所属チームで3ヶ月ぶりに得点砲を稼働…ファン・ウィジョ、マルチゴール爆発
ニュース1




※一部要約

パウロ・ベント号の最前方を担うファン・ウィジョが、所属チームのガンバ大阪で3ヶ月ぶりにゴールを味わった。

ガンバ大阪は29日午後、日本の長野で行われた松本山雅との2019Jリーグ17ラウンドに3-1で勝った。

この日、ファン・ウィジョはシーズン3号4号ゴールを炸裂させ、DFキム・ヨングォンもフルタイムを消化した。

ファン・ウィジョは3月30日のヴィッセル神戸戦以降、3ヶ月ぶりに得点砲を稼働させた。
前半26分にペナルティボックス左側から中村が上げたボールを、胸トラップしてから右足の強烈なシュートでゴールを割った。

その後、後半37分に田中のクロスをノンストップシュートに繋げ、チームの3-1の勝利を導いた。

先にファン・ウィジョは6月のAマッチ2連戦で2試合連続ゴールを放ち、不振論難をすすいでいた。
所属チームでもゴール感覚が生き返っている。


スポンサーリンク
楽天





負担感-大量問題を撃破、ファン・ウィジョ"休息返上"再始動
スポーツ朝鮮




※一部要約

ガンバ大阪は6試合無敗行進(3勝3分け)を走り、中位圏躍進の足場を用意した。

心の負担を吹き飛ばすゴールだった。
ファン・ウィジョは3月30日のヴィッセル神戸戦以降、3ヶ月近く沈黙していた。
先発と交代を行き来して変化を与えたが、得点は容易ではなかった。

最大の問題は体力だった。
ファン・ウィジョは所属チームと代表を行き来して、すでに1年6ヶ月も休息なしで試合を行っている。
実際、ファン・ウィジョは今シーズンのリーグ戦を全試合消化している。
カップ大会まで含めれば、すでに20試合行った。
また、パウロ・ベント監督就任後、着実にA代表に名前を上げてきた。
オーストラリア、UAEなどを回って試合を消化した。
体力の負担を訴えるしかない状況である。

沈黙が長引くと負担が生まれた。
ファン・ウィジョは昨シーズンに16ゴールを決め、チーム内のエースに位置づけられた。
自然と"今シーズンもファン・ウィジョがやってほしい"という期待感が形成された。
だがファン・ウィジョは3ヶ月近くゴールを味わえなかった。

歯を食いしばった。
ファン・ウィジョはこの試合で積極的にゴールを狙った。
一歩早く相手陣内に侵入して同僚にパスを求めた。
ボールを受けた瞬間の集中力も鋭かった。
試合後に宮本ガンバ大阪監督は「ファン・ウィジョはリーグで長期間得点できずにストレスをかなり受けていたようだ。今回ファン・ウィジョがゴールを決め、チームにとっても非常に良いことだと思う」と讃えた。

もう再び始まる。
この日のゴールでファン・ウィジョは、"アゲイン2018年"を期待させるようにした。
ファン・ウィジョは昨夏を起点に、絶頂の得点力を誇った。
7月のリーグ得点を皮切りに8月のアジア大会で爆発した。
その後、所属チームで安定したプレーを披露して、得点王争いまでした。
ファン・ウィジョは7月3日にホームで行われるカマタマーレ讃岐との天皇杯を正照準している。
ファン・ウィジョ側の関係者は「松本山雅との試合後に短い休息時間があったが、返上した」と耳打ちした。
ファン・ウィジョが連続ゴールを打てるのか関心が集まっている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...