"バルサDNA"チャン・ギョルヒ、Kリーグ1デビューのため予熱中
フットボールリスト




※一部要約

去年、浦項スティーラーズに入団したチャン・ギョルヒが1軍デビューに向けて力強い予熱をしている。
まだ補完すべき点は多いが、目標に向けて大きな汗を流している。

チャン・ギョルヒは去年9月、前任のチェ・スンホ監督体制で浦項に入団した。
スペインの名門バルセロナユース出身で、ギリシャのアステラス・トリポリスFCを経て自由契約で浦項に戻った。

昨シーズンは入団の時期が遅れ、選手登録の関係で練習とクラブ独自の練習試合だけを消化した。
だが今シーズンは違う。
正式登録をして、R(※リザーブ)リーグの出場を通じて羽ばたくのを待っている状況だ。

長い間待つことが続いているが、チャン・ギョルヒは我慢強い。
23日に開催された大邸FCとのRリーグ3ラウンドの試合に交代出場し、気持ちの良い得点砲も稼働した。

無論、チャン・ギョルヒに対するコーチングスタッフの立場は、もう少し練習が必要だというものである。
基本テクニックは良いが、Kリーグの舞台で活躍できるだけの体力など、様々な部分で補完が必要だという視線だ。


スポンサーリンク
楽天





キム・ギドン監督は最近、「チャン・ギョルヒは適応段階を経ている」として、地道な練習を通じて飛翔を助けるという立場を明かした。
チャン・ギョルヒもやはり、悲壮さと切実さを同時に持って練習に臨んでいることがわかった。

一方、チャン・ギョルヒは2011年に浦項U-15ユースチームの浦項製鉄中学所属で浦項と最初の縁を結んだ。
バルセロナではユースシステムで、プロチームの下部段階の中で最も高い年代のチームであるフベニールAに2017年上半期まで身を置いていた。



バルサユースは3人とも大成できなかった
イ・スンウはセリエ2部でも攻撃ポイントすら上げられず
ペク・スンホはジローナで先発でも出られないうえ
チャン・ギョルヒはKリーグの1軍にすら上がれないとは…



┗成功の基準がバルセロナのせいで上がってしまったのであって
 サッカー選手としては同年代と比べて成功しているのに
 ふふふ
 サッカー選手はプロになることが本当にすごく難しいのに


┗こういう有望株だけで全世界に数百人いるのに
 最初から持ち上げるのがおかしいのだろう


┗ペク・スンホはまだジローナの1軍エントリーにも入ってない…
 年齢が23歳なのに


┗ペク・スンホは来年から本格的に出てくるだろう


┗イ・スンウとペク・スンホは(※チャン・ギョルヒとは)ちょっと違うだろう
 イタリアやスペインのリーグに所属していれば
 少しずつ出場してプレーするのは簡単じゃない


┗ペク・スンホは出ることすらできなくて
 イ・スンウは不動の主戦だが攻撃ポイントがあまりにもない
 チャン・ギョルヒは滅んだ


┗代表にも選ばれた選手が成功できてないのなら…
 ここで成功した人生の人間が一人でもいるの疑問


┗成功の基準がソン・フンミンならそれはいないだろうけど
 同年齢のときにKリーグでプレーしていた選手よりは
 はるかに成功している選手だと思う


┗いや…まだ年齢が23歳にもなってない子供で
 まだ十分に上がれるのにもう滅んだって


┗まだ成功か失敗かを問うには若くないか?(笑)


┗結局はハンブルクユースシステム>>>>>>バルサユースシステム



バルサの3人は…
率直にバルサユース出身でなければKリーグにも進出できなかっただろう…



┗率直にイ・スンウと同い年の韓国選手でイ・スンウより確実に良い選手は誰?
 具体的に何人か言ってくれ


┗第2のメッシ、2軍の記録をすべて塗り替えたのがボージャン
 有望株は有望株でしかないと見るべきだろう


┗はい結論は2部リーグで2シーズン2ゴールのスンウ
 果たして6月に(※代表に)選ばれるだろうか?
 ふふふふふ



FCソウルのレアル出身キム・ウホンは何してるんだ?


┗キム・ウホンは確かなキャリアがない…


┗チェ・ヨンス監督が育てなければならない


┗FCソウルの2軍メンバー
 Rリーグ所属



チャン・ギョルヒは2軍でプレーしてたんだな
出られないものと思っていたが
熱心にやろう



バルサの3人…結局こうなったか…
ヨーロッパの舞台の壁は高い


┗懲戒期間に久保が日本に復帰したように
 韓国に来てプレーする必要があった
 2年の空白はあまりに大きい



そもそもビザの問題で3人衆はどれだけの時期プレーできなかったのか…
そのせいでフォームが落ちたのが本当に大きかったと思う…
すごく残念だ



バルサがすごいのであってバルサユースまですごいのではない
ネームバリューに酔って期待が大きすぎたのだ



┗バルサユースに入団するため数多くのライバルを退けて入団し
 競争をしただけでもとてつもない経験でありすごいことなのだ
 成人の舞台でどうするかはまた別の観点である



バルサ、ヨーロッパの経験は無視できない底力だ
Kリーグはフィジカル的でありスピード、テンポも早いので
Kリーグで主戦級に成長すれば代表級になれると思う



それじゃあイ・ガンインもわからないということだね



イ・スンウはフィジカルのせいで限界が明らかに見えたし
ペク・スンホだけが残ったな
ペク・スンホはそれでも上手く育っているようだ



これから海外ユースで成長する数多くの韓国の有望株は
バルサ三銃士の没落を反面教師にするように
それだけでも十分価値がある
それ以上の価値は期待しないほうが良い



情報)チャン・ギョルヒはフベニールAではベンチの境遇であり
ギリシャの降格圏チームでも1軍デビューできずに
年代別チームでローテーションメンバーだった



ソン・フンミンの成功とバルサの3人の失敗を見ると
やはり最大の原因は"フィジカル"のようだ
フィジカルの格差が注目されないユース時代なら東洋人でも競技力を発揮できるが
その時期が過ぎて誰もが平均レベルのテクニックを得ている成人レベルに至れば
フィジカルの差はメッシ級の才能がなければ克服できない一種の壁になる
これはどのスポーツでも同じだ
A級選手はフィジカルが優れている
S級選手はフィジカルを凌駕する才能がある




ファイティン!



バルサ3人衆は最も成長しなければならない時期に
1年をフイにしたのが本当に大きかった



メディアが問題なのだ
バルサユース?
ふふふ



イ・ガンインは本物だ



バルサ3人衆の中で最もダメになったケース…
それでも応援してる



イ・スンウとチャン・ギョルヒは残念ながらバブルが多い



無分別な海外進出の弊害



率直に3人の中で一番期待値が低かった



Kリーグデビューした瞬間、(※肩書がバルサから)Kリーガーに変身する



諦めずにもっと努力すれば結果は出る
運動の汗は嘘をつかない



今年中にデビューするのは難しいね



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...