[パク・ムンソン] 変わり者・本田圭佑
パク・ムンソン コラム




※一部要約

本田圭佑。

国内サッカーファンにとって少し特異な感じの日本サッカー選手だ。

国内で日本サッカー選手はあまり好感ではない。
歴史的な認識に、地理的なライバル意識などの影響である。
以前の"柴崎事件"が大きな話題になったのもそのためだ。

ところが本田は少し違う。
好感まではなくても、はっきり非好感でもない。
一般的な日本選手とは違う本田の線の太いプレースタイルに、がっしりしたフィジカル、さっぱりとしたFKなどが及ぼすイメージのためだ。

日本でも本田は目立つ選手として有名である。
0トップからサイドアタッカー、2列目の攻撃的MFまですべてでき、日本選手最高の左足無回転FKの能力を持っている本田は、日本でも特別な選手として通じる。
日本選手として初めて3回のワールドカップ本戦で連続ゴールを決めたことと、連続アシストを記録したキャリアだけでも、本田は特別だ。

本田は選手の才能だけで目立っているのではない。
行く道の選択が独特だった。
日本名古屋で上手くプレーし、オランダの小さなクラブであるフェンロに発った。
フェンロが2部に降格しても残り、1シーズンですぐにチームを1部に復帰させた。
フェンロで再び半シーズンプレーし、ヨーロッパの様々なクラブとリーグのラブコールを受けたが、本田が選んだところはロシアのCSKAモスクワだった。
本田はロシア・プレミアリーグでプレーする初めての日本選手であったほど、本田の選択は異例的だった。


スポンサーリンク
楽天





本田がロシア生活を整理して選んだチームは、イタリアの名門ACミランだった.
本田はACミランで主戦としてプレーしたりもしたが、最終的には席を占められずに移籍したが、そのときの選択がまた話題だった。
本田の移籍したところが、アジア選手には馴染みの薄いメキシコのパチューカだったからだ。
そして2018年にワールドカップに出場してから本田が再び移籍したところは、彼にとって新たな場所であるオーストラリア(メルボルン)だった。
行ったことのない道だけにずっと挑戦する本田だった。


1811133696467a.jpg


本田が目立つのはそれだけではなかった。
本田は選手以外でも、かつてのサッカー選手とは違った。
ファッションのアイコンとしての存在感を言おうとしているのではない。
本田は日本選手として初めてマサチューセッツ工科大学メディアラボの特別研究委員になったり、国連で活動したりもした。
自分の名前を冠した会社を設立し、選手育成やスポーツビジネスの活動を活発にしている。

サッカーチームを買収して運営したりもしている。
2015年にオーストリアのサッカーチーム・ホルンを買収したのに続き、2016年にカンボジアのクラブ、2017年にウガンダのサッカーチームを買収、サッカーチームの事業に飛び込んだ。
その前にはアメリカの映画俳優ウィル・スミスと1億ドル規模のベンチャーファンド事業を開始しして注目されたりもした。
これらのすべては現役選手としてプレーしながら進めたことである。
本田は目立つにしても、普通に目立つ選手ではなかった。

もちろん本田のこうした目立った活動やキャリアには、稼ぐためのビジネス要因がかなり作用した結果という分析がある。
本田は世界的なビジネスネットワークを作るため、地球村のあちことで連結網を構築したということだ。
そのような指摘があるたびに、本田はサッカーという本質を損なわず、サッカーを事業的に拡大することにむしろサッカー界はもっと気を使うべきだとして意に介さなかった。

本田は8月に再び特異な決定を下した。
メルボルンの選手としてプレーし、同時にカンボジア代表の監督として活動するという発表だった。
カンボジアサッカー協会は8月12日、本田と2年の期間を無報酬で代表の"実質的"監督およびゼネラルマネージャー(総責任者)の契約を結んだと明かした。
監督の前に"実質的"という表現がついたのは、本田がまだ代表を率いる指導者資格を取得できず、実質的にはカンボジア代表を率いるが公式の肩書は使えないので作ったものだった。


1811133696467b.jpg


理解するのは簡単ではない。
選手でプレーしてプレイングコーチをするのはときどきあるが、監督を兼任するのは簡単には見られない。
それも同じチームで選手と監督をするものでもない。
選手生活はオーストラリア、監督職はカンボジアだ。
メルボルンからプノンペンを行き来する直行便を探すのも容易ではないほど、物理的に難しい兼職である。
実際に本田は特別なときを除けば、映像電話でコーチングスタッフとの会議や選手指導に参加する。

様々な困難にもかかわらず、カンボジアと本田がこのような契約を結んだことは、結果的にウィンウィンだという判断のためだった。
経済的に苦しいカンボジアは、FIFAランキングも170位でサッカーでも弱小国だ。
日本のサッカースターが結びつき、またそれによってコーチングスタッフやスポンサーが伴うことができるなら、悪いことではない。
日本企業が後援するスズキカップにカンボジアが出ることも影響を及ぼしただろう。
さらに、本田が無報酬でカンボジア代表を率いることにしたので負担も大きくなかった。

本田にとっても、2016年のクラブ買収などでカンボジアと結んだネットワークをさらに強化でき、自分のアイデンティティのように固まった新たな挑戦という認識をさらに深められるという点で、自分にとってプラスになる選択だ。
本田は「金、金は重要だ。だが経済的に苦しい生活をしている人が多いカンボジアに、サッカーを通じて人生の勇気とエネルギーを伝えられるなら、自分がすべきことを尽くす」として、カンボジア代表の監督職を引き受けた理由を明かしたりもした。


sp56953.png


本田がカンボジア代表の監督職を引き受けたのは、経済的理解と普遍的価値がすべて作用した結果だろう。
ここで注目したいのは、本田がキャリアで一貫して見せてきた新たな挑戦と実験精神だ。
本田はサッカーの内でも外でも、新たな道に出ることを躊躇しなかった。
選手としてはもちろん、事業家として、投資家として、社会活動家としてなど、絶えず新たな道に挑戦した。

現役選手を引退すれば指導者という枠組みの中だけで主に悩んでいる私たちの現実と照らしたとき、一度くらい考えてみるべきことではないかと思う。
指導者ではなくても、より幅の広い領域で私たちの選手出身が挑戦・活動して成功したとき、後輩の道も広がって結果的に土台を強化することができる。
そのような変化のためには、選手個人の努力と挑戦が必要だが、サッカー界全体のシステムや風土が変わってこそ可能なことである。
ときには誰も行ったことのない道を行く変わり者、そういう道へ行けるように教育するシステム、新たな道に行って失敗しても落語社の烙印をしない風土だ。

指導者ではなくスポーツ行政やマーケティングなどの新たな道に挑戦する、第2のパク・チソンやイ・ヨンピョがもっと多く出て欲しいと思うのはそのためである。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:豪州メルボルンと契約した本田圭佑がカンボジア代表監督に挑戦



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...