[これからは中国戦] 中国は"ファン・ウィジョ"を経験できていない
日刊スポーツ




※一部要約

中国サッカーが韓国サッカーを再び越えようという夢を膨らませた。

マルチェロ・リッピ監督が就任してから2試合で無敗行進を走っているためだ。
2017年のロシアワールドカップ最終予選で1-0の勝利をして、2017EAFF E-1では2-2の引き分けをおさめた。

韓国と中国が再び激突する。
韓国と中国は16日、2019UAEアジアカップC組3次戦を行う。

両チームともグループリーグで2連勝をおさめて16強進出を早期に確定させた。
今回の対戦はグループ1位決定戦であり、避けられない自尊心対決である。

韓国がリッピ監督と行った2試合で不振だったのは正しい。
中国を圧倒できなかった。
だが今回は事情が違う。
中国がこれまで一度も経験できなかった韓国最高の武器があるからだ。
ファン・ウィジョ(ガンバ大阪)である。

2次戦のキルギスタン戦ではゴールを炸裂させられなかったが、鋭い動きは相変わらずだった。
ゴールポストに2回も当てるゴールポスト不運に苦しめられただけだ。

ファン・ウィジョの流れが続く限り、韓国に勝つという中国の夢は夢でしかない。
水の泡になる可能性が高い。
ファン・ウィジョによって"恐韓症"が再び始まるだろう。


スポンサーリンク
楽天





[現場の声] "私のせい"ファン・ウィジョ、「FWがゴールを決められず申し訳ない」
スポータルコリア




※一部要約

早期に16強進出に成功したが、キルギスタン戦で1ゴールはスッキリしない結果である。
決定力で問題をあらわした。
ファン・ウィジョのシュートは2回ゴールポストを強打した。
イ・チョンヨンは前半、ファン・ヒチャンは後半に完璧なチャンスをフイにした。

試合後に会ったファン・ウィジョは表情が暗かった。
彼は「フィリピン戦に続いて今日もゴールを決めたかったが上手く行かなかった。負担はない。FWとしてゴールを決められず申し訳ない」と苦々しさを隠せなかった。

1次戦もそうだったし、2次戦でファン・ウィジョの体は軽かった。
ただしゴールが決まらなかっただけ。
問題は一部の選手の競技力、チームコンディションが前とさほど変わらなかったこと。

韓国は16日に相手にする中国と、グループ1位をかけて真剣勝負を繰り広げる。
ファン・ウィジョの肩は重い。
ソン・フンミンは合流するが、出場を断言できない。

ファン・ウィジョは「簡単なチームではない。私たちのプレーを披露しなければならない。3・4日休んで試合をする。中国戦でさらに集中力を高める。些細なミスが出ないように万全の準備をする」と覚悟を固めた。




[アジアカップ] "ゴールポスト不運"ファン・ウィジョ「残念だ…集中力を高めて中国戦に勝利する」
ニュース1




※一部要約

今大会で韓国は、フィリピンとキルギスタンら弱体とされるチームを相手に1点差で勝つなど、不振がずっと続いている。
特にパスミスなどの基本的な部分でミスが多く出ている。

ファン・ウィジョは「私だけでなく選手全員が熱心にしているが惜しさがある。だが試合をすればするほど競技力は上がってくるだろう。十分可能性はある」として、「より良い競技力のために、パスやボールコントロールなどでミスが出ないよう、集中力を高める必要がある」と語った。

昨シーズンを終えて一週間の休暇後にすぐ代表合流、アジアカップを準備したファン・ウィジョは「休憩時間が十分なので体力的に大きな問題はない。しっかり回復して(中国戦で)さらに軽快な姿を見せる」として、「選手団の雰囲気も勝ち点6をとって悪くない。中国戦に勝利、グループ1位でトーナメントに上がる」と覚悟を固めた。


【関連記事】
KFA副会長で三浦知良を専門マークしていた元韓国代表DFがファン・ウィジョの「得点の秘密」を公開
【アジア杯】韓国ネチズン反応:韓国がキルギスタンに勝利し16強確定も…中国戦でソン・フンミンを使わなければ



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...