[単独] ロビン・チャン代表「ロナウドの不出場、後半10分に知った…一方的に通知された」
フットボールリスト




※一部要約

クリスティアーノ・ロナウドが親善試合でプレーせずに去った後、大きな批判を受けているザ・フェスタのロビン・チャン代表が、悔しいという立場を明かした。
ザ・フェスタは契約通りにロナウドを出場させるために抗議と哀願をしたが効果はなく、ロナウドがプレーしなかった理由は中国での無理なスケジュールのせいで機嫌を損ねたものと察すると語った。

26日、ソウルワールドカップ競技場で"チームKリーグ"とユベントスが3-3の引き分けおさめた。
この試合はユベントスの"遅刻"でキックオフが50分ほど遅れ、45分以上プレーすると発表されていたロナウドが最初からプレーせずに論難を生んだ。

試合後にザ・フェスタのロビン・チャン代表への疑惑が大きくなった。
フットボールリストは27日、チャン代表と電話インタビューを行った。
"潜伏説"とは違い、チャン代表は呼出音が3回鳴る前に電話を取った。
試合後、事態を解決するために誰よりも忙しく動いていた。
チャン代表はインタビュー中に何度も涙声で話し、謝罪のメッセージとユベントスへの悔しさを一緒に吐露した。


─状況はどうなったのか。潜伏したと言われてたが?

潜伏してない。
あまりに無我夢中で動いていた。
ロナウドがプレーしないというのを認知した直後、ユベントスの関係者を説得しに行った。
試合後も説得して収拾しようとした。
職員が空港までついていき、ファンに謝罪のメッセージを伝えなければならないと最後まで説得した。
その後KBSと会議をして、韓国プロサッカー連盟と次々と会議した。
個人のソーシャルメディアを閉じたのは、批判と悪口が手に負えそうになかったからそうしただけで、順次ことを済ませて、今はメディアの接触を受けている。
もう一度申し上げるが、潜伏はしていない。
ファンから受けたメッセージに謝罪の返事をしたのもお見せできる。


スポンサーリンク
楽天





─連盟はロナウドが出場しないことを知り、かなり抗議したようだが?

後半のエントリーにロナウドが入ってないのを認知し、連盟とともにユベントスの担当者を訪れて狂ったように抗議した。
早く出場させろと説得した。


─代理店の職員が試合後に現場から消えたというが?

試合後は現場にいた。
だが記者会見場には行けなかった。
ずっとユベントスについていき、"これはどういうことだ、公式謝罪せよ"と要請していた。


─皆がユベントスを相手についていき、説得と謝罪を要請したと言うが、ユベントスの反応はどうだったのか?

俗っぽい表現をするなら、聞くふりもしなかった。
ユベントスのマネジメントを担当している職員は、後半から連絡ができなかった。
代わりに目に見えた、VIP席に座っていたパベル・ネドベド副会長とコマーシャル担当理事を訪れて"どうしてこんなことをするのか"と抗議もして、"どうか20分でも出場させてくれ"と説得もした。
だが私が聞いたのはちょうど3つだった。
「契約条項については監督も知り、選手も知っている。だが彼はプレーするつもりがない。私にできることはない(Coach knows, the player knows about the contract. but he dosen't want to play. there is nothing I can do)」


─ユベントスがそのまま違約金を払うという意味なのか?

そうだ。
私も契約書を公開したい。
だが秘密維持の条項がある。
出場についての条項と違約金があるにもかかわらず、すべて起きてしまった。
すべての攻撃が私に来ている。
ロナウドとユベントスが問題を起こし、すべての矢が私に来ている。
もちろん主催側として当然のこと。
私も沸々と煮えたぎって悔しく、国民の皆様にあまりに申し訳ない。


─ザ・フェスタ次元での立場の発表はするか?

メディア発表を準備している。(編集注-ザ・フェスタはインタビュー後、公式立場の文章を発表した)
最重要の契約書の公開は法的に正しくないという。
なので(ユベントスに)立場整理の文章を先に送る。
そして今日でも月曜日でも、記者会見で契約書をお見せしたい。
直接見て記事を書いてほしい。


─違約金の規模は?

金額はむやみに言えない。
秘密維持の条項に含まれている。
お知らせできないのは申し訳ないが、ユベントスに払う金の4分の1にもならない。


─プロ連盟に違約金を支払わなければならないと伝えられているが?

そうだ。
プロ連盟が私たちと締結した契約書には、その他にも様々な違約金条項が含まれていた。


─結局、ユベントスは謝罪や遺憾をあらわしていないのか。

謝らなかった。
ロナウドは空港に入国したときから表情が優れなかった。
元々そういう表情をする選手ではないと知っていたのだが。
試合日がユベントスの要請した日ではなく26日に前倒しになったのは、プロ連盟の立場が通ったから。
だがその案を受け入れ、追加金額を要請してきた方はユベントスである。
私は2日間隔の試合について心配したが、ユベントス側は追加金額を要求して問題ないと言った。


ザ・フェスタは元々、2泊3日の日程を進める権限があった。
ところがユベントス側から"選手にプレゼントをあげたい。韓国の日程を1日で終え、それから2日は選手に思いがけない休暇を与えたい"と言った。
それと同時に、1日で日程を完璧に消化できると言った。
私が悔しいのは、試合後の2日をさらに引き留めておくのが当初の契約内容だった。
元々の契約通りに押し切っていれば、私たちはさらに儲けていただろう。
ところがユベントスが選手に配慮しなければならないと言い、私たちがその配慮を受け入れたのだ。
だがそれがまた半日に減った。
1日の日程なら当然朝も入ってこなければならないのに、午後に入ってくるのがどこにいるのか。


─(ロナウドがプレーしなかった理由についての話を自ら要望し)

ロナウドがなぜあのように悪い表情で来たのかは私も驚いた。
私の考えはこうである。
先のインテル・ミラノとの試合で90分消化したが、私はこのときビックリした。
ロナウドも年齢のある選手なので、プレシーズンでフルタイムはあまりプレーしない。
私がわかっているのは、25日にユベントスが無理なほどロナウドを中国の広報イベントに投じたということ。
私はユベントス側に"私たちの試合があるのに無理じゃないのか"と抗議したところ、ユベントスは"すべての契約内容をしなければならず、韓国の日程に問題はない"と答えた。
ところがロナウドがその日程をすべて消化し、蓋が開かれたじゃないか。
ユベントスがこの有名選手で収益を上げるため、あちこちに投じて無理をしたのだと察する。
だとしてもロナウドが韓国ファンにあのようにしてはならない。
この内容は私の推測である。

入国直後にクラブが食事をするとき、ロナウドはそれに参加しなかった。
また、残りの選手は心苦しくなり、代わりに熱心にやった。
ブッフォンは本当に熱心にファンに応え、新たに入ってきたアヤックスの選手(デ・リフト)も熱心にやった。
その他も良かった。
ロナウドだけのクラブではない。
残りの選手はファンに熱心に応え、試合でも熱心にプレーした。

国内にはロナウドファンのほうが多いのを知っている。
私もロナウドがプレーしなかった理由は推測するだけだ。
ただし、中国での無理な試合と広報の日程のせいのようだが、かと言って韓国での日程をこのようにするのはザ・フェスタも容認できない。
もちろん主催側として私たちの間違いだ。
だが私たちが矢を受けることに、悔しい気持ちがないと申し上げれば嘘になる。
各種証拠資料は月曜日に予定している記者会見で公開する。
公開する資料には、ユベントスとやり取りした文書やメッセージ、そしてバスから送られたロナウドが入っている試合エントリーなどが含まれている。


─ロナウドがプレーできないケースについての条件条項があると伝わっているが。

"試合前のウォーミングアップで負傷したり、試合中に負傷したり"である。
だがロナウドは負傷してなかった。
(韓国に来る前、日常的な生活をしていて負傷したことはないか)そういうこともあるだろうが、負傷していないと聞いている。


─ロナウドがプレーしないことを知った正確な時点は?

後半開始10分後だ。
実務陣が後半から連絡できなかった。
それで貴賓席に座っているネドベド副会長を訪れ、どうにかプレーしてほしいと言った。
プレーしないという返事を受けた。


─競技場の電光掲示板の広告に違法ブックメーカーが入っていたという指摘がある。

海外のブックメーカーなので、英語だけ(韓国を除いた海外対象のみ)で広報した。
この企業は韓国からアクセスできない海外のブックメーカーだ。
(韓国からアクセス可能だとわかっているが)海外では悪いサイトではなく、公式スポーツギャンブルのサイトとして知られている。
もし国内から違法アクセスが可能なら、それは私たちの誤りで合っている。


─(不誠実なビュッフェについての釈明を自ら要望し)(※ビュッフェサービスのある30~40万ウォンのチケットを買った人たちから、テーブルが少ないなどの不満が出た)

上岩でビュッフェをするなら、指定した業者としなければならない。
私がビュッフェ業者を決めたり、行うことはできない。
上岩のビュッフェはAマッチのときも、今回のビュッフェと同じように行っていた。
私たちがそのような業者を呼んだからではないという点を釈明したい。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...