[オフィシャル] チョン・モンギュ、FIFA評議会委員の再選に失敗…韓国サッカー外交の危機
スポーツソウル




※一部要約

チョン・モンギュ大韓サッカー協会会長が、ッファイ評議会委員の再戦に失敗した。

AFCは6日、マレーシア・クアラルンプールで総会を開き、任期4年のFIFA評議会委員のアジア(男性)を担う5人を選んだ。
2017年に無血入城で2年任期のFIFA評議会委員職に当選したチョン会長は再戦に挑戦したが、8人の候補者のうち1人が辞退して7人に減った状況にもかかわらず、上位5人以内に入ることができなかった。

チョン会長はアジア5地域から1人ずつ選ぶAFC副会長職でも落選した。
モンゴルの候補との票対決で押された。

チョン会長の落選により、韓国サッカーは外構で大きな問題を経験する見通しだ。
チョン会長は二度の挑戦の末に2年前に評議会委員に当選し、チョン・モンジュン前大韓サッカー協会名誉会長が2011年にFIFA副会長から落選して失った韓国外交の立地を回復させたが、今回再び苦杯をなめた。





スポンサーリンク
楽天





[現場インタビュー] AFC選挙惨敗のチョン・モンギュ会長「AFCの中東独占に反対の声を上げて落選した。続ける」
スポーツ朝鮮




※一部要約

AFC選挙で落選したチョン・モンギュ大韓サッカー協会会長は8日、"韓国サッカー政策報告会"に参加した後で記者と会い、「AFCを中東が独占している。私は今回、それに反対する声を上げた。それが今回の選挙で落選した理由だろう。今後、再び韓国サッカーの外交力を発揮するときが来るだろう」として、「私たちが推進してきた国際大会の誘致に支障をきたさないように努める。女子ワールドカップの南北共催などは続けて推進する」と語った。

今回の選挙に先立ち、サッカー協会内部の雰囲気は、過去2年間でチョン・モンギュ会長がアジアサッカーのために熱心に努力してきたので、安心はできないが再任の可能性は高いほうだとしていた。
ところが選挙の蓋を開けてみた結果は、予想外の正反対だった。
チョン会長はFIFAとAFCで声を上げる肩書を失った。
大韓サッカー協会会長の資格で大韓民国サッカーを代表することだけが残っている。
今回の選挙結果で次の選挙のときまで、今後4年間我が国は世界サッカーの舞台で外交を繰り広げる立地が減った。




AFC選挙で惨敗した大韓サッカー協会、妥協と所信の"ジレンマ"
聯合ニュース




※一部要約

2022年のワールドカップを開催するカタールを中心に、中東勢力がAFCを掌握している状況で、チョン会長がいわゆる"カタールカルテル"と距離を置いたため起きたという分析も出ている。
"妥協と所信"のジレンマで、所信を選択した結果だということである。

AP通信は「最近のアジアサッカーの政治的力学の関係で、サウジアラビア側に立ったチョン・モンギュ大韓サッカー協会会長が再選に失敗した」として、「チョン会長はAFCに、カタールの候補の選挙戦術に抗議したりもした」と伝えた。

チョン会長とFIFA評議会委員選挙で争ったフィリピンのマリアーノ・アラネタ・ジュニアが、カタール側の提供した専用機に乗って他の国々を訪問して選挙運動をしていたことがわかった。

サウジアラビアやUAEなどは2017年6月から、カタールの親イラン政策とテロ組織支援を口実に、カタールと断交している。

そのため今回のAFC選挙は、カタールを中心にした中東勢力とそれに同調する西南アジア圏の国に対抗し、サウジアラビアやUAE・韓国らの対決の構図で繰り広げられた。
結局サウジアラビア、UAE、韓国はどの席も獲得できなかった。

サッカー協会の内部事情に詳しい関係者は「当初、選挙を前にサッカー協会内部でも、FIFA評議会委員とFIFA副会長職のため、"カタールカルテル"と妥協すべきかについて苦心していたことがわかっている」として、「だがチョン会長は違った」と語った。

「中国サッカー協会は国家的次元でAFC内の影響力をつけなければならないだけに、"カタールカルテル"の側に立ったようだ」として、「日本サッカー協会もあえて中東勢力とトラブルを起こす必要はない状況」と説明した。




"チョン・モンギュ落選"韓国サッカー、国際外交行政に赤信号
スポーツ東亜




※一部要約

長年のライバル日本や最近強大な資金力を背にしている中国、そして2022年のワールドカップを開催するカタールの候補にFIFA評議会委員職が渡ったことまでは理解できるが、これまで第3世界に近かったインドやフィリピンの候補も締め出せなかった状況は本当に深刻である。
FIFAはともかく、アジアでもまったく力を出せないという反証であるからだ。

実際、AFC内部では大陸全体のサッカー発展のための投資や大会の誘致には消極的なのに、高位の肩書などの甘い果実を貰おうとする韓国への視線が好意的ではないという噂である。
最近の韓国はアジアカップや女子アジアカップ、主要な年代別アジア圏の大会に消極的だった。
AFC公式スポンサーや後援でも韓国企業はいない。
FIFAでも韓国の力は微小である。
着実に本戦進出する実力とは違い、ワールドカップの審判や大会パートナーは見つけることができない。
チケットパワーも非常に低調だ。
資金力、熱気も足りないが、外交力まで落第点である。

多くのサッカー人は「悲しいが(チョン会長の落選は)私たちの現住所だ。明確なビジョンも目標もない。このままだとチョン会長は次期協会会長選も断言できないだろう」と指摘した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...