[オフィシャル] "パンダカップの醜態"サッカー協会、公正委を開いて懲戒の有無を決定
スターニュース




※一部要約

大韓サッカー協会がパンダカップ侮辱の醜態について、公正委員会を開いて懲戒の有無を決めると明かした。

大韓サッカー協会は31日、「長らく"尊重"が最高の価値であると選手、指導者、審判および関係者にキャンペーンを展開してきた主体として、今回の状況を深刻に受け入れている」と明かした。

続けて「協会は代表の帰国後に即時、指導者や当該選手との面談を通じて、現場で事件の経緯と一人ひとりの意見を確認した。指導者と選手本人はすべて深く反省している。協会は今回の事件に関して公正委員会を開き、懲戒の有無などを決める予定である。公正委員会は6月中に開催される予定」と付け加えた。

協会は「今回の事件に関して国民に皆様や中国サッカー協会、そして成都サッカー協会に再び頭を下げ、謝罪の言葉を申し上げる。多くの方々の叱責を謙虚に受け入れ、同じことが繰り返されないように万全を期する」と繰り返し謝罪した。





スポンサーリンク
楽天





"セレモニー論難"パク・ギュヒョンは誰?年齢は?ポジションは?論難は?
毎日新聞




※一部要約

サッカー選手のパク・ギュヒョンが31日、ポータルサイトのリアルタイム検索後の上位圏に登場するなどして話題だ。

パク・ギュヒョンは2001年4月14日生まれで満18歳である。
ポジションはDF。
身長181センチ、体重71キロだ。

現在は蔚山現代高所属でプレーしている。
高校1年のときからFW、DFの区別なしに機会が与えられて出場し、2018KリーグU-18チャンピオンシップでは全試合DFとして出場した。

蔚山現代高は当該のKリーグU-18チャンピオンシップで、ソウル五山高を破って優勝した。

パク・ギュヒョンのロールモデルは2002ワールドカップの"レジェンド"ホン・ミョンボ大韓サッカー協会専務理事だと伝えられた。




[公式発表] 蔚山、"トロフィー事件"パク・ギュヒョンに「人間性は問題ない、ただし教育を実施する」
インターフットボール




※一部要約

キム・ジョンス監督が率いる韓国U-18代表は中国成都で行われた"2019パンダカップ"に出場し、3戦全勝で優勝した。

だが29日、優勝セレモニーをする過程で主将のパク・ギュヒョンが、トロフィーを踏むような行動をして中国メディアの公憤を買った。
事態が深刻化すると、30日明け方にキム・ジョンス監督をはじめとする代表者が組織委員会に謝罪し、選手団全員が率先して頭を下げた。

選手団は31日、仁川空港から帰国した。
同日にパク・ギュヒョンの所属チームである蔚山が、報道資料を通じてパク・ギュヒョンに対する保護を依頼した。





蔚山は傘下チームでプレーしているパク・ギュヒョンについて「パク・ギュヒョン選手の不適切なポーズは、優勝の喜びを表現するにあたり、海外リーグの有名選手のSNSなどを見て、することになったのではないかと推察する」として、「パク・ギュヒョン選手は蔚山現代U-18所属で、普段は明るく朗らかで、チーム内でもムードメーカーであり、人間性に対する部分が問題になったことはなかった。ただし、茶目っ気があってマナーを守れなかったのではないかという惜しさがある」と付け加えた。

続けて蔚山は「今回の失敗が本人と私たちの学生選手にとって、尊重やマナーを再び学べる機会になるようにする。また、子供たちに対して心理相談も併行し、子供が傷心したり萎縮しないようにして、文化的な差を理解するように教育しようとする。私たちが自ら萎縮させたり、子供たちが傷つくことのないよう、保護してくださることをお願いする」と依頼した。


【関連記事】
韓国メディア:中国主催の国際大会で韓国U-18代表が優勝トロフィーを侮辱→中国非難で公開謝罪



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...