大連、チェ・ガンヒ監督更迭?ベニテス監督に招聘オファー
スポーツ東亜




※一部要約

中国スーパーリーグの大連一方を率いているチェ・ガンヒ監督の去就が不安である。

英国公営放送BBCは18日、「大連がニューカッスルの指令塔ラファエル・ベニテス監督に巨額の年俸を提示した」と報じた。
新浪スポーツをはじめとする中国メディアは、すぐにこのニュースを伝えた。
新浪スポーツによると、大連がベニテス監督に提示した金額は1200万ポンド(約177億ウォン)である。

チェ監督は去年末、天津と巨額の契約を結んで中国スーパーリーグに席を移した。
だがシーズン準備の過程で天津が親企業の虚偽広告問題で崩壊し、契約は水の泡となった。
大連が急に3年契約を提示し、チェ監督は中国での挑戦を続けている。

大連はチームの成績不振でチェ監督への信頼が落ちているようだ。
大連は今シーズン、3勝4分け6敗を記録していて、16チーム中11位に留まっている。
新浪スポーツは「ベニテス監督は今夏にニューカッスルと契約が終わるが、再契約に兆しが見られない」として、ベニテス監督の大連赴任の可能性に重きを置いた。


スポンサーリンク
楽天





就任4ヶ月で…チェ・ガンヒもうOUT?
文化日報




※一部要約

チェ監督は冬季練習と選手団の構成がほとんど終わった2月11日に就任した。
チェ監督が自分の戦術戦略をチームに落とし込むのには時間が足りなかった。
さらに外国人選手が揉め事を起こし、組織力にヒビが入った。
ベルギー代表のヤニック・カラスコはヨーロッパの舞台に去りたいと不平を言い、ジンバブエ代表のニャシャ・ムシェクウィは15日の河北チャイナフォーチュンとの試合でDFを荒っぽく押してレッドカードを受けた。
四面楚歌というわけだ。

中国リーグは韓国人指導者の"墓"に例えられる。
チェ・ウンテク元監督は1997年、万年下位チームの延辺現代を4位に導いたが、翌年に成績不振でシーズン後に退いた。
イ・ジャンス元監督は1998年に重慶隆鑫に赴任した後、2000年にFAカップで優勝して"重慶の星"と呼ばれたが、2006年に指揮棒を取った北京国安でクラブと摩擦を醸して更迭された。
キム・ハクボムオリンピック代表監督、チャン・ウェリョン元監督、ホン・ミョンボ大韓サッカー協会専務理事、チェ・ヨンスFCソウル監督らも中国で契約期間を満たせずに帰ってきた。







チェ・ガンヒ更迭説に中国ファン、「クビにせず信じて任せろ」
スポータルコリア




※一部要約

中国ファンの反応は冷ややかだ。
監督交代は正解ではないということである。

ID"祥59388****"を使っているサッカーファンは「根本的な問題は監督じゃない。グアルディオラを連れてきても効果はない。サッカーの発展には時間とルールが必要だ」と言い、「揠苗助長(性急に利益を得ようとすればむしろ損害を被ることになるという意味)して成績が出れば、それはむしろ変ではないか?今シーズンはチェ・ガンヒ監督を信じて任せるべきで、スーパーリーグ残留だけで良い」と主張した。

ID"國足需要****"を使うサッカーファンは「いっそのこと(※ベニテスに払う)その金を青少年の練習に使い、チェ・ガンヒ監督に1年半の時間をさらに与えてこそ、大連サッカーが起き上がる根っこにできる。ベニテスがチェ・ガンヒより良いという保証はない」と監督交代が能ではないとした。

また、多くの中国サッカーファンは「無駄金を使うもの」として、ベニテス監督選任に巨額を支給するのは効果がないと語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...