"Jリーグは上手くいってる"日本選手のヨーロッパ進出"好況"
STNスポーツ




※一部要約

文字通り好況だ。

ヨーロッパサッカーの夏の移籍シーズンに歩調を合わせ、日本プロサッカーJリーグの選手のヨーロッパ進出が活発に実現している。
9日、日本サッカー専門メディア<ゴールドットコム>など複数のメディアは、鹿島アントラーズのDF安西幸輝がポルトガル1部リーグのポルティモネンセへの移籍に合意したと伝えた。
安西幸輝は2017年までJ2の東京ヴェルディでプレーし、去年に鹿島アントラーズに入団。
今シーズンはJリーグ15試合に出場して3ゴールを記録中である。
3月には日本成人代表メンバーにも初めて名前を上げたりもした。
安西幸輝は「今年24歳で、年齢を見ると海外挑戦は最後のチャンスと思ったため」とヨーロッパ進出挑戦の理由を明かした。
彼は「海外に進出するだけに、日本を代表するDFになってファンに成長した姿を見せたい」と堅い覚悟を明かしたりもした。

先に"日本のメッシ"と呼ばれる久保建英が、スペインの名門レアル・マドリードに入団して大きな話題を集めた。
久保はレアル・マドリードの夏のプレシーズンツアーで、ジネディーヌ・ジダン監督の指揮の下で1軍選手とともに試合に出ると予想される。
現地メディアを見れば久保は1軍にすぐ入るのは難しいと予想されるが、未来は期待されている。
"ライジングスター"安部裕葵もスペインに進出する見通しだ。
安部はバルセロナとの3年契約が有力視されている。
安部は久保と同じく、1軍ではなく3部リーグに該当するバルセロナBでプレーして、技量を引き上げることに注力する。

一方、KリーグはJリーグと違って静かである。
現在、大邸FCのGKチョ・ヒョヌにドイツ・ブンデスリーガ進出が迫っているという説が乱舞しているが、確定したものではない。
チョ・ヒョヌの他には、FWキム・シヌクが巨額の移籍金で中国スーパーリーグの上海申花に移籍したのがすべて。
キム・シヌクは上海申花と3年契約で、年俸総額は170億ウォンに達することがわかっている。


スポンサーリンク
楽天





日本の有望株がビッグリーグに進出する方法、ベルギー"中間基地"を経る
フットボールリスト




※一部要約

日本人DF冨安健洋は最近、シント・トロイデンを去ってイタリア・セリエAのボローニャに移籍した。
移籍金は700万ユーロと伝えられた。
これでヨーロッパ"ビッグ4"のリーグで活躍する日本人CBが、吉田麻也(サウサンプトン)に続いて2人に増えた。
CBは力の優れた韓国が日本より強いというのが一般的な認識だったが、ビッグリーグ進出はむしろ日本のほうが積極的だ。

シント・トロイデンは日本の電気、インターネット企業のDMMが所有するチームである。
2017年にシント・トロイデンを買収した後、日本選手を集中的に集めた。
冨安健洋、木下康介、鎌田大地、小池裕太、遠藤航、関根貴大、ダニエル・シュミットらだ。
アマチュア出身、Jリーグ出身、欧州リーグですでにプレーしていた選手など、出身が多様だった。

日本選手を集中的に集めたが、無分別な収集ではなかった。
可能性のある選手を中心に獲得し、チームの戦力をむしろ上昇させた。
攻撃サッカーでベルギー国内のイメージも良くなった。
2018/2019シーズンの正規リーグで7位を記録し、UCLプレーオフ進出を辛うじて逃した。

冨安はシント・トロイデンがしっかりした選手を獲得しているという端的な証拠である。
日本のアビスパ福岡から獲得した冨安は、シント・トロイデンの主戦として活躍すると同時に、日本代表でも先発の席を奪った。
今年のアジアカップとコパ・アメリカで連続して活躍した後、ボローニャに移籍してシント・トロイデンにかなりの移籍金収入をもたらした。
700万ユーロはクラブ史上最高移籍金記録の一つだ。

また、今回の移籍市場でベトナムのスターであるコン・フオンも受け入れた。
仁川ユナイテッドで半シーズンをプレーして去ったコン・フオンが、ヨーロッパ挑戦を始められるようにチャンスを与えた。
日本選手だけに寛容ではないということを示す部分である。
この側面では韓国企業が所有する2部クラブのテュビズが韓国や中国の有望株を獲得しているのと似ている。
ただしその規模の面ではシント・トロイデンのほうがはるかに大きかった。
去年末、立石敬之CEOは「日本から数万人がシント・トロイデンに注目している」として、さらに成長させたいという意向を明らかにした。




"ヨーロッパラッシュ"日本、海外進出の時計が早まっている
スポーツ朝鮮




※一部要約

安部裕葵と西川潤のバルセロナ移籍が確定したわけではない。
安部裕葵は6日、磐田との試合後に「(移籍説は)よくわからない」と語った。
だが一つ確かな点は、ヨーロッパのクラブが日本人選手に注視しているということである。

日本選手のヨーロッパラッシュ。
専門家は最大の理由に、最近の日本の若手選手が見せた"潜在力"を挙げる。
実際、日本は2018ロシアワールドカップと2019アジアカップで優れた成績を出した。
若い選手を中心に出場したコパ・アメリカでも、比較的善戦して可能性を見せた。

疑問符が残る。
最近、ヨーロッパに進出した大部分は若い選手だ。
プロの舞台、あるいは世界の舞台で目立った活躍を繰り広げられていない。
それこそまだ"有望株"である。

ハン・ジュンヒ解説委員は「日本選手が進出するリーグとクラブの大部分が、中小規模であることを見逃せない。適当なリーグやクラブへの進出が多いと見ることができる。つまり、ヨーロッパに進出した人数は多いが、現在のソン・フンミン、同年代で最高級と評価されるイ・ガンインなどの選手がいるわけではない。ただし、こうして量的に豊富になれば、将来的に厚い選手層を形成するのに役立てる」と分析した。

ヒョン・ヨンミン解説委員は"マーケティング効果"も無視できないと語った。
ヒョン解説委員は「日本選手を獲得して派生する収益がある。単に日本のファンが試合を見るために現場を訪れるだけではない。日本企業がスポンサーとして参加する可能性を排除できない」と説明した。

構造的な問題も見逃せない。
ヨーロッパの移籍市場に詳しいエージェントは「日本の移籍市場を見ると、単に有望株を送っているのではない。現在プロでプレーしている20代序盤の選手も、シーズン中にヨーロッパへ移籍する。所属クラブにとっては戦力損失になるしかない。だが日本は基本的に"ヨーロッパ進出を許容"の基調がある。選手が身代金を下げてでもヨーロッパ進出を望めば、意思を尊重するほうである。ただし、Jリーグに復帰するときは既存のクラブに戻ることを基本としている」と耳打ちした。

また、別のエージェントは「日本は協会次元で、海外に選手を積極的に紹介する雰囲気である。もちろんヨーロッパに進出して、皆が成功するわけではない。意思があってヨーロッパに進出したとしても、最終的に成功は本人次第」と語った。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:久保建英がレアル1軍のプレシーズンに合流へ…ジダン監督が関心
韓国ネチズン反応:中島翔哉がポルトとバイアウト8000万ユーロの5年契約…半年でヨーロッパ復帰
韓国ネチズン反応:バルセロナが鹿島アントラーズの安部裕葵を狙う…1軍プレシーズンに入る可能性も
韓国ネチズン反応:日本代表DF冨安健洋がセリエAボローニャに移籍…シント・トロイデン歴代最高収益



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...