ファン・ウィジョ、日本Jリーグでシーズン初ゴール…アシストまで大活躍
聯合ニュース




※一部要約

ファン・ウィジョが日本プロサッカーJリーグでシーズン初ゴールを爆発させた。

ファン・ウィジョは2日、日本静岡県清水のIAIスタジアム日本平で行われた清水エスパルスとの2019Jリーグ2ラウンド遠征試合で、後半28分に追加ゴールを炸裂させてチームの4-2の勝利に貢献した。

彼は後半13分にアデミウソンが記録したチームの2点目をアシストし、1ゴール1アシストの大活躍を繰り広げた。

DFキム・ヨングォンとオ・ジェソクも先発出場し、ガンバ大阪の勝利に力を加えた。

清水からはDFファン・ソッコが先発で出たし、北韓代表出身FWチョン・テセも後半に交代投入された。


スポンサーリンク
楽天





ファン・ウィジョ、バイアウトある・・・中国のオファー拒絶、夏にヨーロッパ挑戦
スポTVニュース




※一部要約

横浜Fマリノスとの開幕戦で足の甲を怪我したファン・ウィジョは、攻撃ポイントを上げられずにチームの敗北を眺めたが、2試合目で真価を発揮した。

ガンバは当初、2019年の夏までファン・ウィジョと2年契約を結んでいた。
兵役特例を受けた場合に2年延長できるオプションがあった。
ガンバはこのオプションを行使した。
新契約とともにファン・ウィジョの年俸も大きく上がった。

ファン・ウィジョは今回の契約でも、適正水準のバイアウト条項を維持した。
日本の移籍市場に詳しい関係者は「ファン・ウィジョはヨーロッパのチームが支払える程度の水準のバイアウト金額を設定した。夏の移籍市場を通じてヨーロッパ進出を打診することができる」と伝えた。

ファン・ウィジョは2018シーズンにJ1リーグ27試合で16ゴールを決めた。
全体34試合で21ゴールを記録して全盛期を開いた。
2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会の7試合で9ゴールを決め、得点王を取った。
2019年10月から1月の2019UAEアジアカップの舞台まで、Aマッチで5ゴールを追加した。

ファン・ウィジョは2018年12月と2019年1月の移籍市場の期間にドイツ・ブンデスリーガや西アジア、中国から関心を送られた。
西アジアのクラブと中国スーパーリーグのクラブのオファーは規模が大きかった。

ファン・ウィジョ側の関係者は「バイアウト条項に合った移籍金を提示したチームがあったが、ヨーロッパではないので断った」と語った。
ガンバで上がった年俸も高い水準である。
それ以上の巨額年俸を提示したが、夏の移籍市場でヨーロッパ進出を模索するために考慮しなかった。

ファン・ウィジョはガンバで上り調子を継続し、選手団の構成が本格的に行われる夏の移籍市場で本格的にヨーロッパ進出を模索する予定だ。
日本の移籍市場に詳しい関係者は「ガンバもファン・ウィジョが夏にヨーロッパへ行きたがっているのを知っている。ファン・ウィジョが去った場合の、代わりのFWを探し始めた状況」と語った。


【関連記事】
韓国メディア:ガンバ大阪FWファン・ウィジョに独ハノーファーが具体的な関心…西アジアや中国も巨額オファー
韓国メディア:ガンバ大阪移籍のキム・ヨングォン、ヨーロッパ挑戦のためにバイアウト条項を入れた



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...