[Kリーグ1 MD] 「全北から打ち砕く」大邸FCハン・ヒフンの出師表
インターフットボール




※一部要約

ハン・ヒフンが出師表を残した。
全北との開幕戦で勝利を誓った。

26日午後1時15分、ソウル市西大門区弘恩洞のグランドヒルトンホテルでKリーグ1・2019開幕メディアデーが行われた。

昨シーズンのFAカップ優勝チーム・大邸は3月1日、全州ワールドカップ競技場で昨シーズンのKリーグ1優勝チーム・全北とKリーグ1・2019の1ラウンド開幕戦を行う。
ハン・ヒフンは「全北から打ち砕いて始める」として、新シーズンを迎える覚悟を明かした。





スポンサーリンク
楽天





"ACLデビュー"大邸ハン・ヒフン「日本のファンに実力を見せたい」
韓国日報




※一部要約

ハン・ヒフンは2017年のシーズン中盤から主将を引き受け、去年にチームのFAカップ優勝を導いた。
今シーズンも3年目の主将としてチームメイトとともにするハン・ヒフンから、大邸の将来に対する責任感も伺えた。
ハン・ヒフンはまた、「私たちの監督は本当に、選手が呆れるほど相手チームの分析をする」として、「今冬に死に物狂いで練習しただけに、私たちは去年よりも強くなった」と強調した。

大邸は去年、FAカップで蔚山を下して優勝し、今シーズンにクラブ史上初めてAFCチャンピオンズリーグに出場する。
ハン・ヒフンは「私は本当に現実的な人間」として、「広州は大変だがメルボルンと広島を下して2位で進むことが目標」と説明した。
KリーグとFAカップを併行しなければならない厳しい日程だが、彼は「私たちのチームはトーナメントに強い」として、「去年のFAカップで蔚山も下しただけに、16強に進出すればまたわからなくなる」と自信を見せた。

ハン・ヒフンは特に、広島との試合を期待している。
2013年に日本J2リーグの愛媛FCでプロデビューして栃木SCを経るなど、3年間日本の舞台で活躍したことがある。
ハン・ヒフンは「日本におられるファンも試合を絶対に観戦すると言っていた」として、「韓国選手として日本に戻り、ファンに自分たちのチームの実力を見せたい」という抱負を明かした。

ハン・ヒフンが明かした2019年の個人的な目標は、Kリーグベストイレブンの候補に入ること。
ハン・ヒフンは「安定した守備でチームメイトと良い成績をおさめることが最優先の目標だが、あえて自分の個人目標を挙げるなら、年末の授賞式に立つこと」として、「ベストイレブンは望んでもいない。候補にでも挙がれば気分が良いだろう」と笑みを浮かべた。




Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...