大邸FC、本田圭佑移籍説…翼の空白を埋められる
チルソンコライフ




※一部要約

最近、所属GKチョ・ヒョヌ選手のドイツ・ブンデスリーガ移籍説に包まれた大邸FCが、今度は外国人選手獲得の噂が出回っている。

噂の主人公はオーストラリアのメルボルン・ビクトリーFCでプレーしている本田圭佑選手だ。
本田圭佑は日本はもちろんオランダやロシア、イタリアなど海外リーグで長年プレーしてきた中堅派選手で、日本代表でも多くの経験を持っている。
去年にメルボルン・ビクトリーへ移籍した彼は、今年5月8日にAFCチャンピオンズリーグF組5次戦を行うため、大邸を訪れたこともある。
この日の試合で大邸FCは、メルボルン・ビクトリーに4対0の大勝をおさめた。

大邸FCの本田圭佑獲得説が膨らんだ理由は、セシーニャとともにチームで重要な役割を果たしてきた翼が、負傷でシーズンを締め切る状況に置かれたためである。
翼は最近の練習中に右膝十字靭帯を破裂する負傷をした。
現在、彼は日本で手術とリハビリの日程を調整中だと伝えられた。

一方、Kリーグの関係者は「翼は今回の負傷で今シーズンを締め切ることになるとみられる」として、「大邸FCとの縁も自然と終了することもあり得る」と語った。
続けて彼は「大邸FCとしては翼の代替のため、本田圭佑獲得のカードを考慮しなければならないだろう」と付け加えた。

本田圭佑の獲得説に、大邸FCファンも興奮を隠せずにいる。

ある大邸FCファンは「本田圭佑が大邸に来るという噂ですでに興奮している」として、「本田圭佑とセシーニャの呼吸も悪くない」として期待感をあらわした。


スポンサーリンク
楽天





"本田圭佑"移籍説が出回った大邸FC「事実無根」
毎日新聞




※一部要約

インターネットコミュニティを中心に、日本サッカー代表であり現カンボジアサッカー代表の総括責任者である本田圭佑を獲得するという噂が広がっている。
大邸FCはこれに対して「事実無根」と釈明した。

17日、あるインターネットメディアが「大邸FC、本田圭佑移籍説…翼の空白を埋められる」というタイトルの記事を上げたのが、"本田獲得説"の発端となった。
この話は先月9日にあった大邸FCとメルボルン・ビクトリーとのACLの試合が、本田圭佑のメルボルンでの最後の試合であったことや、最低1年間活躍する新たなチームを探しているというニュースが、誤って伝わったものとみられる。
さらに大邸FCで重要な役割を果たしてきた翼が負傷で出場が不透明になり、こうしたニュースがさらに信憑性を持つことになった。

ネチズンは「獲得費用が高いはずなのに可能なのか」という反応から、「親韓派なので大邸FCで活躍すれば見ものだ」、「東京オリンピックでプレーしたいから可能じゃないだろうか」という希望的な反応がほとんどだった。

この消息を聞いた大邸FCは"事実無根"と釈明した。
大邸FCの関係者は「インターネットでその内容に触れたが、現在は獲得について何の計画もない状態」として、「当該の内容は事実じゃない」と語った。


【関連記事】
【インタビュー】大邸の専修大出身MF西翼「韓国人は日本人を好まないと…」「Kリーグで最も優れた選手は邦本」
韓国メディア:大邸FCの西翼が練習中に十字靭帯破裂で事実上のシーズンアウト



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...