日メディア"ガンバ大阪、キム・ヨングォン獲得交渉"
マイデイリー




※一部要約

ガンバ大阪がDFキム・ヨングォン(広州恒大)獲得を推進していることがわかった。

日本の日刊スポーツは23日、「ガンバ大阪がキム・ヨングォン獲得について交渉中」として、「ガンバ大阪の強化部長が、韓国代表がAマッチを行ったオーストラリアに渡って交渉を進めた」と伝えた。

広州恒大で2012年から活躍しているキム・ヨングォンは最近、中国スーパーリーグの外国人選手制限の規定によって、所属チームの試合に出られずにいる。
2010年にFC東京でプロデビューしたキム・ヨングォンは、大宮アルディージャなどで活躍してJリーグの経験がある。
各代表で活躍したキム・ヨングォンは2012年のロンドンオリンピック銅メダルの主役として活躍し、ロシアワールドカップのドイツ戦では先制決勝ゴールを放って韓国の勝利の主役として活躍した。

ファン・ウィジョとオ・ジェソクが活躍しているガンバ大阪は、今シーズンに13勝6分け13敗の成績でリーグ9位を記録している。
ファン・ウィジョが最近、ガンバ大阪で6試合連続ゴールの大活躍を繰り広げた中、8連勝の止まらない上り調子を見せている。


スポンサーリンク
楽天





キム・ヨングォン側「日関心は事実、オーストラリアのミーティングは誤報」
フットボールリスト




※一部要約

「オーストラリアで会ったという報道は誤報だ」

キム・ヨングォンの代理人であるイ・チョルホFSコーポレーション代表が、「ガンバ大阪とキム・ヨングォン側がオーストラリアで会った」という日本メディアの報道は誤報であると語った。

イ代表は23日、"フットボールリスト"との電話で「ガンバ大阪をはじめとしていくつかに日本チームがキム・ヨングォンに関心を示しているのは事実」としつつも、「オーストラリアで我々側と会ったという記事は誤報だ。日本は物事をそのような形で進めない」と語った。

イ代表はキム・ヨングォンが移籍するかもしれないという可能性は認めたが、状況を見守らなければならないと語った。
彼は「広州恒大との契約が来年6月に終わる。さらに中国スーパーリーグでアジアクォーターが再びできる可能性もある。様々な状況を見て決めなければならないだろう」と説明した。

キム・ヨングォンは2010年にFC東京でデビューし、2011年から2012年中盤まで大宮アルディージャでプレーした。
2012年からは広州恒大で活躍中である。
キム・ヨングォンはAマッチ62試合に出場して3ゴールを記録した。
彼はパウロ・ベント監督が就任してからも主戦として活躍している。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...