中国メディア「チェ・ガンヒ、天津から契約解除の要求を受ける」
STNスポーツ




※一部要約

チェ・ガンヒ監督が中国プロサッカーの天津天海と決別する可能性が高くなっている。

16日に中国<新浪スポーツ>は、官営のCCTVの記者が作成したSNSを引用して「天津天海のクラブ側がチェ・ガンヒ監督に契約解除を要求した」として、「チェ・ガンヒ監督はそれについて反発し、記者会見を準備している」と伝えた。

新浪スポーツによると、チェ・ガンヒ監督は現在、UAEアブダビでのキャンプを離れて天津に留まっていると把握されている。
クラブ側はチェ・ガンヒ監督はもちろん、コーチ陣にも契約解除を勧めていることがわかった。

チェ・ガンヒ監督は去年12月、天津と2022年までで総額240億ウォンの契約を結んだ。
また、1600億ウォンに達するクラブ運営費とコーチングスタッフの構成権まで約束を受けた。

だが最近、親企業の権健グループが虚偽広告と販売製品での死亡事件が起き、グループの会長をはじめとする核心首脳部が中国当局に逮捕される状況が発生した。

結局、存亡の危機に陥った天津は、市民クラブに切り替えてリーグ参加を模索中である。


スポンサーリンク
楽天





中メディア「天津、チェ・ガンヒ監督と決別する」
STNスポーツ




※一部要約

中国メディアによると現在、チェ・ガンヒ監督はクラブのキャンプ地アブダビを離れて天津に戻っているとみられる。
天津との協議のためである。
当初、多くのメディアは"75%の年俸削減"契約の議論が行われると予想していたが、状況が変わって最初からクラブとの契約解除に重きが傾いている傾向だ。

<新浪スポーツ>も「チェ・ガンヒ監督はもう天津の指揮棒を取らない」として決別を確信した。
このメディアは「クラブはチェ・ガンヒ監督がチームをずっと率いることを望んでいるが、チェ・ガンヒ監督は今の状況(年俸削減)に同意できない状況である。最終的にクラブはチェ・ガンヒとの契約解除を議論することに決めた」と伝えた。

先に天津は親企業である権健グループの会長をはじめとして、18人が虚偽広告の容疑で逮捕されて危機に陥った。
これに対して天津は権健グループの名前を外して"天海"に変更するなど、早くから権健グループとの決別の過程に突入した。

だがこれはチェ・ガンヒ監督にまで火の粉が飛び散った。
大企業の権健が離脱して運用資金に問題が生じ、天津体育局で1年間の管理をする方針が立てられたが、大幅に削減されたクラブの運営費でチェ・ガンヒ監督の高年俸に耐えるのは多少手に余る状況だった。




[単独] チェ・ガンヒ、17日に天津で記者会見を開く…公式の立場を発表
OSEN




※一部要約

チェ・ガンヒ監督の運命はどうなるのだろうか。
多くの中国メディアはチェ・ガンヒ監督と天津天海の決別が有力だと予想した。

中国の事情に詳しい関係者は「チェ・ガンヒ監督が現在起きている天津の状況について、公式の立場を明かす予定」として、「UAEアブダビでキャンプをしていたチェ監督は、新たに天津を構成している関係者の条件について惜しさをあらわし、今後の歩みについて自分の意見を明らかにするだろう」と伝えた。

文字通り肯定的な立場ではない。
複雑な心境と、新たな天津天海の提示条件も受け入れ難いのがチェ監督の状況。

現在は中国メディアによると、チェ監督は天津から75%削減の20億ウォン前後で新契約を結ぼうという注文を受けていることがわかった。
この決定が天津の最後通告という状況。

チェ監督が天津から提示を受けた金額は、伝えられているよりも大きい。
また、チェ監督は自分と意を合わせたコーチ陣にもスーパーリーグで見つけるのが難しい特別待遇を受けられるようにした。

なので今回の記者会見は不満の表出になるものとみられる。
大きな期待を受けて中国からの選択を受けたが、グループの危機で揺れるのは自分のせいではないためだ。

中国現地メディアもチェ・ガンヒ監督が17日に天津で公式の立場を明かすという報道を出した。


【関連記事】
韓国メディア:中国経済の成長鈍化で中国協会が昇降制の廃止を議論…超級リーグのスーパー没落もあり得る



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...