[Kリーグ1現場レビュー] ペシッチ5~6号ゴール+アリバエフデビューゴール爆発のソウル2連勝、尚州に3-1の完勝
スポーツ朝鮮




※一部要約

FCソウルが外国人選手のペシッチとアリバエフの大活躍で2連勝を走った。
ゴールゲッターのペシッチ(セルビア出身)は5~6号連続ゴールで得点首位に上がった。
ウズベキスタン代表のアリバエフはKリーグデビューゴールでチームの勝利を導いた

ソウルは19日、尚州市民運動場で行われた尚州尚武とのKリーグ1・12ラウンド遠征試合に3対1で勝利した。
ソウルは勝ち点24で3位を走った。
尚州は勝ちて17で7位。





スポンサーリンク
楽天





"6ゴール得点首位"ソウルのペシッチ、「難しいKリーグ、フランスと似ている」
スポーツ東亜




※一部要約

ソウルのチェ・ヨンス監督と尚州のキム・テワン監督は「外国人FWが差を作った」と口を揃えた。


─試合の所感は?

難しい試合を予想していた。
尚州のパスサッカーを念頭に置き、しっかり準備した。
勝ち点3を確保することになったのは肯定的だ。


─2ゴールも決めて得点首位になった。

得点首位はまだ重要じゃない。
2ゴールを決めてもチームが負ければ良くない結果だ。


─得点王挑戦への欲はないのか?

誰もが多くのゴールを望んでいる。
常に100%の実力で臨むという覚悟でプレーしている。


─Kリーグへの印象は?

Kリーグは本当に容易ではない。
良い選手も多く、4~5チームくらいの優れたチームがある。
それでも私たちが今の流れを維持すれば、間違いなく良い成果を出せるだろう。


─どの相手が最も強かったか。

最も大変だった相手は全北現代だった。
あの試合で私は本当にたくさん走った。
質的に最も優れたチームは蔚山現代である。
その次がソウルだ。


─色んなリーグを経験したが、全北や蔚山などの実力はどうなのか。

イタリアは戦術と技術を強調する。
フランスがKリーグと最も似ている。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...