「大変であっても…」守備の中心、ベテランのキム・ヨングォンの責任感
スポーツ朝鮮




※一部要約

"ベテランDF"キム・ヨングォン(29、ガンバ大阪)の肩が思い。

キム・ヨングォンは今シーズンの前にガンバ大阪へ移った。
2012年夏に大宮を去って広州のユニフォームを着てから7年ぶり(※のJリーグ)である。

期待が集まった。
日本メディアは"キム・ヨングォンは2019UAEアジアカップでも韓国の主戦DFでプレーした。リーダーシップとビルドアップに提供がある"と報じた。
Jリーグ公式HPは"ガンバ大阪は韓国代表のキム・ヨングォン、日本代表の三浦弦太で最終ラインを設けた"とHPのメインを飾った。


スポンサーリンク
楽天





キム・ヨングォンは復帰戦から先発で出撃した。
彼は2月に行われた横浜戦に出場して90分を消化した。
だがチームの状況は容易ではなかった。
ガンバ大阪はデコボコの競技力で下位圏を彷徨った。
キム・ヨングォンと幻想の呼吸を披露しなければならない三浦弦太が揺れた。
弱り目に祟り目で、ガンバ大阪の守備ラインは比較的若い選手で組まれていた。
そのような状況で監督がより信頼して依存できるのは、キム・ヨングォンだけだった。
ガンバ大阪の監督はキム・ヨングォンを個別に呼び、ベテランとしての役割をずっと強調した。

歯を食いしばってプレーした。
体力的に疲れている状況だったが、言い訳はなかった。
実際、彼は6月のAマッチ招集時に「大変だ」と体力の低下を訴えたことがあった。
当然のことだった。
平日-週末の試合に繋がる日程に黙々と耐えた。
彼は今シーズン、リーグとカップ大会を含めて18試合をフルタイムで消化した。

だがキム・ヨングォンはベテランとして、自分の役割をしっかりやり遂げた。
理由がある。
キム・ヨングォンは関係者を通じて「大変だ。だが大変であっても最善を尽くさないなら、選手をやめたほうが良い。試合でプレーできる機会を与えられたとき、最善を尽くさなければならない」と覚悟を伝えた。

ガンバ大阪は7日にFC東京と対決する。
キム・ヨングォンは直前に行われた天皇杯から外れて体力を備蓄した。
彼は"Jリーグ首位"東京を相手に無失点に挑戦する。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...