"ロナウドノーショー"でも熱いKリーグ…すでに去年の観客124万人を突破しそう
マイデイリー




※一部要約

蒸し暑い天候でもKリーグ熱は高い。

プロサッカー連盟は13日、サッカー会館で週間ブリーフィングを行い「70%ほど進行した今シーズンの累計観客が、すでに昨シーズンの総観客に迫った」と明かした。

続けて「Kリーグ1・2のどちらも今週末のラウンドで去年の総観客を越えるだろう」と付け加えた。

連盟が公開した資料によると、Kリーグ1・2019の25ラウンドまでの累計観客は120万7597人である。
去年の38ラウンド総観客の124万1320人に迫る数字だ。

今週末の26ラウンドで、1試合あたりの平均観客で8051人が入場すれば、累計観客数が昨シーズンの総観客を越えることになる。

昨シーズンの1試合あたりの平均観客は5265人だった。
今年の平均観客は昨シーズンよりも52.9%も増加したのだ。

Kリーグ2も23ラウンドまでの累計観客が30万4953人で、去年の総観客31万627人に迫っている。

プロサッカーは6月にユベントスの"ロナウドノーショー"事件があった中でも興行を継続している。


スポンサーリンク
楽天





ロナウドとKリーグ…"ノーショー"事件の教訓
ハンギョレ




※一部要約

クリスティアーノ・ロナウドの7月26日のユベントス-Kリーグ選抜チームの親善試合での"ノーショー"は、韓国スポーツ史に残るスキャンダルとして記録されそうだ。

Aマッチではないのに2時間でチケットが売り切れ、予定より1時間遅れた生放送だったにもかかわらず記録した最高視聴率、試合後のファンの"反ロナウド"感情爆発、チケット代返還のための組織的な動きなど、波紋が大きかった。

ロナウドのノーショーの背景は多様である。
その中で経験のない主催社ザ・フェスタとユベントスの無理な日程の推進、クラブと監督より優位にいるスーパースターであるロナウドの影響力が、不祥事の最大の要因に挙げられる。

2010年8月のFCバルセロナとKリーグオールスターのソウル親善試合でもハプニングがあった。
バルセロナの主砲リオネル・メッシを見るため、ファンの熱気はすごかった。
だが試合前日の「メッシは出場しない」という言葉で、売り切れたチケットの半分が返還されるなど、混乱を醸し出した。
幸い、体が良くなったメッシが後半に15分間出場し、2ゴールを決めてファンを喜ばせたが、主催社と韓国プロサッカー連盟は苦境に立たされた。

2010年と2019年に起きた2つの事件の背景には、プロサッカー連盟が主管するKリーグオールスター戦がある。
9年前にバルセロナ招待試合で後遺症を経験したのに、プロサッカー連盟はつまらないという評価を受けているオールスター戦を生かさなければならないという強迫観念で、ロナウドのカードに強い誘惑を感じたのだろう。

国内のプロサッカーや野球、バスケ、バレーボールのオールスターチームの構成は、アメリカプロ野球のナショナル-アメリカンリーグやアメリカプロバスケの東西カンファレンスのように、2大リーグの看板を決める方式ではない。
チームの縁故や人為的な方便でオールスターチームを構成し、緊張感や対決意識が落ちる。
腹の出た監督が出場して選手としてプレーするなど、娯楽的要素が強化されたイベントで、戯画化される場合もある。

プロサッカー連盟は「負傷がなければ最低45分出場する」という几帳面な契約を結んだ。
だがスーパースターの固執は監督やクラブでも折れないという変数は考えられなかった。
ファンが高値で買ったユベントスの7番のユニフォームを破り、チケット代返還訴訟に向かう理由である。

制度的な側面で、Kリーグオールスター戦の意味をじっくり考えてみる必要はあるだろう。
ロナウドノーショー事件から教訓を見つけようと考えるなら…。




"パク・チソンと親しい"エブラ、「ロナウド、サッカー機械だ」
OSEN




※一部要約

サッカー機械?サッカーしか知らない機械!

サッカーファンにとって、パク・チソンと親しい友人として有名なパトリス・エブラが13日、自身のSNSでクリスティアーノ・ロナウドについて「彼はサッカー機械だ」と讃えた。

マンUの同僚時代にエブラは、ロナウドの家に食事へ行き、彼の厳格な献立管理などを見て仰天したことがある。

その後、エブラはロナウドのプロ意識を讃え、当該のエピソードを明かしたりもした。

一方、サッカーしか知らない機械のロナウドは、プレシーズンにずっと様々な論難に苦しめられている。
韓国でKリーグ親善試合に出場せず、ノーショー事態に巻き込まれた。

ロナウドは11日、アトレティコ・マドリードとのインターナショナルチャンピオンカップ(ICC)に1-2で敗北した後、ストックホルムのアーランダ空港で待っていたファンを無視し、こっそりとスウェーデンを去ったりもした。


【関連記事】
韓国メディア:人気が折れないKリーグ、去年より2ヶ月16日早く観客動員100万人突破…野球は下落傾向
韓国ネチズン反応:負傷のメッシ、SNS活用もロナウドに圧勝…影響力ではロナウドがスポーツスター1位



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...