[ACレビュー] "武藤-塩谷ゴール"日本、ウズベクに2-1の逆転勝ち…3連勝+F組1位
インターフットボール

190118003232324.jpg


※一部要約

日本はウズベキスタンとの最終戦で先発メンバーを10人変更して体力を温存し、同時に勝利まで手にして良い結果を作った。

日本は17日午後10時30分、アラブ首長国連邦アル・アインのシェイク・ハリーファ・インターナショナルスタジアムで行われた2019AFCアジアカップF組3次戦でウズベキスタンに2-1で逆転勝ちした。
この日の勝利で日本は3連勝とともにF組1位で16強に進出した。


190118003232324a.jpg

190118003232324b.jpg


スポンサーリンク
楽天





消えたフェアプレー精神…日本の色褪せた幻想ゴール [日本-ウズベキスタン]
スポーツ韓国




※一部要約

勝負は1-1で拮抗していた後半13分に分かれた。
塩谷司がアーク正面から強力な左足シュートでウズベキスタンのゴールネットを揺さぶった。
ゴールネットを勢いよく揺さぶったミドルシュートは、それ自体だけを見れば拍手が惜しくないシュートだった。

だが輝きは望めなかった。
理由があった。
ウズベキスタンのムサエフ(ジュビロ磐田)が倒れて苦痛を訴えていた状況で出たゴールだったからだ。
ムサエフは先のCKの状況で三浦弦太(ガンバ大阪)と競り合いをして、顔の部位に一撃を食らってからそのまま倒れた状況だった。


190118002402351ljry.jpg


CKのチャンスが失敗に終わり、ボールは外の方へ行った。
相手選手が倒れている状況ならボールを外に出して治療を受けられるようにするのが一般的な状況。
だが日本は攻撃をそのまま展開し、最終的に塩谷のゴールまで繋がった。

ウズベキスタンの選手としては惜しさが残るしかない状況。
実際にゴールネットを揺さぶった直後、選手は倒れたムサエフを指して日本選手に抗議した。
一部の選手は塩谷に向かって走っていき声を高めた。
フェアプレーをしなかったことに対する抗議の次元だった。

塩谷のゴールでリードした日本はその後、安定的に試合を運営してリードを最後まで守った。
結局、逆転勝ちした日本はグループリーグを3戦全勝の1位で突破した。
だがフェアプレー精神が消えた中で炸裂した逆転ゴールがその中心にあったため、惜しさが濃く残るしかなかった。




日本のグループ1位を導いたミドルシュート…"非マナー"論難
ヘラルド経済

190118103614455.jpg


※一部要約

厳密に言えば日本が試合を止める義務はない。
ウズベキスタンの選手が倒れる過程で日本選手との接触はあったが、審判はファールを吹かなかった。
選手が倒れてからも審判は試合を進めた。
さらに日本はCKの攻撃で相手陣営に多くの選手が布陣していた状態である。
攻撃を続けなければならない状況だ。
ウズベキスタンのDFは手を上げて試合を止めることを要求したが、集中力を失ったウズベキスタンの選手のミスは大きい。

だが突然グラウンドに倒れた選手に知らないふりをした日本へ向けられた声は大きくなっている。
特に先日、韓国のイ・チョンヨンが示した成熟したプレーと克明に対比される。
イ・チョンヨンは中国とのグループリーグ3次戦で、中国選手が自国選手と衝突して倒れると、続く攻撃チャンスにもかかわらず敢えてボールをサイドラインの外側に出して試合を中断させた。
幸い中国選手は大きな負傷もなく、治療を受けて試合に正常復帰した。
韓国はこの試合で中国に2-0で完勝し、グループ1位で16強に上がった。
勝ち点3はもちろん、マナーまで積んだわけである。
一方の日本は勝ち点だけを積んだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...