中メディア、「オマーン戦の日本不公正判定、AFCが日本スポンサーのため」(新浪スポーツ)
インターフットボール




※一部要約

日本が判定の助けを受けてオマーンを制圧し、2連勝で16強進出を確定させた。
これについて中国メディアは、日本企業のAFCスポンサーが見えない影響を及ぼしたと分析した。

日本は13日午後10時30分、UAEアブダビのシェイク・ザイード・スタジアムで行われた2019UAEアジアカップF組2次戦のオマーン戦に1-0で勝利した。

日本に幸運があった。
前半28分にPKを取った過程が多少怪しかった。
相手と競り合う過程で原口が倒れたが、スロー画面を見るとこれと言って接触はなかったため。
オマーンの選手の講義は当然だったが、過度であるという理由で警告を受けたりもした。
最終的に原口が決めて日本が1-0でリードした。





オマーンの悔しさは前半終盤にピークに達した。
前半44分に打ったーシュートが長友の腕に当たった。
日本がPKを得た状況とは逆に、主神はPKを宣言しなかった。
オマーンは釈然としない判定で日本に跪かなければならなかった。

これについて中国"新浪スポーツ"は14日、見えない手が作用したと予想した。
"新浪スポーツ"は「世界最大の広告企業である電通は日本企業で、AFCに大きな商業的利益をもたらす。日本スポンサーも多い」として、「以前のアジアカップ、ワールドカップ予選でも日本は常に審判の見えない助けを受けてきた。これもまたソフトパワーの一種だ」と主張した。


スポンサーリンク
楽天





似た状況に置かれたアジアカップ優勝候補の韓国と日本
スポーツ東亜




※一部要約

韓国は大会C組で中国と並んで2勝をおさめたが、ゴール得失差で2点遅れて2位を走っている。
韓国は16日に予定されている中国戦で必ず勝利をおさめてこそ、グループ1位で16強に進出できる。
引き分けをおさめればグループ2位に押し出される。

F組の日本も同じだ。
日本は14日に終わったオマーンとの試合で、PKで決勝ゴールを決めて1-0で勝利した。
前半終盤にPKを許すところだったシーンもあった。
幸運だった。
日本は前半に優勢な試合を展開したが追加ゴールを決められず、後半にはオマーンのカウンターに苦戦したりもした。
続けて行われた試合でウズベキスタンがトルクメニスタンを4-0で制圧し、日本は韓国と同じくグループ2位に押し出された。
日本もウズベキスタンと並んで2勝で16強進出を確定させたが、ゴール得失差で3点遅れている。
日本は17日にウズベキスタンとグループ1位をかけて対決を繰り広げる。

置かれている状況だけでなく、競技力が来たほど生き返っていないのも似ている。
韓国と日本は2試合でどちらも1ゴール差で勝利した。
相手はそれほど強いチームではなかったが、高いボール支配率を基に試合を支配し、辛うじて勝利を手にした。
そのため代表の競技力に対する憂慮の視線を受けているという点も似ている。




[現場フォーカス] オマーンには"吹き"、日本には"吹かなかった"判定論難
スポータルコリア


日本代表、"神の手"のおかげでAFC16強安着
スポーツ朝鮮


「VARがあれば」日メディアも認めたオマーン戦の誤審
ノーカットニュース


"初心者"ではないのに…またまたまたハンド論難、審判のレベル"疑問符"
スポーツソウル


"誤審論難"PK判定、日本笑いオマーン泣いた
フットボールリスト


日本、わずかPKの1ゴール…オマーンを辛うじて破って16強合流 [アジアカップ]
スポーツ京郷


明白は誤審に怒ったオマーン国民、アジアカップSNSに集まって抗議
スポーツアジア


[AC POINT] "ハリウッド疑惑のPK-ハンド判定"、天運があった日本
インターフットボール


明白なPK誤審2回…恥ずかしい日本の16強進出 [アジアカップ]
MKスポーツ




"神の手"になったと長友、アジアカップで再びあらわれたVARの必要性
日刊スポーツ




※一部要約

今回の日本-オマーン戦のように、中継技術の発達によって試合を見守る人々が誤審の有無を確認できるだけに、VARの必要性はさらに大きくなると予測される。
グラウンドでプレーする選手はVARの必要性を最も切実に感じている。
もちろんVARがすべての判定問題の答えになるわけにはいかないが、少なくとも明白な誤審を防止して、判定で被害を受けるケースを予防するという強力なメリットがある。
発展する技術とともに、現代サッカーもやはりVARをますます必要とする時代へ向かっている。







キルギスタンメディア、韓国のハンドの状況に強い不満を提起 [韓国-キルギスタン]
スポーツ韓国




※一部要約

パウロ・ベント監督が率いる韓国サッカー代表は12日、2019AFCアジアカップC組2次戦のキルギスタン戦で1-0の手に余る勝利をおさめた。

前半42分のキム・ミンジェのゴールで16強進出を確定させたが、全体的に苦しい試合だった。
特にキルギスタンは何と12本のシュートを打つなど、最後まで韓国を緊張させる姿を見せた。

特に後半序盤には、主審の判定がともすればPKを許しかねない状況が出た。
後半10分に相手のシュートがキム・ミンジェの手に当たって屈折し、後半12分には再びキルギスタンのシュートがチョン・ウヨンの肩と腕の微妙な境界線に当たったためである。





キルギスタンの選手は興奮を隠せず激しく抗議したが、主審は故意性がないと判断してハンドのファールを宣言しなかった。

試合後、キルギスタンメディアは2回のシーンについて強い惜しさをあらわした。

アキプレスは「ボールが2回も韓国選手の手に当たったのに、カタールの主審はそれに気づかなかった。VARを担当する審判もやはり同じだった」として、当該映像とシーンのキャプチャを通じて不満をあらわした。

だがキルギスタンの監督は試合後、ハンドのシーンに関する質問に、特別な問題を提起しなかった。

アレクサンデル・クレスティニン監督は「私は審判の判定について話さない。言うに及ばない。今後も自分たちの道を進む」という立場をあらわした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...