"ボルドー移籍説"ファン・ウィジョ、12人目の韓リーグアン挑戦…移籍金24億
OSEN




※一部要約

ファン・ウィジョが12人目の韓国人リーグアン選手になる可能性が提起された。

11日にレキップは「Jリーグ1のガンバ大阪でプレーしているファン・ウィジョが、フランス・リーグアンのジロンダン・ボルドーと4年契約を結んだ」と報じた。
両クラブ間の合意が終わった状態であり、移籍は既成事実になったという内容を付け加えた。
現在伝えられている移籍金は184万ユーロ(24億ウォン)。

1881年に創立したボルドーは計6回のリーグ優勝(1950・1984・1985・1987・1999・2009)をしているフランスの名門クラブだ。

ボルドーは昨シーズン、リーグ1で14位に留まった。
リーグ全体で15位に終わった得点力(34ゴール)が困難に陥れた。
ボルドーより勝ち点の高い13チームのうち、ゴールが少なかったチームは1チームしかなかった。

自ずと夏の移籍市場のターゲットをFWの補強に合わせた。

もしファン・ウィジョがボルドーに移籍すれば、韓国選手としては12人目のリーグアン選手になる。
一番最初にフランスに進出した選手は、ソ・ジョンウォン元監督。
1997年から1999年までストラスブールでプレーした。

そしてイ・サンユン(ロリアン)、アン・ジョンファン(メス)、パク・チュヨン(ASモナコ)、チョン・ジョグク(オセール-ナンシー)らがフランスを経て、最近ではクォン・チャンフンとソク・ヒョンジュンがディジョンとトロワ-スタッド・ランスでプレーした。


スポンサーリンク
楽天





[ビハインド] "ボルドーvsモンペリエ"ファン・ウィジョに動いたボルドー監督の意志
スポーツ朝鮮




※一部要約

ファン・ウィジョは早くからヨーロッパの舞台を夢見ていた。
だが現実の壁があった。
軍服務。
だが去年のジャカルタ-パレンバンアジア大会で金メダルを首にかけ、兵役特例の資格を得た。
問題はそこで終わりではなかった。
ファン・ウィジョは当時、1人で9ゴールを決めて、金メダルはもちろん得点王まで手にした。
彼の身代金が垂直上昇した。
ガンバ大阪は契約延長のオプションを活用した。
同時に200万ユーロに達するバイアウトを設定し、"ファン・ウィジョ保護"に出た。
だがファン・ウィジョへのラブコールは終わらなかった。
中国、アメリカなどがファン・ウィジョを望んだ。

溢れる移籍オファー。
だがファン・ウィジョの意思は堅かった。
ひたすらヨーロッパ進出だけを望んだ。
その間にドイツ、フランス、ポルトガルなど欧州リーグが関心を持ち始めた。
だが最後の勝者はボルドーになる可能性が高い。

実はフランスリーグ内でもファン・ウィジョ獲得で競争があった。
ボルドーとモンペリエが、ファン・ウィジョ獲得を巡って激突した。
最近のチーム成績だけで今後を見れば、モンペリエに気持ちが傾くしかなかった。
モンペリエは昨シーズン、6位に名前を上げた。
パリ・サンジェルマンがFAカップで優勝していれば、ヨーロッパリーグにも進出できる状況だった。
ヨーロッパリーグ進出の目標は達成できなかったが、フランス内でも競争力のあるチームに数えられる。

一方、ボルドーは昨シーズン14位に留まった。
38試合でわずか34ゴールを決めるのに終わった。

攻撃力の強化が切実なボルドー。
ファン・ウィジョを強く望んだ。
ファン・ウィジョにとっては揺れるしかなかった。
だが彼の選択はボルドーだった。
理由があった。
ボルドーの指揮棒を取っているパウロ・ソウザ監督の積極的な求愛のためである。
ヨーロッパの移籍市場に詳しい関係者は「ソウザ監督は過去に天津権健を率いた経験がある。当時、韓国や日本などのアジアサッカーを見て、東洋選手への理解度を高めた。ソウザ監督が注視した選手の1人がファン・ウィジョであり、今回の移籍市場でより積極的にファン・ウィジョを望んだ。ファン・ウィジョは誠意で気持ちを固めた」と伝えた。

ボルドーは最近、競技場を新築して選手を積極的に獲得するなど、投資の動きを見せている。
ファン・ウィジョはボルドーの投資の核心ポイントと解釈される。
ファン・ウィジョのバイアウトは決して少ない金額ではないが、喜んで甘受した背景でもある。

一方、ビッグリーグ入りを目前にしたファン・ウィジョは、13日に行われる清水とのホーム試合を最後にJリーグと別れるという。


【関連記事】
韓国メディア:ガンバ大阪のファン・ウィジョ、欧州移籍なら年俸削減もOK…鍵はバイアウト
韓国メディア:ファン・ウィジョ側「ボルドーとの交渉は事実、近い内に公式発表」…移籍金は184万ユーロか



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...