慶南、"8億+イ・ヨンジェ"で江原デリッチ獲得
OSEN




※一部要約

江原FCの核心から辺境に追いやられたデリッチが、慶南FCで新たな挑戦に出る。

サッカー界の事情に精通した関係者は、キム・ビョンス監督の重用を受けられないままベンチに留まっている時間の長かったデリッチが、慶南に移籍すると伝えた。
移籍金は8億ウォンとされ、イ・ヨンジェが江原に移る。

今シーズン、野心的に獲得したプレミアリーグ出身のジョーダン・マッチが適応できず、困難が多かった慶南は、デリッチを獲得して新たな挑戦を夢見ることになった。

デリッチは昨シーズンに24ゴールを決めてKリーグ得点2位に上がり、多くのクラブのラブコールを受けた。
江原残留を選択したが、キム・ビョンス監督の重用を受けられなかった。

慶南がジョーダン・マッチと契約解除した後、外国人選手を探し出した。
江原のデリッチを獲得するために努め、交渉を始めた。

デリッチ本人は慶南移籍に大きな魅力を感じられなかった。
むしろ全北が一歩遅れて飛び込み、選手本人は移籍を望んだ。
だが協議の過程で江原がイ・ヨンジェを望み、全北はジョゼ・モライス監督が選手への強い信頼をあらわしたため送れなかった。

最終的にデリッチ獲得の勝者は慶南となった。
慶南はデリッチ獲得で反騰を狙っている。
デリッチとルクで攻撃陣を構成し、邦本が戻ってくれば競技力を変えられる。


スポンサーリンク
楽天





慶南、邦本へのラブコールに"鉄壁"…補強ポジションはウインガー
フットボールリスト




※一部要約

慶南FCは様々なクラブから邦本獲得のオファーを受けたが、すべて退けた。
負傷から戻ってくる邦本が中盤の重心を取り、新たに獲得したデリッチが攻撃の重心を取ってこそ反騰が可能である。

慶南はKリーグ1・2019の20ラウンド現在、12チーム中10位と遅れている。
降格圏の済州ユナイテッド(11位)、仁川ユナイテッド(12位)より1試合多く行っているが、勝ち点差は3に過ぎない。
他チームの試合結果によって、降格圏に落ちることもある状況だ。

反騰が切実な慶南にとって、検証された外国人選手のデリッチが合流したのは好材料である。
デリッチは去年のKリーグ1で得点2位を占めた選手だが、キム・ビョンス江原監督の戦術と合わなくてチーム内での比重が落ちている。

一方、マッチとイ・ヨンジェが同時に出ていき、慶南の中盤はさらに薄くなった。
慶南は昨シーズンの主戦だったMFチェ・ヨンジュンを全北現代に送った後、リビルディングの中心にマッチとイ・ヨンジェを獲得していた。
だがマッチは頻繁な負傷、イ・ヨンジェは戦術への適応が長くかかり、期待ほどの活躍ができなかった。

ひとまずイ・ヨンジェを送ったのは、江原のスタイルのほうが合う"ウィン・ウィン"の取り引きになるという期待のためだった。
キム・ジョンブ監督は「イ・ヨンジェは惜しかった。将来性があり、育ててみたかった。だが私が回復させようとする慶南のスタイルとは異なる。キム・ビョンス監督のスタイルのほうが合っている。あちらがイ・ヨンジェを望み、私たちもデリッチを獲得できた。別の見方をするなら幸運」と語った。

邦本とキム・スンジュンへの獲得オファーもあったが、キム監督はすべて拒否した。
特に邦本は全北をはじめとして、Kリーグの多くのクラブの問い合わせがあったことがわかった。
クニにとっても慶南は最後の砦のようなチームである。
ここにいたがっている。
来年までは一緒に成長したい。
自分たちのチームが去年の色を取り戻すためには当時の主戦が必要で、ペ・キジョンやチェ・ジェスのような選手が重心を取っているが、フルタイムは難しい選手である。
主戦の中で去年の核心メンバーはクニ一人しか残ってない。

邦本が負傷から戻ってくれば、慶南の中盤で核心的役割を果たすことになる。
今シーズンに技量が満開したが、小さな負傷に苦しんでいる邦本は現在、ハムストリングの異常で欠場中だ。
間もなくチーム練習を消化し、実戦復帰の手続きを踏むことになる。
キム監督は邦本を中心に他のMFを組み合わせて、中盤を構成する計画である。
獲得も念頭に置いているが、スターMFの獲得は難しいという現実を考慮すれば、邦本との組み合わせをするほどのパズルのピースを探すことに重点を置く。

追加獲得を狙うポジションはウインガーだ。
負傷で離脱したネゲバは今シーズンをプレーできないとみられるため、その代替者が必要である。
豊富ではないが獲得資金はある。
CBソン・ジュフンが中国の天津天海に行って移籍金収入を残した。
キム監督は「ソン・ジュフンもやはり最近は困難を経験していたが、将来性のある選手なのでもっと一緒にやりたかった。だが獲得資金の確保が必要だった。慶尚南道から追加予算が出ない状況なので、独自に確保した予算から戦力補強をしなければならない。おそらくソン・ジュフンを送ってなければ、デリッチも連れてきてないだろう」と語った。


【関連記事】
【Kリーグ】キム・ボギョン「EPL時代に最も親しかったジョーダン・マッチとの対決に期待」→負傷とホームシックで契約解除



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...