[単独] "スーパーゴウリー"チョ・ヒョヌ、デュッセルドルフ移籍迫る…早ければ今週に結論
スポーツ東亜




※一部要約

2018ロシアワールドカップを輝かせ"スーパーゴウリー"チョ・ヒョヌの次期行き先が事実上確定した雰囲気である。
ドイツ・ブンデスリーガのフォルトゥナ・デュッセルドルフのユニフォームを着る可能性が高い。
交渉は仕上げの段階で、早ければ今週に公式発表が出る。

ヨーロッパサッカーに詳しい消息筋は7日、「チョ・ヒョヌが夏の選手移籍市場でドイツに向かう。デュッセルドルフと大邸の交渉はほとんど終わった」と口を揃えた。
Kリーグの有力関係者も「大乗的な次元で大邸はチョ・ヒョヌのドイツ進出を許諾した。デュッセルドルフでまとまった」と耳打ちした。

当初は韓国選手とコネクションの厚いマインツ05の関心も大きかったが、直ちにGKの陣容は必要ないという内部の結論が出た。
その過程で着実にラブコールを送っていたデュッセルドルフと交渉が本格的に始まり、最近成功段階に達した。


スポンサーリンク
楽天





ただし移籍金は高くない。
少なくて30万ドル(約3億5000万ウォン)、多くて50万ドル(約5億8000万ウォン)前後に身代金は調整される見通しだ。
ブンデスリーガのクラブは選手を獲得するとき、多くの資金を使わないことが定評となっている。
大金を使うチームはバイエルン・ミュンヘンとボルシア・ドルトムントくらいが事実上すべて。
将来、チョ・ヒョヌが受けることになる年俸やボーナスのオプションも、高い水準ではないというのがエージェント業界の関係者の共通した説明である。

このように移籍金が思ったよりも低い背景には、チョ・ヒョヌの契約期間がある。
今年末にKリーグ1の大邸との契約が満了する。
当初、2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会が終わった後、大邸と契約延長をしようとしたが、知ることのできない理由で再契約がされなかった。
現実的に大邸が少しでも移籍金を手にして選手を譲ることのできる期間は、今夏が最後である。
ヨーロッパサッカーは翌月まで開かれている。

デュッセルドルフと利害関係が一致した。
2018~2019シーズンの正規リーグを13勝5分け16敗で全18チーム中10位になったデュッセルドルフは、失点が過度に多かった。
49得点を上げている間に何と65ゴールを許した。
後に続いたチームは15位アウクスブルク(71ゴール)、16位VfBシュツットガルト(70ゴール)、17位ハノーバー96(71点)、最下位FCニュルンベルク(68ゴール)である。
失点率だけを見れば1試合当たり2ゴール程度を許したデュッセルドルフは、降格圏である。

チョ・ヒョヌの実力は検証された。
ロシアワールドカップのGL3試合に出撃し、驚くべき好セーブショーを繰り広げて全世界に強烈な印象を植え付けた。
特に、当代最強のドイツを2-0で撃破して、複数のヨーロッパチームが関心を示した。
運もあった。
兵役恩恵を得た。
ソン・フンミン、ファン・ウィジョとともにワイルドカードで出撃したAGで金メダルを首にかけ、海外進出で最大の障害物である兵役義務から自由になった。

ただし、チョ・ヒョヌには一つ大きな課題がある。
言語に一日でも早く慣れなければならない。
特殊なポジションであるGKは、チーム全体の守備戦術とラインを調整しなければならない状況が多い。
不要なミスを減らすためにも、ドイツ語を学ばなければならない。
幸い、デュッセルドルフは韓国人が多く暮らす都市に数えられる。
周囲の助けを受けるルートが多いという意味である。

2013年に大邸のユニフォームを着て、K[リーグで7シーズン目を送っているチョ・ヒョヌは、通算191試合で231失点をした。
Aマッチは先月のイランとの評価試合までに12試合(10失点)プレーした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...