[オフィシャル] 賞罰委の結果…"ファン・ギョアンのサッカー場遊説"慶南、制裁金2000万ウォンの懲戒
スポータルコリア




※一部要約

慶南FCが制裁金2000万ウォンの懲戒を受けた。

ファン・ギョアン代表とカン・ギユン候補を含めた自由韓国党の選挙運動員は、先月30日に昌原サッカーセンターで行われたKリーグ1・4ラウンドの慶南-大邸FC戦を訪れ、4.3補欠選挙の遊説を繰り広げた。
競技場の外ではなく中まで入ってきて選挙運動を行ったことが問題となった。

2日に行われた賞罰委員会で、慶南の懲戒が決定した。
午前10時から行われた賞罰委員会は、チョ・ナムドン(委員長、弁護士)、ホ・ジョンム(連盟副総裁)、オ・セグォン(大韓サッカー協会賞罰委員)、ユン・ヨンギル(教授)、ホン・ウナ(教授)、キム・カラム(弁護士)らが参加し、長時間にわたって討議を進めた。
賞罰委員のうちイ・ジュンジェ弁護士だけが参加しなかった。

連盟の定款第5条"政治的中立および差別の禁止"によると、"連盟は行政および事業を遂行するにあたって政治的中立を守る"とされている。
これを破ればホームのクラブは10点以上の勝ち点削減、あるいは無観客でのホーム試合進行、第3地域でのホーム試合開催、2000万ウォン以上の制裁金、警告などの懲戒を受けることになる。

賞罰委員会の結果、慶南は制裁金2000万ウォンの懲戒を受けることになった。
連盟は午後3時頃に行われた公式ブリーフィングで「クラブが政治的中立の義務を直接的、積極的に違反した事案ではないという点などを考慮し、勝ち点減点や無観客試合などの重い懲戒ではなく制裁金2000万ウォンの懲戒に決めた」と明かした。





スポンサーリンク
楽天





慶南FC「制裁金の懲戒、深い遺憾…経済的損失の責任を要求」
MKスポーツ




※一部要約

慶南は「賞罰委員会から2000万ウォンの制裁金賦課の懲戒を受けることになり深い遺憾を表する」と伝えた。

続けて「今回の競技場内での選挙活動違反の事項について、ファン代表および候補者、そして随行員は規定をよく知らなかったとしているが、試合当日の午後3時30分頃に自由韓国党の随行員が警備員代表に競技場内での選挙関連規定を事前に質問したことがあり、それに対して警備員代表はチケット購入を原則として政党、記号名の露出は不可だと告知したことがある」と説明した。

慶南は「政党の代表および候補者に、慶南FCの名誉失墜に対する道民とファンへの公式謝罪を要請しているところで、今回の懲戒によって慶南FCが抱えることになった経済的損失について、責任ある措置を取るよう望む。でなければあらゆる法的措置を取るだろう」と強硬な立場を明かした。

続けて「慶南は今回の懲戒で350万の道民とファンに大きな失望を抱かせたことについて深い謝罪の言葉を申し上げ、今後の再発防止のためにセキュリティの強化策を用意するなどの最善を尽くし、道民の皆様の声援に報いることをお約束する」と付け加えた。




ファン・ギョアン「慶南FCの制裁金2000万ウォンの懲戒は残念だ…道民に恐縮」
聯合ニュース




※一部要約

自由韓国党のファン・ギョアンは2日、サッカー競技場内での選挙遊説で慶南FCが制裁金2000万ウォンの懲戒を受けたことについて「残念に思うし慶南FCと多くのサッカーファン、道民に恐縮する」と明かした。

ファン代表は4・3昌原城山補欠選挙を前日にしたこの日、退勤遊説の前に記者と会ってこのように明かし、「選挙法だけでなく初版の規定を入念に調べ、こうしたことが再発しないように最善を尽くす」と付け加えた。

彼は「重い懲戒ではなかったが、罰金の制裁が再考されてほしいと思い、そのために努める」と約束した。

ファン代表は「これを機に慶南のスポーツ発展、特にサッカーの発展に大きな努力と支援をする」と立場を整理した。

ファン代表は今日発表された報道機関の大統領候補支持率世論調査で1位になったことについて、「国民の中にしっかり入る。国民が自由韓国党を愛し、信頼する政党になるよう、さらに努力する。謙虚に国民の心を尊重する政治家になるべく、一層の努力をする」と答えた。


【関連記事】
【Kリーグ】韓国メディア:慶南FCが勝ち点10剥奪の危機…競技場内で選挙運動を強行される
【Kリーグ】韓国ネチズン反応:競技場内で選挙運動をした自由韓国党「選挙法上の問題はない」…クラブは謝罪を要求



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...