[スポーツタイム現場] "3年前はJ2だったのに"…ク・ソンユン-キム・ミンテが作る"札幌の歴史"
スポTVニュース




※一部要約

J1で恐ろしい勢いを見せているコンサドーレ札幌は、わずか3年前まで日本Jリーグ2部のチームだった。
だが2人の韓国人選手が札幌の歴史を変えている。
札幌は2017シーズンにJ1リーグ11位、2018シーズンには1部リーグを4位で終えた。
2019シーズンはまだリーグ3ラウンドまでしか行っていないが、9日基準でJリーグ2位に上がった。
"Jリーグの伝統的強豪"浦和レッズでの遠征に2-0で完勝し、続くホーム試合で清水エスパルスを5-2で圧倒した。

コンサドーレ札幌は9日午後2時、日本北海道の札幌にある札幌ドームで、2019シーズンJリーグ3ラウンドの清水エスパルスとの試合を行った。
札幌の守門将ク・ソンユンが先発出場した。
DFキム・ミンテは後半32分に交代出場し、追加時間まで17分プレーした。
札幌はホームで、攻撃的サッカーによって5-2の大勝を手にした。
順位だけでなく競技力でも好評を受けている。

札幌が今のチームに変わったのは、監督交代が最も功を奏したという評価だ。
2016シーズンに2部にいた札幌を昇格させ、2017シーズンにJ1・11位で1部リーグに残留させた四方田修平監督をコーチに下ろす破格的な人事を実行した。
浦和レッズを長らく導いていたミハイロ・ペトロビッチ(愛称ミシャ)監督を選任した。
札幌の社長が直接ミシャ監督を訪れて監督職をオファーし、四方田修平監督には了承を求めた。





スポンサーリンク
楽天





これまでの札幌は、下がってカウンターをする典型的な"守備サッカー"をしていた。
だが攻撃的3バックのサッカー哲学を前面に出したミシャ監督は、"前へ攻撃"を叫んだ。
GKからのビルドアップを強調するサッカーで、3バックのうち左と右のCBまで積極的に出る攻撃サッカーだった。
札幌は2018シーズンのJリーグ1を4位で終えた。
勝ち点が1足りずにACL出場権を取れなかったほど、変わったチームとなった。

好セーブ能力ですでにJリーグ最高レベルと評価されるク・ソンユンは「ミシャ監督が"現代サッカーでGKはセーブだけがすべてではない。11人目のフィールドプレーヤーだ"という言葉をかなりされました。GKも常にビルドアップに参加しなければならないと強調しました」とミシャ監督の"サッカー哲学"を説明した。







浦和戦でもGKから始まったビルドアップによる攻撃サッカーで2-0の完勝をおさめ、ホームで行われた清水戦でもGKから始まるビルドアップを基にした攻撃戦術で相手を壊した。

後半に交代投入されたDFキム・ミンテは「ひとまずチームがリーグ3試合を行いました。初戦は負けたが2連勝しました。勝つことも重要だが、良い競技力でした。チームの雰囲気が本当に良いです」として、「今は監督の下で優れたサッカーを学んでいて、監督が望むサッカーは本当に私が好きなサッカーです。成績も出ています。私が成長しているのも感じています。監督の下で上手くやりたいという考えだけです」と、ミシャ監督が個人と選手団に肯定的な影響を与えているという事実を認めた。

24年間札幌のサッカーを見守ってきたというヨコヤマ・カズユキさんは「(ミシャ監督の札幌サッカーは)ディフェンスよりはオフェンスです。これまでのコンサドーレのコンセプトは、ディフェンスしてからカウンターでしたが。今はずっとオフェンスです。一度やられれば何倍も相手を叩いてしまうのが今の札幌のサッカーです」と、変わった札幌サッカーに笑みを浮かべた。

札幌はJ1・18チームのうち15~16番目の予算のチームだという。
今のように変わったサッカーができるのは、ミシャ監督の一貫した哲学とともに、"韓国人傭兵"ク・ソンユンとキム・ミンテの役割も大きかった。

ク・ソンユンは2016シーズンのJ2リーグ34試合中33景気(競技)を出場し、22失点で1試合あたりで最低失点率(0.67)を記録した。
J2ベストイレブンに入った。
札幌が1部リーグに昇格した2017シーズンに33試合、2018シーズンに34試合で全試合プレーした核心選手だ。
すでに基本的な好セーブ能力はJリーグで最上級選手と評価されているが、2018シーズンに就任したペトロビッチ監督の練習の下、ビルドアップまでするGKに進化し、なくてはならない選手に成長した。

キム・ミンテもやはり2017シーズンに札幌に合流して以降、スピードに優れ縦パスが良いという長所を活かして、ペトロビッチ監督の中心選手に成長した。
2018シーズンは負傷や退場の余波などで抜けた試合を除き、リーグ26試合をプレーしてチームの4位躍進に力を加えた。

2人の韓国人が遠い地の北海道札幌で、札幌サッカーの歴史を作る一助となっている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...