[オフィシャル] FCソウル、"レンタル復帰"オスマルと3年の再契約締結
スターニュース




※一部要約

FCソウルがJリーグ・セレッソ大阪からレンタル復帰したスペイン出身の外国人選手オスマルと再契約を締結した。

FCソウルは18日、公式資料でオスマルとの再契約の便りを伝えた。
契約期間は3年で2021年末までである。

FCソウルは1年間新たな舞台を経験してカムバックしたオスマルとの再契約を通じて、新しい未来に向けたスタートラインに再びともに立った。
オスマルは今シーズン、レンタルの身分としてJリーグ・セレッソ大阪で活躍し、リーグだけで18試合に出場して2得点を記録した。

今回の再契約でFCソウルとオスマルは、互いの存在感をもう一度確認し、新たな目標に向けてともに走れることになった。
何よりクラブ史上初の外国人キャプテンにも選任されるなど、誰よりもチームを先に考える強い犠牲精神を持つ彼の合流が、FCソウルの変化に大きな力となることを期待している。


スポンサーリンク
楽天





再び走るFCソウル…オスマル、レンタル復帰および3年の再契約
ニュース1




※一部要約

オスマルは「私の第二の故郷であるFCソウルに帰ってくることになり、嬉しい気持ちだ。FCソウルとともに呼吸し、FCソウルのファンの方々がとともにする未来を思うとワクワクする」として、「再びFCソウルの一員になっただけに、FCソウルの夢と目標に向かって最善を尽くす」と復帰の所感を伝えた。

2014年にFCソウルに入団したオスマルは、2017年までの4年間でKリーグ142試合に出場して13得点5アシストを記録した。
CBはもちろん守備型MFまでプレーできる八方美人で、FCソウルの守備にとって心強い支えになった。




"アリバエフ獲得-オスマル再契約"頭を垂れたソウルの伸び
STNスポーツ




※一部要約

ソウルの今シーズンは実に惨憺たるものだった。
成績が出ずにファン・ソンホン監督は途中辞任を決めた。
首長のいない状況でイ・ウルヨン代行によって足元の火を消したかと見られた。
だが誤算だった。
ソウルの競技力は良くなる兆しが見られなかった。

チェ・ヨンス監督が再び就任したが、状況はなかなか良くならなかった。
結局、チーム史上初の下位スプリットという苦さを味わった。

危機は続いた。
昇降プレーオフまで落ち、降格の危機という崖っぷちに立った。
血戦の末に釜山を退けて残留に成功した。
そこに安住することはできなかった。
来シーズンの確かな雰囲気の反転という大きな課題を抱えることになった。

ソウルはそのため、足早に動いている。
その中で選手団の補強が最も目につく。
第一歩はアリバエフだった。
彼はウズベキスタン黄金世代のメンバーの1人で、代表の資源である。
最近のジャカルタアジア大会でも存在感のある活躍で目に留まった。





優勝経験も豊富で、チームの戦力上昇の要因になるだけでなく、アジアクォーターで活躍できて一石二鳥という評価を受けている。

ソウルの選手補強の意志は続いた。
復帰が予定されていたオスマルと3年の再契約で戦力上昇に拍車をかけた。
今シーズンのソウルは中盤での重量感、犠牲などが不足していたので非常に貴重なニュースである。

今シーズンの成績不振で頭を垂れたソウル。
だがそのまま座り込むことはできなかったし、来シーズンの雰囲気の反転という目標を設定した。
その一環として選手団の補強に拍車をかけていて、アリバエフ獲得とオスマル再契約でゆっくりと伸びをしている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...