BBCも注目、"Jリーグチームにプリシッチのデビュー戦"
ベストイレブン




※一部要約

チェルシーがプレシーズンの試合で川崎フロンターレを相手に敗れた。
プレシーズンとはいえ予想を裏切る異変だった。
英国メディアもこの結果を興味深く注目した。

英国メディアBBCスポーツは20日、「プリシッチのチェルシーデビュー戦はJリーグチームを相手にした敗北だった」と報じた。
プリシッチは新チームに移籍して行った最初の試合で早々に異変の犠牲になったため、限りなく苦々しいようだ。

BBCスポーツは「チェルシーと契約を終えたプリシッチがついに初戦を行ったが、Jリーグチームを相手に納得がいくほどのシーンを作れなかった」と報じた。
BBCはまだ公式のシーズンが始まる前であることを考慮しても、プリシッチが期待には至らなかったという点は明らか出ると分析した。

実際、この日のプリシッチはまだ体が仕上がってない姿を見せ、川崎の組織的プレスに苦戦して自分の存在感を知らしめることができなかった。
今後の追加獲得が不可能なチェルシーの状況を見たとき、BBCスポーツとチェルシーはどちらも、プリシッチがどれだけ自分の役割を果たせるかが重要な鍵になるだろうと予想している。

予期せぬ敗北と残念な評価を受けたプリシッチが今後、プレシーズンと来るリーグ開幕でどのような姿を見せるのか、関心が集まっている。


スポンサーリンク
楽天





[現場メモ] 頭を下げたチェルシー、失望のランパード…6万の観客はJリーグだけの祭り
スポータルコリア




※一部要約

チェルシーの訪日イベントではなく、61012人の満員の観客が集まったJリーグの祭りだった。

チェルシーは19日午後7時、横浜の日産スタジアムで行われた2019明治安田生命Jリーグワールドチャレンジで、Jリーグチャンピオンの川崎フロンターレと対決した。
結果は予想とは違い、チェルシーの敗北で終わった。

日本国内の今回の対戦に対する関心は熱かった。
6万席余りのチケットは試合開始前から早々に売り切れ、Jリーグ連盟も数ヶ月前からオン・オフラインのチャンネルを活用して継続的に試合を広報し、雰囲気を高めていた。

マッチアップもファンに期待感を与えるのに十分だった。
チェルシーの相手に指名された川崎は、最近のJリーグで最も強いと言われても遜色ないチームである。
最近の2年連続リーグ優勝はもちろん、今シーズンも18試合を行った現在でわずか1敗しか許してない強勢を続けている。

ヨーロッパの強豪チェルシーの訪問もやはり、ファンをワクワクさせた。
チェルシーは昨シーズン、ヨーロッパリーグの頂点に上がったのはもちろん、プレミアリーグでも3位を記録して、強豪チームの姿を示した。
世界的スターはもちろん、チェルシーのレジェンドであるフランク・ランパード監督の存在もまた、ファンの足取りを誘った。
特に電光掲示板にランパード監督が紹介されたときは、全観客が拍手を送ったりもした。

現場の雰囲気も熱かった。
情熱的な応援を繰り広げることで有名な川崎のファンは、90分ずっと熱い応援で現場の雰囲気を盛り上げた。
また、観客はチェルシーのペドロ・ロドリゲス、ダビド・ルイス、オリヴィエ・ジルーらの選手がプレーするたびに歓声を送った。
特に後半28分、GKの好セーブに阻まれたジルーの強烈な左足FKのシーンは、座っていた観客を立たせた。





試合は予想とは異なる結果が出た。
前半から無気力な姿を見せたチェルシーは、後半41分にレアンドロ・ダミアンに失点を許して0-1で跪いた。
残念だった。
チェルシーの選手は試合終了のホイッスルと同時に頭を下げた。
ランパード監督は試合後の記者会見で「勝ちたかった」と惜しさをあらわした。

一方、Jリーグを代表した川崎は約束を守った。
この日、Jリーグワールドチャレンジ2019を企画したJリーグ連盟は、単なる親善試合ではなく海外の強豪を相手に戦い、勝ってJリーグの実力を世界に示すという目標を設定した。
結果的に61012人が競技場を訪れ、興行はもちろん試合にも勝利し、自分たちが設定した目標を達成することに成功した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...