パク・チソンを夢見た日本選手「高萩のようにコリアンドリーム」
蹴球ジャーナル




※一部要約

「日本にいたときからパク・チソンを見て夢を育んだ」

実業サッカー・ナショナルリーグで初めての日本選手・永松達郎(23、登録名タツ)が、韓国に来て1年で著しい成果を上げた。
今シーズンに木浦市庁のMFとして26試合5ゴール3アシストを記録した彼は、27日のナショナルリーグ授賞式でベストイレブンに名前を上げた。
タツはJリーグの京都パープルサンガでデビューして、世界的名門のマンチェスター・ユナイテッドで活躍したパク・チソンがロールモデルだったとして目を輝かせた。

大阪で生まれたタツは4歳のときにサッカーを始め、ガンバ大阪U-15でプレーして有望株と認められた。
阪南大学を卒業して韓国にやってきた。
学生時代にしばしば韓国でキャンプをしていたという彼は、「技術は自信があったが、パワーが不足していた。韓国でサッカーを学べば短所を補完し、さらに良い選手になれるだろうと思ってこっちに来た」と語った。

タツはKリーグ2の水原FCで入団テストを受けたが、契約に繋げることができなかった。
キム・サンフン木浦市庁のラブコールを受けてナショナルリーグに来た。
当時、キム監督は「タツは体格(172センチ65キロ)が少し小さいが、技術とスピードを備えていた。イ・グァヌ水原FCコーチの選手時代を見ているようだ。プレーメーカーとして良い活躍をするだろう」と期待した。


スポンサーリンク
楽天








監督の信頼の中でタツは優れたボールコントロールとパスの実力を披露した。
実業サッカー連盟の関係者は「今シーズンのナショナルリーグで最高の外国人選手」として親指を立てた。
キム監督は「休暇を与えても日本に行かず、木浦に残って個人練習をしていた。韓国で成功するという意志が強い選手」と語った。
タツはときどきキャプテンマークまでつけた。

今シーズンの最下位候補に挙げられていた木浦市庁は、8チーム中5位と善戦した。
また、FAカップではKリーグ2のFC安養に続いて、1部チームの仁川ユナイテッドまで下して8強に上がった。
ナショナルリーグの得点王キム・サンウク(11ゴール)とタツの活躍が輝いた。
キム・サンウクとタツは並んでシーズンベストイレブンに選ばれた。
2010年のヴィニシウス、2011年のアレックスに続いて外国人選手としては3人目の受賞。

シーズン後も日本に行かず授賞式に参加したタツは、韓国語で「ありがとうございます。本当に嬉しいです」という所感を伝えた。
続けて通訳の助けを借りて「受賞は期待もしてなかった。監督とコーチングスタッフ、同僚が助けてくれたおかげですぐ適応できた」と功を譲った。

韓国文化にも比較的簡単に適応した。
タツは「ここは人間関係が垂直的だ。年上の選手にはきちんと"兄"と呼んだ。同い年同士では互いに名前で呼んだ」として、「辛い食事は食べるのがちょっと大変だが、サムギョプサルはすごく美味しい」と笑った。

キム監督は「タツはプロチームの関心を集めている」と語った。
タツもやはりより高い舞台を夢見ている。
2015年シーズンの中盤から約1年半の間Kリーグ1のFCソウルでプレーしたMF高萩洋次郎(32、FC東京)に言及して、「ポジションが同じだ。高萩のように私もKリーグで成功したい」として、「日本代表としてワールドカップに出るのが夢」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...