"エヴァンドロ整理"FCソウル、追加外国人選手の獲得は"時間がさらに必要"
スポTVニュース




※一部要約

FCソウルがエヴァンドロを整理して、外国人選手の保有限度にゆとりを確保した。

FCソウルが外国人選手クォーターで1席をさらに用意した。
ソウルには2019シーズンの準備でオスマルがレンタル復帰し、ペシッチとアジアクォーターのアリバエフで外国人の選手陣を設けた。

2018シーズンからチームで活躍していたエヴァンドロが問題だった。
ソウルは契約解除を望んでいたが、期間が残っていた状態で残留に固執していて悩み事として残っていた。

開幕前に状況が変わった。
カン・ミョンウォンソウル団長は19日、「エヴァンドロとの契約整理がほぼできたと見て構わない」と語った。

ソウルはエヴァンドロと決別したが、新外国人選手を獲得するには時間がさらに必要な見通しである。
カン団長は「後続の選手獲得についてはっきり言えることはない」と言葉を慎んだ。


スポンサーリンク
楽天





"ソウルを去った"エヴァンドロ、中2部の四川入団
OSEN




※一部要約

エヴァンドロはソウルを去って中国2部リーグへ向かった。
20日、ある関係者は「エヴァンドロはソウルと契約解除の前、中国2部リーグに昇格した四川隆発と契約を結んだ。新たな挑戦を繰り広げる四川は、エヴァンドロを連れてきてチームの攻撃を任せる計画」と明かした。

ソウルとの契約を解除したエヴァンドロは現在、四川のキャンプ地である中国・上海に向かってチームにすぐ合流した。

エヴァンドロは頭の痛い選手だった。
2017年に大邸を通じてKリーグに合流したエヴァンドロは、新年に29試合出場で11ゴール2アシストと優れた活躍を繰り広げた。
ソウルは大きな期待を持ってエヴァンドロを獲得したが、期待以下だった。

エヴァンドロは昨シーズン、Kリーグ1で30試合プレーして3ゴール2アシストに留まった。
着実に出場機会を与えられたが、ゴールを作れなかった。
昇降プレーオフでも2試合でゴールは炸裂しなかった。

ソウルとの契約期間が残っていたエヴァンドロに、中国の有力エージェンシーが契約解除を促した。
行くところのない状況でもソウルとの契約期間を満たし、賃金はそのまま受け取るという考えを持っていたエヴァンドロは、中国行きについてかなり悩んだ。
エージェンシーの関係者はエヴァンドロに、生きる道を見つけなければならないと強調した。
その結果、ソウルは簡単にエヴァンドロとの契約解除に成功した。
1年分の年俸を違約金として望んでいたエヴァンドロを相手に、ソウルは大幅に減らした金額で契約を解除した。

新選手の獲得で悩みが多かったソウルは、金銭的な問題も節約して選手を整理した。
反転のためにはエヴァンドロに代わる選手が必要になった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...