[スポーツタイムTalk] "浦和ショック"キム・ドフン監督、「三日間死ぬ思いだった」
スポTVニュース




※一部要約

蔚山現代は26日夜、蔚山文殊サッカー競技場で行われた2019AFCチャンピオンズリーグ16強2次戦で、浦和レッズに0-3で完敗した。
1次戦の遠征試合に2-1で勝利していた蔚山は合計1勝1敗の2-4で押され、2018シーズンに続いて16強で苦杯をなめた。

衝撃的な結果だった。
蔚山は8強進出が有力だったが、ホームで無気力な競技力によって自滅した。
守備に集中した蔚山は、立て続けに相手に押されて惜しい姿を見せ、最終的に衝撃的な敗北を喫した。

ソウル戦の前にキム・ドフン監督が、最近の敗北について心境を打ち明けた。
キム・ドフン監督は「三日間死ぬ思いだった。ファンとKリーグ全体に申し訳ない。リーグで試合を上手くやって挽回する」と惜しさを飲み込んだ。

蔚山は浦和戦の衝撃負けで下落傾向に陥った。
キム・ドフン監督は「1試合1試合を準備している。昨シーズンはスタートが良くなかったが、今年は良い。私たちは優勝チームではない。ダークホースのチームとしてできるだけ自分たちの力量を見せる」と誓った。


スポンサーリンク
楽天





[現場の声] ACL脱落のショックを解消できなかったモライス監督、「まだ気にしている」
スポータルコリア




※一部要約

全北現代のモライス監督はまだAFCチャンピオンズリーグ脱落の後遺症を解消できなかった。

全北は26日、上海上港とのACL16強2次戦で1-1の引き分けを記録、PK戦の接戦の末に脱落してしまった。
全北はモライス監督が判定に抗議して退場になり、ムン・ソンミンまで報復行為で退場してしまった。

モライス監督は「まだACLで脱落したという事実をかなり気にしている」として、「年初からACLに焦点を合わせていたが、16強脱落は本当に惜しい部分」と明かした。
続けて「それでも選手が最善を尽くしたことで慰められている。早く雰囲気をまとめて、リーグ優勝のために出ようとしている」と付け加えた。

全北の今シーズンの目標はトレブルだった。
だがFAカップとACLで早期に脱落し、水の泡となってしまった。
もう残っているのはリーグのみ。
モライス監督は「今年は必ずKリーグの優勝カップを掲げなければならない。全北はアジアで最高のクラブだ。今年にリーグ優勝をしても、来年の目標はトレブル」と強調した。

全北は不振に陥った浦項に必ず勝たなければならない。
勝ち点37でリーグ1位に上がっているが、(※ACLのため試合を延期した)蔚山が1試合少ない状況で勝ち点36の3位に上がっている。
今シーズンにモライス監督を野心的に選任し、前任チェ・ガンヒ監督以上の業績を達成しようとしていたが、思い通りにいかない全北である。


【関連記事】
【ACL】韓国ネチズン反応:蔚山が浦和レッズに0-3の衝撃負けで16強脱落…キム・ドフン監督「私の責任」
【ACL】韓国メディア:「豪雨の中で繰り広げられた場外韓日戦」「声帯が裂けるほど応援した浦和ファンに拍手を」
韓国メディア:日本の歪曲報道、ACL脱落の蔚山は2度泣いた
韓国ネチズン反応:中国メディア「ACLで全滅のKリーグはもうアジアの虎じゃない」「投資の中国、活力の日本」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...