[バンコクインタビュー] ソン・ジュフン、「慶南、簡単には崩れないチームだと感じた」
スポータルコリア




※一部要約

「日本で慶南FCの試合を見た。簡単には崩れないチームだと感じられた」

ソン・ジュフンが韓国で新たな挑戦に出る。
これまで日本Jリーグだけで活躍していた彼は、初めてのKリーグチームに慶南を選んだ。
理由は明確だった。
慶南の色に魅了され、慶南から提示されたビジョンが響いた。
簡単には崩れないチーム。
これはソン・ジュフンが夢見ていたチームと一致していた。

ソン・ジュフンは現在(※1月の記事)、タイ・バンコクで慶南とともに新シーズンを準備中である。
ソン・ジュフンは「慶南に9日に合流した。2週くらい時間が過ぎた。まず同じ言語を使うのがすごく良い。練習はこれまでやってきたのと違うが、兄たちと楽しく過ごしている」と慶南での生活を伝えた。

ソン・ジュフンは2014年に日本J1リーグのアルビレックス新潟でプロ生活の第一歩を踏んだ。
容易ではない道だった。
デビューシーズンに6試合しか出場できず、翌年J2リーグの水戸ホーリーホックにレンタルで離れた。
水戸で競技力を積んでから2017年に再び新潟に復帰、昨シーズンまで主戦選手として大活躍した。

韓国での初めてのプロ生活なので、ぎこちないのは当然だった。
ソン・ジュフンは「Jリーグと比べて練習量が違う。どうしても慶南の強度が高い。だがそういう部分から精神力が出るようだ。苦しい状況で出る力だ。日本での練習も大変だったが、限界を克服したり、乗り越えようとするレベルまでではなかった」と慶南とJリーグチームの違いを論じた。


スポンサーリンク
楽天








Kリーグ行きを選んだ理由が気になった。
ソン・ジュフンは「実際、日本と韓国の様々なチームと言葉を交わした。その中で慶南の話を聞いてみて大きく響いた。ACLに参加することも意味が大きかった。日本にいてKリーグの試合をすべて把握することはできなかったが、ハイライトは着実に見ていた。そのとき慶南というチームに魅力を感じた」とKリーグと慶南を選んだ理由を明かした。

続けて「試合を見たとき、簡単には崩れないチームだと感じた。全北現代との試合がそうだった。他チームが全北と試合をすれば下がる傾向があるが、慶南は失点してもやってやるという姿を見せていた。中に入って感じたのは、年齢に関係なく身近な雰囲気がある。本当に良いみたいだ」と慶南というチームの魅力について説明した。

ソン・ジュフンはかつて"シン・テヨンの男"と呼ばれていた。
オリンピック代表時代にずっと主戦として活躍し、2017年にはシン・テヨン監督の招集を受けてAマッチデビュー戦(モロッコ戦)まで行った。
だが運が少し足りなかった。
2016リオオリンピック直前に負傷で大会出場に挫折し、Aマッチデビュー戦は結果が伴わなかった。

ソン・ジュフンもやはり「若いとき、青少年代表時代は重要な大会にもかなり出ていた。U-19大会も優勝したし、U-20ワールドカップでは8強にも行った。どうしてもオリンピックのときのイメージが大きいみたいだ。最終メンバーに入ったが、負傷して行けなかった。負傷が繰り返されて代表から遠ざかった。デビュー戦も同じである。惜しさがかなり残っている」と語った。

だが過去に大きく執着してはいなかった。
むしろ慶南を通じて自分の名前をさらに刻印させようという意志が強かった。
ソン・ジュフンは「私をよく知っている方もいて、代表での姿しか記憶にない方もおられる。自分の名前をたくさん知らせたい。まずはしっかり適応するのが目標だ。監督とコーチの言葉にもよく従わなければならない。ファンに"こういう選手だったのか"というのをお見せしたい」と覚悟を固めた。

慶南には新選手が大挙招聘された。
組織力を固めるのはもちろん、主戦競争も激しくなるとみられる。
ソン・ジュフンは「去年までの成績は良かったが、移籍した選手が多い。逆に新しく入ってきた選手も多い。善意の競争中である。今も守備練習をしているが、しっかり話をして合わせなければならない。合わせるしか方法がない」

競争も競争だが、学ぶ意義も見つけている。
ソン・ジュフンは「(カク・)テヒ兄さんと一緒で嬉しい。すごく経験が多い。プロ生活も本当に長くされている。学ぶことがかなり多い。テヒ兄さんが来られると言ったとき、本当に嬉しかった。たくさん学んで発展したい。一緒にプレーしてシナジー効果も出したい」と期待感をあらわした。

ACL出場も同じである。
ソン・ジュフンは「日本にいたときACLを見て、出てみたいと思った。慶南で出場でき、期待している。国で最も上手くやっているクラブだけが出てくる大会だ。慶南は挑戦する立場だ。チーム的に、個人的にぶつかってみたいという気持ち」と誓った。

ソン・ジュフンは最後に「チームのために本当に熱心にプレーした選手として記憶されたい。そのために熱心にやる。サッカーは団体スポーツだ。守備で献身する姿をお見せしたい」と慶南での活躍を約束した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...