[スポーツタイム現場] "ヨーロッパ進出"ファン・ウィジョを応援したベント、「幸運を祈る」
スポTVニュース




※一部要約

ファン・ウィジョは18日午前8時、仁川国際空港第2ターミナルから、ボルドーがプレシーズンを送っているアメリカ・ワシントンに出国した。
出国前にファン・ウィジョは偶然、パウロ・ベント監督に会った。
ベント監督はマレーシア・クアラルンプールで行われた2022FIFAカタールワールドカップアジア地区2次予選の組分けを終えて帰国していた。

ベント監督はファン・ウィジョを見ると、明るく笑って「幸運を祈る」と応援のメッセージを伝えた。
2人は会うとすぐに笑って握手を交わし、ベント監督はファン・ウィジョの肩をたたいて力を吹き込んだ。
その後ファン・ウィジョは出国のために移動し、2人の短い出会いは終わった。
ファン・ウィジョはそれkら記者と会い、フランス進出についての所感を伝えた。





スポンサーリンク
楽天





ファン・ウィジョ、「すべてのことが新しく感じてワクワクする。目標は二桁得点」
OSEN




※一部要約

─フランスリーグに進出する所感は。

すべてのことが新しいリーグだ。
私も初めてする挑戦するリーグで、目新しくワクワクしている。
緊張もする。
できるだけ早く適応し、良い姿をお見せする。


─親しいソン・フンミンのアドバイスはなかったか。

特に話したことはない。
フンミンもすごく上手くやっている。
できるだけ早く適応し、リーグで多くの試合に出場して多くのゴールを決めたい。


─シーズン途中にガンバ大阪を去ったが。

チームがあまり良くない状況で離れてとても申し訳なかった。
同僚が良い雰囲気の中で送ってくれ、ありがたく思っている。
なので私がもっと上手くやって、ガンバというチームをもっと輝かせたい。


─具体的な目標は。

特に立てていない。
適応を早くして、二桁ゴールを記録したい。
ゴールも重要だが、試合に出場して早く適応することが重要。


─中東、中国の巨額オファーを振り払ってヨーロッパに挑戦する理由は。

挑戦したかった。
より良い環境と舞台でサッカーをしてみたかったのでヨーロッパの舞台を選んだ。


─必ず相手にしたい選手は。

有名な選手が多い。
良いチーム、良い選手が多い。
競技場で直接ぶつかって戦い、学んで経験したい。


─ソウザ監督、ベント監督と話してないのか。

ソウザ監督とは特に話してない。
ベント監督とは空港で会った。
組み合わせ抽選をした帰りだったようだ。
しっかりやってこいという話をして下さった。





─先輩のパク・チュヨンはフランスで活躍してプレミアリーグに行ったが。

より高い舞台は当然夢見るが、フランスで上手くやって認められ、良い姿をお見せすることが先だ。
次は次。
現在にできるだけ忠実でなければならない。


─ワールドカップ2次予選で北韓と会う。

個人的にはどの国でも容易なチームはない。
代表選手と準備をしっかりやって、できるだけたくさん勝利して、良い姿で次のラウンドに進出したい。


─応援するファンに一言。

当然感謝している。
たくさん応援してくれて、責任感も生まれている。
行ってしっかりやらなければならない目標もできた。
より多くのゴールを決めて、喜びを差し上げたい。


【関連記事】
韓国メディア:ファン・ウィジョのボルドー行きはバイアウトが決定的役割…14日午後に公式発表、年俸は180万ユーロ
韓国メディア:ボルドー移籍のファン・ウィジョがガンバ大阪と同水準の好待遇を受けられた理由
韓国ネチズン反応:フランスに発つファン・ウィジョ、ガンバ大阪のチームメイトが祝賀の胴上げ



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...