4-0で同伴口笛、アジアカップで韓日戦ビッグバン?
デイリアン




※一部要約

永遠のライバルの韓国と日本が同日に並んで大勝をおさめ、勝利の賛歌を歌った。

パウロ・ベント監督が率いるサッカー代表は20日、オーストラリア・ブリスベンで行われたウズベキスタンとの親善試合に4-0で勝利した。

日本もやはり韓国よりわずか20分遅れで行われた試合で、キルギスタンをホームに呼んで一方的に固め打ちした末に4-0の勝利を記録した。

今年最後のAマッチで大勝を飾り、最高の雰囲気でアジアカップに臨むことになった両国が、本大会で真剣勝負を繰り広げるかも関心事だ。

韓国と日本が最近のアジアカップの舞台で激突したのは、2011年のオーストラリア(※カタールの間違い)大会準決勝の舞台が最後である。
当時、韓国は延長後半にファン・ジェウォンの劇的な同点ゴールで起死回生したが、PK戦で0-3で敗れた惜しい記憶がある。

2015年大会のときは韓国が結晶まで上がった反面、日本は8強でUAEに首根っこを押さえられて対決が実現しなかった。

ロシアワールドカップ以降の上り調子をアジアカップまで継続できるなら、来年1月にはUAEで8年ぶりにビッグバンが繰り広げられると期待を集めている。





スポンサーリンク
楽天





破竹の勢いの韓日サッカー…UAEで一騎打ちなるか
国民日報




※一部要約

アジアサッカーの盟主の席をかけて争ってきた韓国と日本が、監督交代後に並んで無敗行進中である。
一歩目を気持ち良く踏み出した両国は、来年1月のUAEアジアカップを正照準している。
真剣勝負を控えた両国の足取りも早まっている。

パウロ・ベント監督が8月から率いている韓国代表は3勝3分けで一度も負けてない。
ロシアワールドカップ後に森保一監督が指揮棒を取った日本も5試合で4勝1分けをおさめている。

結果だけでなく内容も良い。
「攻撃と支配のサッカーをする」と言ったベント監督は、一貫したプレースタイルを披露して自分の哲学をチームに溶かしている。
技術力の優れたファン・インボムやナム・テヒらを重用し、守備陣から始まるビルドアップ(攻撃展開)を強調した。
日本の攻撃力も良くなった。
Aマッチ5試合で15得点を記録、1試合当たり3ゴールずつ炸裂させている。
ウルグアイ(4対3)、ベネズエラ(1対1)のような南米の強豪を相手にも試合を主導した。

就任して4ヶ月にもなっていない両監督は、チーム運営で実験を繰り返している。
1次目標は選手層を厚くすることだ。
ベント監督はヨーロッパ派からKリーグ2所属まで、様々な選手を遍くテストした。
ただし、負傷による戦力弱化が心配である。
9月から着実に選ばれていたナム・テヒが20日、ウズベキスタンとの試合中に右膝前十字靭帯が破裂してアジアカップの出場が難しくなった。

アジアカップに備えて、選手団は12月の第二週くらいに招集される。
ベント監督はその前までに残りのKリーグの試合とFAカップの決勝戦をまとめて見て、出場メンバーを悩む予定である。
ベント監督は21日、帰国インタビューで「計画通り最善の試合ができるよう、アジアカップを準備する」と明かした。

日本は国内派を重用して無敗行進を続けている。
20日のキルギスタン戦では先発陣の11人中10人をJリーグの選手で構成した。
森保監督は「色んな選手にチャンスを与えて観察する」として、山中亮輔や守田英正などの新鋭を積極的に起用した。
山中はAマッチデビュー戦でゴールを炸裂させ、監督の期待に応えた。

評価試合と性格が異なる大会の変数を最小化することも両国の課題だ。
個別にAマッチを行うのとは違い、大会に参加するときには体力管理、コンディション調整など注意すべき点が多い。
キム・テギルKBSN解説委員は「アジアカップ本戦では短い試合間隔と大舞台が与える重圧感で、自分の実力を発揮できないこともある。選手団の管理にさらに神経を使わなければならない」とアドバイスした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...