ク・ジャチョル、アウクスブルクを去る
NEWSIS




※一部要約

ク・ジャチョルがドイツ・ブンデスリーガのアウクスブルクと決別するものとみられる。

ドイツ・キッカー紙は21日、ク・ジャチョルとアウクスブルクの交渉が決裂したと明かした。

アウクスブルクだけで5年6ヶ月プレーしたク・ジャチョルは、今夏に契約が満了する。
アウクスブルクはク・ジャチョルを引き止める計画だったが、選手がそれを受け入れなかった。
ク・ジャチョルはドイツはもちろん、中国や日本などのアジア圏からもオファーを受けたことがわかった。

ク・ジャチョルはヴォルフスブルク所属だった2012年1月に、レンタルでアウクスブルクのユニフォームを着た。
2015年8月には500万ユーロ(約67億ウォン)という、当時のチーム最高の移籍金を打ち立ててマインツに移籍した。
馴染みのアウクスブルクで選手生活を続けることもできたが、ク・ジャチョルは新たな挑戦を選んだ。

キッカーは「マルティン・シュミット監督は1ヶ月前に再契約を望んだが、チ・ドンウォンやコスタス・スタフィリディス、ク・ジャチョルが去る。今夏はチームに大きな変化があるだろう」と予想した。


スポンサーリンク
楽天





アウクスを去るク・ジャチョル、ヨーロッパ内の移籍推進…「日本行きは事実じゃない」
スポータルコリア




※一部要約

アウクスブルクとの同行を終えたク・ジャチョルが、ヨーロッパ内の移籍を推進する。

ク・ジャチョルのエージェントであるウォルスポーツのリュ・テクヒョン常務理事は21日、"スポータルコリア"との電話で「ヨーロッパ内の移籍を最優先に考慮している」と明かした。

ク・ジャチョルはレンタルの身分で2011/2012、2012/2013シーズンにアウクスブルクで活躍した。
続けて2015/2016シーズンから今シーズンまでの4シーズンをアウクスブルクでプレーした。
そして彼は今シーズンを最後にアウクスブルクとの契約が満了した。

アウクスブルクはレンタル時代を含めて合計5年6ヶ月をともにしたク・ジャチョルに、6ヶ月前から3年の延長契約にチーム内最高年俸を保障した。
マルティン・シュミット監督をはじめとして、団長などのクラブ首脳部もク・ジャチョルとずっとともにすることを勧めた。

しかしク・ジャチョルは再契約の代わりに移籍を選んだ。
リュ・テクヒョン常務は「ク・ジャチョルが停滞しているようなので、別の挑戦をすると選択した」と説明した。

だが日本Jリーグ行きは事実ではないと語った。
ドイツ"キッカー"は「ク・ジャチョルは日本や中国など、アジアの様々なチームのオファーを受けた」と報じた。
日本"フットボールチャンネル"もそれを引用し、ク・ジャチョルのJリーグ移籍を予想した。

リュ・テクヒョン常務は「日本から問い合わせは来たが、検討したことはない。事実じゃない」と語った。
そしてドイツを中心にク・ジャチョルの新たなチームを探す計画だと語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...