラブにレンタルされた。
Cクラブはこれからチームの守備の未来を担う有望株と評価し、経験を積ませる次元でAクラブにレンタルで送った。
B選手は着実に試合に出ている間、最近江南で飲酒運転で摘発され、一歩遅れてAクラブにそのような事実を告白して世間に伝わった。

韓国プロサッカー連盟は去年、賞罰規定の改正で飲酒運転に関する懲戒の程度を強化した。
血中アルコール濃度の数値が免許停止に該当すれば8試合~15試合以下の出場停止、500万ウォン以上の制裁金の懲戒を受ける。
免許取り消しなら15試合~25試合以下の出場停止、800万ウォン以上の制裁金の懲戒が下される。

B選手の血中アルコール濃度の数値は免許停止の水準に該当することがわかった。
とりあえずB選手は飲酒運転の事実をクラブに伝えたため、加重処罰は避けるものとみられる。
Aクラブは会議でB選手を元所属クラブに送り返す方向に決めた。
Aクラブは26日の選手運営委員会の手続きでそのような事実を最終的に決める予定だ。

連盟もやはり賞罰委員会でB選手への懲戒を決める見通しである。
だが最近の雰囲気を考慮し、重い懲戒が予想される。
去年だけで4人(キム・ウンソン、パク・ジュンテ、ハン・ソクミン、イ・サンホ)が飲酒運転で懲戒を受けた。
パク・ジュンテとイ・サンホは飲酒運転の事実を隠蔽して15試合の出場停止と制裁金の懲戒を受けた。

キム・ウンソンは自主的に申告して連盟から15試合と制裁金800万ウォンの懲戒を受けた。
だが水原が契約を解除して無籍身分となり、最近になってセントラルコーストと1年契約を結んだ。
青天の霹靂を迎えたCクラブも、B選手重い懲戒を下す予定だ。
B選手は事実上、退出が有力な状況である。


スポンサーリンク
楽天





U-20代表出身ウ・チャンヤン、飲酒運転摘発…クラブに自主申告
スポータルコリア




※一部要約

サッカー界に詳しい関係者は23日、"スポータルコリア"に「ウ・チャンヤンが飲酒運転で摘発された。現在レンタル身分の彼が水原FCにその事実を報告し、元所属チームの浦項スティーラーズも状況を認知している」と伝えた。

ウ・チャンヤンは浦項ユースの浦項製鉄中、浦項製鉄高校を経た後、2016年にプロに直行した。
年代別代表にも着実に乗船してきた有望株である。
2017FIFA U-20ワールドカップの出場経験もある。
サイドとCBのどちらも消化できるマルチ資源だ。
185センチの長身にもかかわらず俊足と判断力を持っていて、今後の浦項の守備を導く逸材と評価されていた。

浦項は先月、ウ・チャンヤンの競技力を上げて経験を積ませるため、Kリーグ2の水原FCにレンタルで送った。
その後ウ・チャンヤンは素早く適応した。
現在7試合の出場記録を持っている。
だが一瞬のミスで選手生活に大きな汚点を残すことになった。

静かだったと思いきや、再び1人の選手が飲酒運転でKリーグのイメージを失墜させた。
先にキム・ウンソン、イ・サンホ、パク・ジュンテ、カン・スイルが飲酒運転で摘発された事例がある。





【関連記事】
韓国記者:「第2のイ・チョンス」と呼ばれたFCソウルのイ・サンホの間違った判断と墜落



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...