[インタビュー] "JリーグのGK通算防御率1位"チョン・ソンリョン「ここに満足しない」
スポータルコリア




※一部要約

チョン・ソンリョンがJリーグのGK通算防御率1位に上がる大記録を達成した。

チョン・ソンリョンは26日、大分銀行ドームで行われた2019J1リーグ13ラウンドの試合に先発出場し、チームの1-0の勝利を導いた。
この日に無失点を記録したチョン・ソンリョンは、自分がすでに持っていた0.885の失点率を0.882まで下げ、JリーグのGK通算防御率1位という大記録を達成した。

GK通算防御率はJリーグのアンタッチャブルレコードの一つだ。
これまでの1位記録はオランダ出身のアルノ・ヴァン・ズワムが持っていた。
2000年から2003年までジュビロ磐田で活躍したヴァン・ズワムは、74試合(66失点)に出場して1試合当たり0.885失点を記録した。
16年間破られなかった記録が、チョン・ソンリョンによって再び記された。

2016年に川崎のユニフォームを着たチョン・ソンリョンは、これまで106試合に出場して92失点を記録した。
今シーズンもやはり安定した試合運営とセーブを前面に出し、13試合に出場して8失点しか許さず、0点台の防御率を続けているい。
着実な活躍とともに、チョン・ソンリョンは1試合当たりの通算防御率を0.882まで下げることに成功し、JリーグのGK通算防御率1位という大記録を打ち立てるのに成功した。


スポンサーリンク
楽天





30日に会ったチョン・ソンリョンは「この記録については知らなかったが、記事を見て知った。良い記録を持つことになったようで、満たされた気持ちだ。ここに満足せず、もっと上手くする姿を見せたい。また、川崎では外国人選手なので、もっと上手くやらなければならないという責任感もある。粘り強さを続けられるように最善を尽くす」と所感を明かした。

チョン・ソンリョンの活躍は単に本人だけが輝く活躍ではない。
彼の活躍とともに川崎も毎年笑っている。
1997年にプロへ転向した川崎は、チョン・ソンリョン獲得後から勢いに乗り始めた。
獲得新年に2位を記録したのに続き、2017年と2018年に2年連続で優勝カップを掲げ、チームの歴史を新たに作っている。

特に去年は31試合に出場して27失点で最小失点を記録し、年末に行われた2018Jリーグアウォーズでベスト11のGK賞を受賞したことがある。
外国人GKがJリーグベスト11に名前を上げたのは17年ぶりのことである。
様々な面でJリーグの記録を新たに作っているチョン・ソンリョンだ。

「私が上手くやったのではなく、コーチングスタッフや選手の全員が一つになって毎試合臨んでいるので、これまで良い結果を作ったのだと思う。選手なら常に高いところを目標に置き、毎シーズン、毎試合臨まなければならないと思う。まだ日本で掲げられていない優勝カップが多くある。もっと多くのトロフィーを掲げたい。」

最後にチョン・ソンリョンは「良い記録を持つことになっただけに、維持できるようさらに努力する。毎瞬間、毎試合最善を尽くせば、良い結果が出ると思う。日本で目標にしていたことをすべて成し遂げられるよう、発展する姿をお見せする」と力を込めて語った。

チョン・ソンリョンの川崎は6月1日にホームで浦和レッズと対決する。
最近9試合で無敗(7勝2分け)を記録して上り調子を走っているだけに、ホームでも良い結果を続けるという覚悟である。


【関連記事】
韓国メディア:Jリーグを平定した川崎フロンターレのチョン・ソンリョン「ACL優勝を成し遂げたい」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...