今度もGKのミス…タイに敗れた開催国中国、相変わらず最下位
ベストイレブン




※一部要約

ホストとして出た中国サッカーが、ホームで辱めを受けた。

中国U-18サッカー代表は27日、中国成都で行われた2019パンダカップ・インターナショナルトーナメント大会で、タイU-18代表に0-2で敗れた。
これで中国は2日前にニュージーランドに0-2で敗れたのに続き、無得点の2連敗をおさめて4ヶ国中で最下位の席を維持した。

ディフェンディングチャンピオンでもある中国は29日夜7時、韓国との最終戦を控えている。(※3-0で韓国勝利)
だが韓国は2連勝をおさめて単独首位を走っているアジアの強豪だ。
韓国は開幕戦でタイを2-1で下したのに続き、ニュージーランドを4-0で大破して早期に優勝を確定させた。

一方、2014年に始まったパンダカップは今年で6回目の小規模トーナメントで、25日から29日までの4泊5日で中国成都で行われている。
以前とは違って今年はU-18レベルで行われている。
前の大会ではU-19代表が参加していた。
前の大会では中国が優勝した。


スポンサーリンク
楽天





「大会への深刻な侮辱」…U-18サッカー代表、最終的に公開謝罪
スポーツ韓国




※一部要約

韓国U-18サッカー代表が中国成都で行われた2019パンダカップ優勝の直後、優勝トロフィーを侮辱する行動を取り、現地で大きな論難を醸した。
代表は最終的に集団で頭を下げて公開謝罪した。

キム・ジョンス監督が率いるU-18サッカー代表は中国成都で行われたパンダカップで頂点に上がった。
この大会は韓国や中国、タイ、ニュージーランドが参加した大会で、韓国は3戦全勝で大会優勝した。

問題は優勝が確定した直後に起きた。
ある選手が優勝トロフィーに足を上げている写真が現地メディアで公開された。
新浪スポーツなど現地メディアは、この写真が公開されると「優勝トロフィーを侮辱した」として、韓国代表を猛非難しだした。

新浪スポーツは「韓国選手が優勝トロフィーを嘲笑うなど、侮辱する行動をした」として、「現場にいた人々によると、トロフィーに小便をするフリをした選手もいた」と報じた。

大会組織委員会は「優勝トロフィーは中国サッカー協会の博物館に展示される予定だった」として、「選手のこのような行動はパンダカップへの深刻な侮辱である。絶対に公開謝罪しなければならない事案」と反発した。

最終的に選手団は個別に用意された場所で、集団で公開謝罪した。
選手団は「大きな過ちを犯した。すべtねおファンと選手に改めて謝罪する」と頭を下げた。
映像は懂球帝などの現地メディアで公開された。

一方、パンダカップは2014年から毎年、中国成都で行われている青少年代表の国際大会である。
韓国は今大会にキム・ジョンス監督の指揮の下、2001年生まれの選手が出場した。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...