"レアル・マドリードのレジェンド"ラウル、亜舞台攻略のため"久保"指導
OSEN




※一部要約

レアル・マドリードのレジェンドのラウルがアジア舞台攻略のため、久保建英を育てる。

レアル・マドリードは20日、クラブ公式HPで「ラウル・ゴンサレス監督がレアル・マドリード2軍のカスティージャを指導する」と発表した。
ラウル監督は2019-2020シーズンから3部に所属するカスティージャを率いる予定だ。

1994年にレアル・マドリードでデビューしたラウルは、2009-2010シーズンまでレアル・マドリードだけでプレーした。
レアル・マドリードのユニフォームを着て741試合に出場、323ゴールを記録した。
クリスティアーノ・ロナウドより多くプレーした。

レアル・マドリードのレジェンドであるラウルは、特に久保に大きな関心を見せる見通しだ。
アジア舞台進出を狙うレアル・マドリードは、久保を野心的に獲得した。
18歳の年齢だが久保は120万ユーロ(13億ウォン)の年俸を受ける。

マルカは26日、「レアル・マドリードはアジア市場で優れた選手を探している。その選手がまさに久保」として、「まだ正確に決まったことではないが、彼を1軍でプレーできる選手にすることが最も重要なこと」と報じた。

続けて「久保は来夏に行われる東京オリンピックに出て技量を証明する予定」と伝えた。


スポンサーリンク
楽天





[SWイシュー] イ・ガンインvs久保…歴代級の有望株で熱くなる韓日
スポーツワールド




※一部要約

大韓民国と日本のサッカーのライバル関係が、有望株の対決でさらに熱くなる。

アジアはヨーロッパと南米が強勢のサッカー界で、辺境と評価されている。
だがそのような版図を塗り替える歴代級の有望株が誕生した。
イ・ガンイン(18、バレンシア)と久保建英(18、カスティージャ)がその主人公。
2001年生まれの同年齢であるこの2人は、MFというポジションも同じである。

イ・ガンインは1月に所属チームのバレンシアと1軍契約を結んだ後、今回のFIFA U-20ポーランドワールドカップで大活躍してゴールデンボールを受賞した。
最近は所属チーム内で立場が正常ではないが、オランダやスペインリーグからラブコールを受けるなど、潜在力を認められている。
今後の韓国サッカーを導く才能と評価されている。

日本には久保がいる。
過去にバルサユースを経てきた彼は、J1リーグで爆発的な成長を見せ、最近にスペインの名家レアルの2軍格であるカスティージャのユニフォームを着た。
ほぼ同時期に歴代級の有望株が出てきたため、ライバルの韓国と日本が次世代スターの優劣を巡って舌戦を行っている。

現状だけを見ればイ・ガンインが優位を占めている。
久保が2軍に入った一方、イ・ガンインは1軍として来シーズンを消化する。
話題の移籍の件さえ上手く消化すれば、大きな異変なしに1部リーグの主戦でプレーする可能性が高い。

プロデビューとA代表出場などは、久保がリードしている。
イ・ガンインより2年先にU-20ワールドカップでプレーし、プロの舞台も早くに踏んだ。
最近ではA代表デビュー戦まで行った。

本番はこれからだ。
これまでに積んだものより、今後どう成長するかによって、アジア最高という修飾語を得ることができる。
彼らの成長の勢いは韓国と日本のファンがサッカーを楽しむもう一つの興味に浮上した。




「イ・ガンインは久保よりはるかに良い」スペイン現地でも集中照明
スポTVニュース




※一部要約

コン・オギュンコーチの言葉がスペインまで広がった。
コン・オギュンコーチはイ・ガンインと久保の比較に「イ・ガンインのほうがはるかに良い」と語った。

韓国にイ・ガンインがいるなら、日本には久保建英がいる。
久保は今夏レアル・マドリードBチームに入団し、コパ・アメリカで日本A代表と呼吸して日本現地で大きな期待を集めている。
今後イ・ガンインと久保の対決を期待する分析も盛んにあるだろう。

スペインでも同じである。
スペインメディア"エル・デスマルケ"を含む多数のメディアは「イ・ガンインは久保よりはるかに良い」というコン・オギュンコーチの言葉を伝えた。
メディアは「韓国のコン・オギュンコーチはイ・ガンインのほうがはるかに優れた才能だと評価した」と報じた。

実際にコン・オギュンコーチの言葉である。
コンコーチは20日、U-20ワールドカップ決算記者会見に参加して「イ・ガンインを大会で初めて見たが、久保は見たことがあった。そのときは久保のほうがさらに良いと思ったが、今は考えが変わった。長所がもっと多い。イ・ガンインの技術については言うところがない。本当に素晴らしい」と説明した。
"エル・デスマルケ"も「バレンシア所属のイ・ガンインは準優勝にもかかわらずゴールデンボールを受賞し、久保はレアルと契約した」と明かした。

メディアはイ・ガンインの将来にも大きな関心を見せた。
イ・ガンインはオランダとプリメーラリーガのラブコールを受けている。
PSVアイントホーフェン、アヤックスが完全移籍を交渉テーブルに上げ、セルタやレバンテがレンタルを検討している。
現在は2019-20シーズンの去就についてバレンシアと話をしている。


【関連記事】
U-20韓国代表コーチ「レアルの久保建英よりイ・ガンインのほうがはるかに上手い」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...