チャン・ヒョンスら兵役特例要員8人、捜査を受ける
デイリアン




※一部要約

奉仕活動時間を偽って提出して物議を醸したチャン・ヒョンス(28・FC東京)ら、兵役特例の恩恵を受けた芸術および体育要員が捜査を受ける方針である。

国会国防委員会所属のキム・ビョンギ議員(共に民主党)は24日、芸術および体育要員84人のうち47人の奉仕活動実績に問題があるという事実を確認したと発表した。

特に彼らのうち、チャン・ヒョンスら虚偽提出による取り消しの実績時間が24時間以上の8人については、文化体育観光部と兵務庁の主管の下で捜査するという方針だ。


スポンサーリンク
楽天





[単独] 文体部、チャン・ヒョンスら軍免除の芸術・体育要員8人の捜査を依頼
世界日報




※一部要約

文体部は彼らのうち8人に対して刑法上の捜査を依頼することにした。
8人は奉仕活動を偽って提出した時間が24時間以上の要員である。

国際大会で一定以上の成績を上げた芸術・体育人は、軍服務に代わって基礎軍事訓練を受けた後、2年10ヶ月以内に特技を活かした奉仕活動544時間を実施しなければならない。
だが去年の国政監査で、チャン・ヒョンスら一部の要員が奉仕活動時間を操作した事実が伝えられ、論難が起きた。
過ちを認めたチャン・ヒョンスは代表から永久除名された。

このようにして社会的に波紋が大きくなると、政府は芸術・体育要員の服務制度を全面的に再検討することにした。
芸術・体育要員の服務制度を全面廃止する案とともに、存続を前提とした制度の改善案が並行議論されている。
すでに芸術・体育要員に編入された要員に対しては、奉仕実績の事後に認めるよう、事前承認および事後検証する方法に変わる。
写真など奉仕活動の証明および移動距離の証明資料の提出も義務化される。
そのためサッカーのソン・フンミンやイ・スンウ、野球のオ・ジファンら去年のアジア大会で金メダルを取った体育要員は、より厳格な基準が適用される。

キム議員は「一部では現行の芸術・体育要員の服務制度はそのまま維持した状態で、奉仕活動の管理だけを強化しようと主張しているが、すでに制度全般で無数の問題点が露呈しているだけに、一般将兵と国民が納得できるように制度を全面的に改善しなければならない」と指摘した。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:兵役特例の奉仕活動を偽って報告したFC東京のチャン・ヒョンス「深く反省して自粛」
韓国ネチズン反応:大韓サッカー協会がFC東京のチャン・ヒョンスに代表資格永久剥奪と歴代最高3000万ウォンの罰金



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...