"違約金変更+長期再契約検討"ガンバ大阪はファン・ウィジョを引き止めたがっている
スポーツ朝鮮




※一部要約

"ガッ(※God)ウィジョ"ファン・ウィジョに向けられたガンバ大阪の関心が熱い。

ファン・ウィジョとガンバ大阪の契約満了は2019年6月である。
ガンバ大阪はファン・ウィジョを絶対に引き止めたい。
日本のサッカー専門メディア・サッカーダイジェストは2日、「ガンバ大阪はアジア大会直後にファン・ウィジョのJリーグ内移籍に関して、違約金の設定額を変更した。ガンバ大阪の高位関係者は簡単に手を出せない金額と伝えた」と報じた。
それに留まらない。
ガンバ大阪は今冬にファン・ウィジョとの長期再契約を検討中であることがわかった。

このメディアは「唯一の心配はファン・ウィジョの年齢だ。ヨーロッパに挑戦する時期としてはギリギリでもある。将来の挑戦を望んでいる場合、違約金の設定がどれくらいなのかが大きな焦点」と付け加えた。

一方、シーズンを終えたガンバ大阪は、ファン・ウィジョとの再契約交渉に突入する予定と伝えられた。
ファン・ウィジョはガンバ大阪の解団式で「(今後)どうなるかあまりわからない。アジアカップで活躍すれば(ヨーロッパからも)オファーが来るのではないかと思う」と慎重な姿を見せた。


スポンサーリンク
楽天





ダルムシュタット、ファン・ウィジョ獲得を望む…ドイツ+フランス1部チームも交渉中
スポTVニュース




※一部要約

ドイツとフランスのクラブがファン・ウィジョを望んでいる。
欧州リーグの関心を集めてきた代表FWファン・ウィジョが、欧州クラブの公式オファーを受けて交渉中だ。

ファン・ウィジョのエージェント社イヴァンスポーツのイ・ヨンジュン代表は「ガンバ大阪と再契約したというのは事実ではない。まだ交渉中の段階」として、最近の日本メディアの報道を否定した。

続けて「欧州チームのオファーが来た。ファン・ウィジョは既存の契約にバイアウト条項もある。条件さえ合えばアジアカップ前にも移籍することができる。アジアカップ期間も移籍が可能」と語った。

2018シーズンのJ1リーグで16ゴールを記録して特典3位を占めたファン・ウィジョは、J1リーグでの着実な得点行進はもちろん、パウロ・ベント監督が就任した韓国代表の主戦FWでプレーしてAマッチで得点を続け、欧州リーグのラブコールを受けた。

ファン・ウィジョは現在、ドイツ2.ブンデスリーガに属するSVダルムシュタット98を含め、ドイツ1部リーグとフランス1部リーグのチームのオファーを受けていることがわかった。
現在、ファン・ウィジョ側はガンバとの再契約オファーとともに、欧州クラブの条件を多角的に点検している。

ダルムシュタットは韓国選手と縁が深いチームである。
チャ・ボングン(1978~1979)、キム・ジングク(1979~1980)、チ・ドンウォン(2018)がプレーした。





年俸の提示額はガンバ側のほうが高いことがわかった。
ファン・ウィジョはヨーロッパの舞台への挑戦の意志を持っている。
状況と条件を多角的に点検して決める予定である。

ファン・ウィジョは2019年6月30日にガンバとの契約が終わる。
契約終了が差し迫っているので、ボスマンルールによって2019年1月から自由にチームを探すことができる。
2019年夏の移籍市場では移籍金なしでチームを去ることができる。


【関連記事】
韓国メディア:ヨーロッパラブコールのファン・ウィジョ+ファン・インボム、冬より夏に行く
韓国メディア:「ファン・ウィジョにアジアの舞台は狭い」「トーレスの5倍の決定力は欧州でも通用する証拠」
ファン・ウィジョは今冬に移籍できるか…代理人「ガンバとは交渉中だが合意してない、選手の欧州進出の意志は強い」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...