リーグアンデビューのファン・ウィジョ、期待感を高めた出発
スポTVニュース




※一部要約

チームは負けたがファン・ウィジョはフランスの舞台に安着した。

ボルドーは11日午前3時、スタッド・レイモン・コパで行われた2019-20シーズンのフランス・リーグアン1ラウンドのアンジェとの試合に1-3で敗れた。

ファン・ウィジョは2列目のアタッカーとして先発出場した。
試合序盤から活発な動きを見せた。
素早いサイド突破で相手DFを揺さぶった。
チャンスがあればシュートをするなど、積極的な動きも良かった。
試合開始直後にチャンスを掴んでシュートをしたが、ゴールポストをわずかに外れたのが惜しかった。

ファン・ウィジョは先制ゴールに貢献した。
前半2分にファールを得て、プレヴィユがこのFKで先制ゴールを決めた。
良い位置でFKを得たファン・ウィジョの活躍だった。

ファン・ウィジョは前半とは違って後半はやや振るわず、後半22分に交代させられた。
特にボルドーが立て続けに3ゴールを献上して守備が一気に崩れ、シーズン開幕戦は敗北に終わった。

ボルドーは敗れたが、ファン・ウィジョは移籍してから初めての公式戦だったという点を考慮すれば、残りのシーズンで十分期待できる活躍をした。


スポンサーリンク
楽天





"期待値最高潮"だったファン・ウィジョ、デビュー戦の評点が後ろから2位"酷評"
スポーツ韓国




※一部要約

ファン・ウィジョは4-2-3-1のサイドアタッカーとして先発し、ヨーロッパ進出から初めて公式デビュー戦に出た。
ただし、試合序盤を除けばこれといった存在感を見せられなかった。

この日の試合後、サッカー専門統計サイトのフースコアードドットコムが両チームの選手の評点を公開した。
ファン・ウィジョは5.83の評点を受けて、この日に交代選手を含めて出場した28人の選手のうち共同27位、つまり後ろから2位の点数を受けた。
酷評である。




[現場リアクション] フランスリーグデビューのファン・ウィジョ、「これから始まる、応援してくれて感謝する」
インターフットボール




※一部要約

試合後に会ったファン・ウィジョは、惜しさでいっぱいの表情だった。
ファン・ウィジョは「すごく残念だ。個人的にもチーム的にも準備をかなりしたが、相手チームが良いカウンターをした。残念だが次の試合をしっかり準備しなければならない」と語った。

この日、右サイドのアタッカーとして出たファン・ウィジョは「サイドにいたが、CBを圧迫しようと努めた。チャンスが来たときにもう少し集中していれば、十分突破できていたはずなのに」として、「ポジションはストライカーだが、監督の望み通りのプレーを遂行しようとしている。チャンスがあれば中央に多く入ろうとしていたが残念だった」と説明した。

この日のアンジェ遠征はファン・ウィジョのフランスリーグのデビュー戦であり、初のリーグ遠征試合でもあった。
「面白いと思っていたが負けて残念だ」と切り出したファン・ウィジョは、「次の試合があり、これから始まりだ。しっかり準備して次の試合に勝つ。試合の時間が遅い深夜なので見るのも大変だろうが、応援してくれて感謝を申し上げる。応援してくれるだけに熱心にする」と誓った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...