チェ・ガンヒ-ジャルディムと契約解除-破棄の事態、信頼を失った中国スーパーリーグの危機
シングルリスト




※一部要約

中国スーパーリーグが危機を迎えた。
世界的選手をかき集めてアジアサッカーの版図に変化を招いた中国スーパーリーグは、莫大な資金力を基に韓国や日本を抜くために努力した。
2019年、彼らが望んだアジア最高の夢は、クラブの財政難と常識外の行動で消えつつある。

昨シーズンに全北現代をKリーグ1優勝に導き、中国スーパーリーグの天津天海(前・天津権健)にチームを移したチェ・ガンヒ監督は、クラブの財政難でシーズン開始前にチームを去る可能性が高まった。
17日に中国の新浪スポーツは「天津は今シーズン赴任したチェ・ガンヒ監督に、財政難を理由に契約解除の公文書を送った」と伝えた。





今シーズンにフランス・リーグ1のASモナコの監督職から退いたレオナルド・ジャルディム監督は、中国スーパーリーグの大連一方の指揮棒を取る予定だった。
ポルトガルのマイス・フットボールは18日、「ジャルディム監督あ一方の監督を引き受けないと伝えた」と報じた。

マイス・フットボールは、ジャルディム監督は大連一方の監督就任が確定的だったが、細部条件を調整していたところ、クラブ首脳部がオファーした契約と異なる内容の契約書を持ってきたことに怒り、契約を解除したと明かした。

エージェントのホルヘ・メンデスがジャルディム監督を説得したが、結局契約までには至らなかった。
スペインでキャンプ中だった大連一方は、ジャルディム監督と彼の師団がすべて撤収し、問題の深刻性を悟った。

資金はもちろん、信頼まで失った中国スーパーリーグは、チェ・ガンヒ監督に続いてジャルディム監督の契約破棄により、アジアはもちろん全世界のサッカー人の非難を受けている。
このようなやり方でアジアサッカーのリーグを制覇するという中国スーパーリーグは、批判を受けて当然である。
今回の事件の後で様々な問題が再び炸裂するかもしれない。
中国スーパーリーグがこれを解決する答えを出さなければならない番だ。


スポンサーリンク
楽天





[単独] 天津と契約解除のチェ・ガンヒ、中国大連一方と契約有力、1年350万ドル
スポーツ朝鮮




※一部要約

中国スーパーリーグのあるエージェントは18日、スポーツ朝鮮に「チェ・ガンヒ監督は天津天海と別れるが、そのまま中国スーパーリーグに残留する可能性が高い。中国・大連一方と指令塔の契約に合意したとみられる」と伝えてきた。
チェ監督は大連一方と1年・年俸350万ドル(推定)で契約するという。
まだ大連一方のクラブとチェ・ガンヒ監督側は公式の立場を明かしてない。

チェ・ガンヒ監督は去年11月に天津権健と3年で年俸80億ウォン(推定)に達する超大型契約をした。
だが今年はじめに権健グループは会長と18人が虚偽誇大広告などの容疑で中国公安に逮捕された。
そのため権健グループはもう天津を運営するのが難しくなった。
中国サッカー協会は天津権健を続けてスーパーリーグに参加させるため、運営の主体を天津市体育局に渡し、クラブ名も天津天海に変更した。




[単独] チェ・ガンヒ師団、一緒に大連行き"スペインキャンプの飛行機に乗った"
スポTVニュース




※一部要約

中国サッカーの事情に詳しい関係者は、チェ監督とコーチ陣が一緒にスペイン行きの飛行機に乗ったと伝えた。
大連就任が確定的だという状況だ。
具体的な条件は伝えられなかった。

大連一方は現在、スペイン南部のマルベージャでキャンプを行っている。
スペインに移動中のチェ・ガンヒ師団はキャンプに合流し、2019シーズンのための焼入れに乗り出す。

1月17日に天津で最近の契約解除の事態について記者会見を行う予定だったチェ監督は、健康の問題でこれを2回延期した。
18日と19日に公示された記者会見も行われなかった。

大連は昨シーズンにチームを率いたドイツ出身のベルント・シュスター監督と決別し、ASモナコの2016-17シーズン・フランス・リーグ1優勝を成し遂げたポルトガル出身のレオナルド・ジャルディム監督の選任が差し迫っている状況だった。
だが契約を終える過程で失敗に終わった。
新浪スポーツは18日、ジャルディム監督がレアル・マドリードの監督候補に挙がって交渉を整理したと報じた。


【関連記事】
韓国メディア:中国・天津天海がチェ・ガンヒ監督に契約解除を要求か…チェ監督は17日に記者会見で公式の立場を発表



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...